54件中 21 - 30件表示
  • 吉村裕基

    吉村裕基から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    ''は、新監督大矢明彦の意向によって、外野手から一塁手にコンバートされ、一塁手で137試合に先発出場、他ポジションにはつかなかった。前年ほどの打率は残せず主に6番で起用された。4月10日に石川雅規、8月7日にセス・グライシンガー(2打席連続)から1試合2本塁打を記録。7月4日、7月7日、7月8日には3試合連続本塁打を放った。6月9日の対千葉ロッテ戦ではこの日まで6勝0敗だった(後に16勝1敗で終える)先発成瀬善久から0対0の同点で迎えた4回裏二死二塁に右中間スタンドへ先制決勝ツーランホームランを放ち唯一の黒星を付けた。9月1日の対巨人戦、先発の秦裕二が2回表に6失点と0対6で始まった試合、自身以外の味方打者が奮起して同点にもつれこんだ9回、打席に向かう前のベンチ裏で監督の大矢から打ち気にはやる余り、体が突っ込み気味だったことを指摘されると、一死無走者で迎えた第4打席で豊田清のフォークボールを低い弾道で左翼席に突き刺し、プロ入り初のサヨナラ打を生涯初のサヨナラ本塁打で決め、6点差からの逆転でチームを勝率5割に復帰させた。開幕から一度も抹消されることなく自身初の規定打席に到達し、ともにチーム2位の24本塁打、85打点を記録した。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    に、千葉ロッテマリーンズの一軍投手兼バッテリーチーフコーチへ就任。12月7日には、野球殿堂入り候補者名簿・プレーヤー部門に掲載される。には、成本年秀と入れ替わる格好で、二軍投手コーチに異動。に一軍投手コーチへ復帰したが、10月15日付で来季の契約しないと通告した。セス・グライシンガーは西本と二人三脚で軸足にタメをつくるフォームを固め2010年から2年間1勝だったが2012年はチーム最多タイの12勝と復活し、グライシンガーは「自分が再生できたのはニシモトさんのおかげ。あれほどのコーチはいない」と慕われ、同年新人のシーズン最多登板記録をつくった益田直也も「毎日、新しいことを教えてもらった。知識で打者を打ち取れるようになった」と述べていた。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 福川将和

    福川将和から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は新加入したセス・グライシンガーとのバッテリーで首脳陣の信頼を得るが、交流戦終了後は自身の故障や打撃・守備の確実性が一向に改善される様子がなかったことから、新人の川本良平との併用となった。福川将和 フレッシュアイペディアより)

  • 尹錫ミン (投手)

    尹錫ミン (投手)から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    シーズンも抑えの予定だったが、先発1・2番手の予定だったセス・グライシンガーの日本球界への移籍と金鎭ウ(キム・ジンウ)の故障で先発投手として起用された。シーズン開幕戦で生涯初めての先発登板をし、6回1/3イニング1失点(自責点0)で好投したが、打線支援を受けず敗戦投手になった。シーズン前半には1失点(自責点0)敗が2回、失点すれば必ず敗戦という不運に苦しめられ、後半には先発1年次投手の体力的問題も露出し防御率3.78、7勝18敗の成績で最多敗戦投手となった。力投が報われずに負け数だけ増えて、韓国では彼のことを「不幸なエース」と呼ぶようになった。シーズンが終われば惨憺な成績を残したため、MLBカンザスシティ・ロイヤルズのザック・グレインキーのようにマウンドに上がることに恐怖症を覚えるのではないかという心配も多かった。尹錫ミン (投手) フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・トーレス

    カルロス・トーレスから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    、外国人投手枠の関係もあり開幕一軍は逃したものの、二軍で4試合3勝と結果を出し、4月17日にセス・グライシンガー投手との入れ替えで一軍昇格を果たす。3試合目の先発となった5月8日の中日ドラゴンズ戦では4回2/3を投げて6失点で初黒星を喫した。ファームでは14試合の登板で7勝3敗・防御率2.54、WHIP1.05の成績を残したが、一軍では6試合の登板に終わる。シーズン終了後に自由契約となる。カルロス・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・リオス

    ダニエル・リオスから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2005年に起亜を退団した際、起亜がリオスの代わりに獲得したのは2007年にヤクルトに在籍したセス・グライシンガー(当時・ブレーブス)であり、日韓で入れ違いが続いている。ダニエル・リオス フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席・初安打:同上、8回裏にセス・グライシンガーから左翼線二塁打中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席:同上、8回裏にセス・グライシンガーの前に空振り三振堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席:2011年5月22日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、3回表にセス・グライシンガーの前に空振り三振朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

  • エンジェルベルト・ソト

    エンジェルベルト・ソトから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打点:2011年7月18日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、2回表にセス・グライシンガーから二塁ゴロの間に記録エンジェルベルト・ソト フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示