50件中 11 - 20件表示
  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    非常に人柄が良い人物であるが、2007年オフに退団し読売ジャイアンツに移籍したセス・グライシンガーに対しては「ブー!!グライシンガーは投げる前に、腐った鳥を食べさせて病気にしてしまえばいいのさ。」と冗談交じりにではあるがバッシングしている。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は二軍スタート。マーク・クルーンの故障離脱もあり4月25日に昇格。28日の広島東洋カープ戦では、次の回の登板に備えてベンチ前でキャッチボールしていたところ、3度も暴投して球がフィールド内に進入したため、その度に試合が中断し、球審にベンチへ下がるよう命じられた。中継ぎで数試合登板後、外国人枠の関係から降格した。6月、二軍の先発不足の事情から先発に転向し好投すると、クルーンの再離脱により6月16日に再昇格。7月2日の対広島東洋カープ戦で初先発し、コルビー・ルイスと投げ合い、6.2回を1失点で来日初勝利を挙げた。育成選手出身投手による先発勝利は史上初。また、7月22日の横浜ベイスターズ戦では三浦大輔と投げ合って2失点で、育成選手出身投手史上初となる完投勝利を挙げ、嬉しさのあまり自身のグラブとウイニングボールを球場ベンチに置き忘れた。その後、クルーンの復帰によって二軍に降格したが、セス・グライシンガーの故障で再度昇格し、9月17日の阪神タイガース戦で約2ヶ月ぶりの勝利を挙げた。この試合の6回表、プロ野球史上13人目、セ・リーグでは6人目となる「1イニング4奪三振」を記録する。また、優勝を決めた9月23日の中日ドラゴンズ戦に先発、谷繁元信に、一時1点差まで追い上げられる本塁打を浴びるも、7回3失点で勝利した。中日と戦ったクライマックスシリーズ第2ステージでは第2戦に先発し5.2回を2失点、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第3戦に先発し6回3失点でそれぞれ勝利投手となる。育成出身選手によるポストシーズンと日本シリーズでの勝利投手は史上初。ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 小窪哲也

    小窪哲也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初安打:同上、5回表にセス・グライシンガーから左中間二塁打小窪哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 上田剛史

    上田剛史から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席:2009年8月22日、対読売ジャイアンツ15回戦(明治神宮野球場)、5回裏に由規の代打で出場、セス・グライシンガーから二ゴロ上田剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松真人

    赤松真人から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初本塁打:2008年4月29日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、1回表にセス・グライシンガーから左越先頭打者本塁打赤松真人 フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    「バルカン」の名称はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場するバルカン人が行う、人指し指と中指、薬指と小指をそれぞれくっつけ、中指と薬指の間と親指を開いて相手に掌を見せるバルカン式挨拶に似た握りであることが由来である。エリック・ガニエが代表的な使い手で、ジャレッド・バートンやギレルモ・モタらも投げている。日本球界では大隣憲司や大竹寛、セス・グライシンガーが投げている。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

  • 福川将和

    福川将和から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は新加入したセス・グライシンガーとのバッテリーで首脳陣の信頼を得るが、交流戦終了後は自身の故障や打撃・守備の確実性が一向に改善される様子がなかったことから、新人の川本良平との併用となった。福川将和 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・シーボル

    スコット・シーボルから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2006年からマーリンズ傘下3Aアルバカーキでプレーし、シーズン途中に韓国プロ野球の起亜タイガースに入団(チームメイトにセス・グライシンガーがいた)。しかし起亜では48試合で打率.163、6本塁打、14打点に終わり同年退団した。また、起亜での登録名はファーストネームの「スコット」だった。スコット・シーボル フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打点:2007年7月4日、対東京ヤクルトスワローズ10回戦(明治神宮野球場)、4回表にセス・グライシンガーから投前スクイズ金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚典

    鈴木尚典から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2009年3月22日に開催された横浜スタジアムでの巨人とのオープン戦で引退試合が行われた。鈴木は3回裏に仁志の代打として現役時代の背番号51のユニフォームを着て登場、セス・グライシンガーからライトへ本塁打を放ち、有終の美を飾った。セレモニーでは高校時代も含めて21年間プレーした横浜への愛着やファンに対する感謝の気持ちを述べ、最後に「今日は一日、選手に戻れて幸せでした。18年間、本当にありがとうございました」と締めくくった。は湘南シーレックス育成コーチ、は同球団打撃コーチを務めた。2011年からNPO法人ベイスターズ・ベースボールアカデミーでの活動の他、テレビ神奈川で中継される横浜戦(『横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVE』)の解説も務める。鈴木尚典 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード