セス・グライシンガー ニュース&Wiki etc.

セス・アダム・グライシンガー(Seth Adam Greisinger, 1975年7月29日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ出身の元プロ野球選手(投手)。 (出典:Wikipedia)

「セス・グライシンガー」Q&A

  • Q&A

    2014年版のロッテのローテはこのような感じですか? (先発投手) 1 成瀬善久…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年12月28日 08:58

  • Q&A

    巨人が西武の片岡、中日の井端、広島の大竹の補強に成功しましたが、 この3人は、来季…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2013年12月1日 20:59

  • Q&A

    東京ヤクルトスワローズの歴代最強の先発投手6人と 歴代最強の抑えの投手を教えて下さ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年10月15日 17:02

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セス・グライシンガー」のつながり調べ

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たセス・グライシンガー

    オリンピック終了後、8月28日に出場選手登録された。外国人枠(アレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー+李の4人でいっぱいの状況で、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があった)の関係で9月4日にいったん二軍落ちしたものの、9月14日に一軍昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。(李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たセス・グライシンガー

    は二軍スタート。マーク・クルーンの故障離脱もあり4月25日に昇格。28日の広島東洋カープ戦では、次の回の登板に備えてベンチ前でキャッチボールしていたところ、3度も暴投して球がフィールド内に進入したため、その度に試合が中断し、球審にベンチへ下がるよう命じられた。中継ぎで数試合登板後、外国人枠の関係から降格した。6月、二軍の先発不足の事情から先発に転向し好投すると、クルーンの再離脱により6月16日に再昇格。7月2日の対広島東洋カープ戦で初先発し、コルビー・ルイスと投げ合い、6.2回を1失点で来日初勝利を挙げた。育成選手出身投手による先発勝利は史上初。また、7月22日の横浜ベイスターズ戦では三浦大輔と投げ合って2失点で、育成選手出身投手史上初となる完投勝利を挙げた。このとき、嬉しさのあまり自身のグラブとウイニングボールを球場ベンチに置き忘れた。その後、クルーンの復帰によって二軍に降格したが、セス・グライシンガーの故障で再度昇格し、9月17日の阪神タイガース戦で約2ヶ月ぶりの勝利を挙げた。この試合の6回表、プロ野球史上13人目、セ・リーグでは6人目となる「1イニング4奪三振」を記録する。また、優勝を決めた9月23日の中日ドラゴンズ戦に先発、谷繁元信に、一時1点差まで追い上げられる本塁打を浴びるも、7回3失点で勝利し、優勝投手となった。中日と戦ったクライマックスシリーズ第2ステージでは第2戦に先発し5.2回を2失点、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第3戦に先発し、3本のソロホームランを打たれるも6回3失点でそれぞれ勝利投手となる。育成出身選手によるポストシーズンと日本シリーズでの勝利投手は史上初。オフシーズンに再度ドミニカのウィンターリーグに派遣された(2007年と同じくエストレージャス・オリエンタレスに所属)。(ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)