54件中 31 - 40件表示
  • 上田剛史

    上田剛史から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席:2009年8月22日、対読売ジャイアンツ15回戦(明治神宮野球場)、5回裏に由規の代打で出場、セス・グライシンガーから二ゴロ上田剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打点:2007年7月4日、対東京ヤクルトスワローズ10回戦(明治神宮野球場)、4回表にセス・グライシンガーから投前スクイズ金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 小窪哲也

    小窪哲也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初安打:同上、5回表にセス・グライシンガーから左中間二塁打小窪哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1500投球回数:2007年8月1日、対東京ヤクルトスワローズ13回戦(阪神甲子園球場)、2回表にセス・グライシンガーを投手ゴロに打ち取り達成 ※史上158人目下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • 7月29日

    7月29日から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1975年 - セス・グライシンガー、プロ野球選手7月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    公式戦に入り、5月15日のロッテ戦で、右翼手として二死満塁の場面で、セス・グライシンガーの右前打を素早く処理して一塁で封殺させ、巨人ではの呂明賜以来となる右ゴロの補殺を記録した。前半戦は打率.259と長く不振が続いたが、後半戦は打率.313と復調を見せた。8月29日の阪神タイガース戦では、松田遼馬から自身二度目のサヨナラ本塁打を放った。9月12日のDeNA戦ではトニ・ブランコ、10月2日のヤクルト戦では打者走者松岡健一を一塁で封殺させ、シーズン3度目の右ゴロの補殺を記録した。シーズン3度の右ゴロ補殺は球団では中島治康以来70年振り。前半戦の不振もあって、入団以来続いていたタイトル獲得は途切れ、3年連続3割も逃したものの、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    「バルカン」の名称はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場するバルカン人が行う、人指し指と中指、薬指と小指をそれぞれくっつけ、中指と薬指の間と親指を開いて相手に掌を見せるバルカン式挨拶に似た握りであることが由来である。エリック・ガニエが代表的な使い手で、ジャレッド・バートンやギレルモ・モタらも投げている。日本球界では大隣憲司や大竹寛、セス・グライシンガーが投げている。また、潮崎哲也はバルカンチェンジの握りでシンカーを投げていた。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    オリンピック終了後、8月28日に出場選手登録された。外国人枠(アレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー+李の4人でいっぱいの状況で、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があった)の関係で9月4日にいったん二軍落ちしたものの、9月14日に一軍昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、青木宣親、飯原誉士、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵、押本健彦、松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ・広島東洋カープとクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 野口茂樹

    野口茂樹から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は先発では内海や、ヤクルトから移籍してきたセス・グライシンガーらの活躍、中継ぎでも山口鉄也、越智大祐らの活躍もあり、ルーキーイヤー以来の1軍登板無しに終わり、10月1日に球団から戦力外通告を受けた。野口茂樹 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示