52件中 41 - 50件表示
  • セシール

    セシールから見た世界ウルルン滞在記

    世界ウルルン滞在記(毎日放送制作・TBS系)セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た株式交換

    ライブドアの不祥事が発生した以降も、ライブドアオート(現・カーチスホールディングス)、メディアイノベーションなどとは異なり、ライブドアグループを離脱する動きはなかった。しかし、2009年5月14日に、株式会社フジ・メディア・ホールディングス(FMHD、フジサンケイグループ)の子会社である株式会社フジ・メディア・サービスが、セシールの株式を公開買付けをすると発表。この時点で、セシールもこれに賛同したほか、FMHDは、筆頭株主のLDHほか2社から株式を取得することで合意していた。翌5月15日から7月1日まで公開買付けが行われ、フジ・メディア・サービスが議決権で78.06%の株式を取得して、子会社化した。2010年3月8日には、株式交換を実施して、フジ・メディア・サービスがセシールを完全子会社化した(これに先立つ2月24日付けで上場廃止)。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た商号

    創業者の正岡道一が、1972年に高松市で創業。妻と共にストッキングをリヤカーに積んで販売して歩いた。1974年に、法人化して東洋物産株式会社を設立。翌1975年から通信販売を開始し、通信販売業者として発展し、株式上場も果たした。商号は、1983年に株式会社セシールに変更。キッザニア甲子園のオフィシャルスポンサーをつとめており、同施設内にパビリオンを設けていた。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た新株予約権

    販売が低迷したこともあり、2005年10月21日に、ライブドア(現LDH)、ライブドアマーケティング(現 メディアイノベーション)の2社と資本・業務提携契約を締結。株式公開買付けと新株予約権の付与により、ライブドアマーケティングの連結子会社となった。その後、2006年4月13日に、ライブドアマーケティングが、保有するセシールの全株式をライブドアに譲渡し、セシールはライブドアの直接の連結子会社となった。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見たムック (フジテレビKIDS)

    2008年2月より、サウンドロゴをリニューアルし、CMを再開した。2010年11月のCMでは、フジテレビの人気番組でもある「ポンキッキシリーズ」のキャラクターの一人であるムックを起用している。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見たポンキッキシリーズ

    2008年2月より、サウンドロゴをリニューアルし、CMを再開した。2010年11月のCMでは、フジテレビの人気番組でもある「ポンキッキシリーズ」のキャラクターの一人であるムックを起用している。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た株式公開買付け

    販売が低迷したこともあり、2005年10月21日に、ライブドア(現LDH)、ライブドアマーケティング(現 メディアイノベーション)の2社と資本・業務提携契約を締結。株式公開買付けと新株予約権の付与により、ライブドアマーケティングの連結子会社となった。その後、2006年4月13日に、ライブドアマーケティングが、保有するセシールの全株式をライブドアに譲渡し、セシールはライブドアの直接の連結子会社となった。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見たフランス語

    CMでは最後に必ずサウンドロゴとして「♪セシ〜ル…」と女性数人の声で歌われた後に、フランス語で "Il offre sa confiance et son amour."( イロッフルサコンフィヤーンセソナムール)と静かに低音で話す男性の声を流していた。これは「愛と信頼をお届けする」という意味。以前、元北海道日本ハムファイターズの岩本勉(現・野球評論家)がしばらく連呼していたこともあるほか、「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではパロディとして「セシール」「イオンソソナモンセソナモン」といった意味不明な掛け合いが放送された。セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た驚きももの木20世紀

    驚きももの木20世紀(朝日放送制作・テレビ朝日系)セシール フレッシュアイペディアより)

  • セシール

    セシールから見た高松高等予備校

    2013年7月1日、ディノスを存続会社としてセシール並びにフジ・ダイレクト・マーケティングを消滅会社とする合併が行われ、「株式会社ディノス・セシール」となった。法人としては消滅したが、今後もセシールは「ディノス・セシール」の通販ブランドとして継続して使用される。またセシール本店(高松市観光町、旧セシール第3ビル)は、ディノス・セシール高松本社として機能し、同社の西日本地区の拠点となる。旧セシール第3ビルの斜め向かいにあり、本社機能が分散していた旧セシール第5ビル(こちらを対外的に本社事務所所在地としていた)は合併後に穴吹興産に売却された後、さらに2014年に高松高等予備校に転売され、まず同年末に模擬試験会場として暫定供用開始し、2015年度に桜町の現校舎から全面移転する。セシール フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示