66件中 51 - 60件表示
  • AV女優

    AV女優から見た

    当時はビデ倫のモザイクが非常に濃かったこともあり、モザイクの向こうで本番行為、すなわち陰茎のへの挿入が行われていないことは半ば当たり前であったようだ。特にルックスの良い、ランクの高い女優にとってこれが当てはまる。東良美季は『別冊宝島211 1億人のAV』で「当時は<本番>と言えば<SM>や<スカトロ>とさほど変わらない、かなりキワモノ的な行為だったのだ」と語っている。ただしこれには、モデルプロダクション側の意向も有ったとも言われている。彼らは女優が人気を博せば通常の芸能界への売り込みを考えており、その為質の高い女優には、本番などのプレイを行わせることはよしとしなかったと言うのだ。またある人気AV女優は1986年、男性誌GOROでのインタビューで堂々と、撮影時には(モザイクの向こうでは)前張りを付けている、フェラチオ時には(モザイクの向こうでは)ガムテープで作られた物体を使用している、本番はやりません、などと答えていた。実は本番をせずに本番をしている様に見せる行為は疑似本番と呼ばれる様になった。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たマネージャー

    ほとんどのAV女優はAV事務所(AVプロダクション)に所属しており、マネージメントされる立場にある。一般的にAVメーカー(制作会社)からの出演依頼を取り付け、初めて撮影となり、収入が得られる。新人AV女優は仕事を得るためにマネージャーと共にメーカー回りをして、ようやく仕事(収入)が得られる。このメーカー回りのことを業界用語では「面接回り」と言うが、一般的に言えば「オーディション」である。また、プロダクションはマネージメントだけでなく、撮影現場でのトラブルの解決も重要な仕事の一つである。マネージメント料は相当な高額であり、村西 (2011)は折半としているが、いのうえ(2012)では事務所7、女優3が多く中には折半もみられるとしており、中村(2012)は折半は良心的な方であり、60 - 70%はプロダクションに流れるとしている。プロダクションから独立して独自にAVメーカーと契約することも可能ではあるが、適切な出演料を提示できなかったり、或いは逆に買い叩かれてしまうなど困難が多い。ただし企画女優においては長期間成功しているケースもみられる。プロダクションはかつてに比べれば健全化しており、ギャラなどもある程度は明らかにされるようになってきているが、ギャラの持ち逃げや、AV女優に偽って劣悪な撮影現場に送り出すなどといった例もある。また過度のSMプレイにより刑事事件となったバッキー事件などもある。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たJDスター女子プロレス

    東城えみ(2005年10月20日) - プロレスラー(JDスター女子プロレス アストレス2期生)AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た宝塚歌劇団

    水瀬ちあき(2010年3月1日) - 宝塚歌劇団の娘役として活動。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た香港

    近年では深夜放送のドラマやバラエティー番組に有名AV女優がレギュラーやゲストで出演することも珍しくなくなって来ている。一般芸能界で最も成功した例として飯島愛(1972 - 2008、タレント・『プラトニック・セックス』)や黒木香(1965 -)が挙げられるが、近年は及川奈央(1981 -)が子供向け特撮番組やNHK大河ドラマに出演するなど大きな活躍を見せ、また2008年以降はAV女優で構成されたアイドルグループ恵比寿マスカッツが人気を得た。また執筆した小説が映画化・漫画化されたほか舞台・映画の主演などを行うみひろ、海賊版の流通をきっかけに香港・中国・台湾で大きな人気となっている蒼井そら、小澤マリアなども活躍している。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たコンドーム

    なお、性行為は原則としてコンドームを用いて行い、村西 (2011)によれば、特記無き場合暗黙の了解として性行為は3回までとのことである。なお、かつて多くみられていた疑似本番については後述する。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た岸和田少年愚連隊

    YUKA(2004年3月26日)- 「小島由佳」という芸名で「岸和田少年愚連隊」「カオルちゃん最強伝説 番長足球」「棒 Bastoni」などに出演AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たGORO

    当時はビデ倫のモザイクが非常に濃かったこともあり、モザイクの向こうで本番行為、すなわち陰茎の膣への挿入が行われていないことは半ば当たり前であったようだ。特にルックスの良い、ランクの高い女優にとってこれが当てはまる。東良美季は『別冊宝島211 1億人のAV』で「当時は<本番>と言えば<SM>や<スカトロ>とさほど変わらない、かなりキワモノ的な行為だったのだ」と語っている。ただしこれには、モデルプロダクション側の意向も有ったとも言われている。彼らは女優が人気を博せば通常の芸能界への売り込みを考えており、その為質の高い女優には、本番などのプレイを行わせることはよしとしなかったと言うのだ。またある人気AV女優は1986年、男性誌GOROでのインタビューで堂々と、撮影時には(モザイクの向こうでは)前張りを付けている、フェラチオ時には(モザイクの向こうでは)ガムテープで作られた物体を使用している、本番はやりません、などと答えていた。実は本番をせずに本番をしている様に見せる行為は疑似本番と呼ばれる様になった。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見た韓国

    インターネット利用者の拡大により、日本のAV女優は日本国内はもとより世界各国で人気も高い。アメリカ合衆国や台湾、韓国、中国などで大きな人気を集めている。これと同時にAV女優のアジア進出も進んでいる。AV女優 フレッシュアイペディアより)

  • AV女優

    AV女優から見たプライバシー

    一方で、AV業界黎明期には一般的なものではなかったインターネットの普及や匿名掲示板の登場と共に、AV女優としての活動が親に露見するいわゆる「親バレ」や、インターネット上で本名・通学先・勤務先などといった個人情報やプライバシーが晒され露見したことなどをきっかけに、AV女優が契約期間内であっても活動停止したり、引退に追い込まれるケースが多く見られる様になった。現役大学生がデビュー作の発売直前に通学先を暴露されて発売中止となった事例もある。この様なインターネット上での「暴露」が起きた際に、AV女優本人やAVメーカーがその内容について事実であると認めたことは無いが、実際に数多くのAV女優がこの様なことが起きたのを境に活動を停止したり引退をしている。AV女優 フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示

「セクシータレント」のニューストピックワード