50件中 21 - 30件表示
  • 鶴岡一成

    鶴岡一成から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は負傷を抱える阿部が休養を挟みながらの出場を強いられたため、開幕から週に1・2試合で先発出場の機会を得る。その中で セス・グライシンガーと抜群の相性の良さを見せたため、阿部の負傷が完治した後も、グライシンガーの先発時は専属バッテリーを組んだ。また、4月10日の対阪神戦(東京ドーム)で自身初の2打席連続本塁打を放つなど、打撃成績も向上。前年に続いて優勝に貢献した。鶴岡一成 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初出場・初打席:2008年8月3日、対読売ジャイアンツ15回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に中田賢一の代打として出場、セス・グライシンガーの前に三振堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    3月30日の横浜ベイスターズ戦で初の開幕投手を務め、勝利する。その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海はこの後、発言については反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・アッチソン

    スコット・アッチソンから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    同年オフにマイナー行きの通告を拒否してフリーエージェントとなる。その後レッドソックスとマイナー契約を結ぶが、その直後に、セス・グライシンガーの獲得に失敗していた阪神タイガースがその代役として獲得に動き、レッドソックスから契約を譲渡される形で阪神に入団した。球速は150 km/hに満たないものの制球力で勝負するタイプという触れ込みで、マリナーズ時代に同僚だった城島健司からも評価されていた。スコット・アッチソン フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2004年に日本ハムの本拠地が札幌ドームとなった後は、移転後も年10試合前後行われる東京ドームでの日本ハム主催試合が西武戦では行われていないため、西口の東京ドーム登板の可能性はセ・パ交流戦か、西武と巨人が日本選手権シリーズに進出した場合に限られるはずだったが、2007年のパ・リーグ公式戦において、対オリックス・バファローズ戦(主催試合)が2試合(5月19日・20日)組まれ、19日の予告先発に指定されたが、結局当日になって腰痛のため回避された。同年6月24日の対巨人戦に先発すると6回1失点に抑え、11年ぶりに東京ドームでの勝利を挙げた。2008年6月9日の対巨人戦でも先発し、5回3失点だったもののセス・グライシンガーの乱調もあって勝利投手となっている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • エンジェルベルト・ソト

    エンジェルベルト・ソトから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打点:2011年7月18日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、2回表にセス・グライシンガーから二塁ゴロの間に記録エンジェルベルト・ソト フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1000打点 2007年8月12日、対東京ヤクルトスワローズ17回戦(広島市民球場)、7回裏にセス・グライシンガーから二塁ゴロの間に記録 ※史上31人目前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • バージニア大学

    バージニア大学から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    セス・グライシンガー - プロ野球選手バージニア大学 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一生

    中村一生から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席・初安打:同上、8回裏にセス・グライシンガーから左翼線へ二塁打中村一生 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日の上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得した。2007年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中でジャイアンツ投手陣の(上原と共に)最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード