セス・グライシンガー ニュース&Wiki etc.

セス・アダム・グライシンガー(Seth Adam Greisinger, 1975年7月29日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ出身の千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。ニックネームは「スーパーマン」。 (出典:Wikipedia)

「セス・グライシンガー」最新ニュース

「セス・グライシンガー」Q&A

  • Q&A

    2014年版のロッテのローテはこのような感じですか? (先発投手) 1 成瀬善久…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年12月28日 08:58

  • Q&A

    巨人が西武の片岡、中日の井端、広島の大竹の補強に成功しましたが、 この3人は、来季…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2013年12月1日 20:59

  • Q&A

    東京ヤクルトスワローズの歴代最強の先発投手6人と 歴代最強の抑えの投手を教えて下さ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2013年10月15日 17:02

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セス・グライシンガー」のつながり調べ

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たセス・グライシンガー

    手術明けであったが、宮崎春季キャンプを2月半ばで早々に切り上げ、3月からの北京オリンピック野球世界最終予選に韓国代表として出場し、打率.478・本塁打2・打点12という成績で韓国代表を2大会ぶりの本戦出場に導いた。しかし、その余波でオープン戦には2試合しか出場できず、調整の遅れが生じて開幕から14試合で打率.135・本塁打0・打点2と低迷し、4月14日には早々に降格した。北京オリンピック派遣直前の7月25日に再昇格したものの成績は振るわず、打率.141のまま北京五輪に参加した。五輪では韓国代表として出場したが、シーズンの不調を引きずった形で打率1割台となり、予選最終戦ではスタメンを外されるほどの不振に陥った。しかし、準決勝の日本戦では勝ち越し本塁打、決勝のキューバ戦でも先制本塁打を放ち、韓国野球初の金メダル獲得に貢献した。チームに復帰後は8月28日に昇格したが、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があるほか、外国人枠(ほか3人はアレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー)の関係で9月4日に再降格。9月14日に再昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。結局、45試合で打率.248・本塁打8・打点27。(李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たセス・グライシンガー

    は二軍スタート。マーク・クルーンの故障離脱もあり4月25日に昇格。28日の広島東洋カープ戦では、次の回の登板に備えてベンチ前でキャッチボールしていたところ、3度も暴投して球がフィールド内に進入したため、その度に試合が中断し、球審にベンチへ下がるよう命じられた。中継ぎで数試合登板後、外国人枠の関係から降格した。6月、二軍の先発不足の事情から先発に転向し好投すると、クルーンの再離脱により6月16日に再昇格。7月2日の対広島東洋カープ戦で初先発し、コルビー・ルイスと投げ合い、6.2回を1失点で来日初勝利を挙げた。育成選手出身投手による先発勝利は史上初。また、7月22日の横浜ベイスターズ戦では三浦大輔と投げ合って2失点で、育成選手出身投手史上初となる完投勝利を挙げ、嬉しさのあまり自身のグラブとウイニングボールを球場ベンチに置き忘れた。その後、クルーンの復帰によって二軍に降格したが、セス・グライシンガーの故障で再度昇格し、9月17日の阪神タイガース戦で約2ヶ月ぶりの勝利を挙げた。この試合の6回表、プロ野球史上13人目、セ・リーグでは6人目となる「1イニング4奪三振」を記録する。また、優勝を決めた9月23日の中日ドラゴンズ戦に先発、谷繁元信に、一時1点差まで追い上げられる本塁打を浴びるも、7回3失点で勝利した。中日と戦ったクライマックスシリーズ第2ステージでは第2戦に先発し5.2回を2失点、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第3戦に先発し6回3失点でそれぞれ勝利投手となる。育成出身選手によるポストシーズンと日本シリーズでの勝利投手は史上初。(ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード