50件中 31 - 40件表示
  • カルロス・トーレス

    カルロス・トーレスから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    、外国人投手枠の関係もあり開幕一軍は逃したものの、二軍で4試合3勝と結果を出し、4月17日にセス・グライシンガー投手との入れ替えで一軍昇格を果たす。3試合目の先発となった5月8日の中日ドラゴンズ戦では4回2/3を投げて6失点で初黒星を喫した。ファームでは14試合の登板で7勝3敗、防御率2.54、WHIP1.05の成績を残したが、一軍では6試合の登板に終わる。シーズン終了後に自由契約となる。カルロス・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    7月29日 - セス・グライシンガー、プロ野球選手1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 下柳剛

    下柳剛から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1500投球回数:2007年8月1日、対東京ヤクルトスワローズ13回戦(阪神甲子園球場)、2回表にセス・グライシンガーを投手ゴロに打ち取り達成 ※史上158人目下柳剛 フレッシュアイペディアより)

  • 7月29日

    7月29日から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1975年 - セス・グライシンガー、プロ野球選手7月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    12月11日 - 東京ヤクルトを自由契約になっていたセス・グライシンガー投手が巨人入り。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2007年5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由伸を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデッドヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負け。日本シリーズ出場権を逃し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となっている。このため恒例の銀座での優勝パレードも中止となった(巨人はこれまでリーグ優勝しても日本一になれなかった場合は優勝パレードを行ってこなかったが、日本シリーズ不出場による優勝パレード中止はこれが初である)。球団は、期待不足に終わったGGとジェレミー・パウエル、デーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテを自由契約になった藤田宗一、横浜を自由契約となったマーク・クルーン、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガーとアレックス・ラミレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • キップ・グロス

    キップ・グロスから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    外国人投手初の2年連続最多勝利(1995年・1996年):2リーグ制導入以降、外国人投手の2年連続最多勝利はパ・リーグではグロスのみ(セ・リーグでは2007年・2008年にセス・グライシンガーが2年連続最多勝)キップ・グロス フレッシュアイペディアより)

  • 相澤 仁美

    相澤仁美から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2007年に東京ヤクルトスワローズ公認サポーターを務めた。「好きな選手は?」という質問に「セス様(セス・グライシンガー)」と答えている。ちなみにグライシンガーは、2008年に読売ジャイアンツへ移籍している。相澤仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    、第2回WBC日本代表に選出される。出場機会には恵まれなかったが、第2ラウンド1組1位決定戦ではスタメンマスクをかぶった。シーズン中はスタメンを外れたり、セス・グライシンガーの先発時は鶴岡一成がマスクをかぶっている一方で、自身は4年ぶりに一塁手として出場する事もあった。9月には5試合で本塁打7本を放つ活躍で月間MVPを受賞。チームトップ、リーグ2位の32本塁打、リーグ1位の本塁打率、リーグ1位の長打率をマークし、チームの連覇に貢献した。9月18日、ヤクルトスワローズ戦で巨人軍捕手初となる通算200本塁打を達成。北海道日本ハムファイターズと対戦した日本シリーズでも、打っては第5戦で武田久からサヨナラ本塁打、第6戦では武田勝から決勝打を記録し、守ってもピンチの場面で稲葉篤紀・高橋信二を三振に仕留める好リードで、日本一を達成し、自身もシリーズMVPを受賞した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 高田繁

    高田繁から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2008年シーズンは福地がリードオフマンとして活躍。またチーム事情で三塁手だった飯原誉士が本職の左翼手に収まり躍進。空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。一塁には中盤以降ファームの主砲畠山和洋が起用され結果を残した。福地が42盗塁を記録、盗塁王を獲得したのをはじめ、飯原誉士、青木宣親、川島慶三などの選手が積極的に盗塁することでチーム盗塁数が12球団最多の148を記録。投手陣は前年の勝ち頭セス・グライシンガーが退団、巨人へ移籍。獲得した外国人選手も林昌勇を除き活躍しなかったが、前年壊滅状態だった投手スタッフが積極的なメンバー入れ替え、村中恭兵、押本健彦、松岡健一など若手の台頭で整備されたことでチーム防御率も3点台に回復、最下位を脱出し5位となったが、中継ぎ左腕不在に泣いた。この盗塁、ヒットエンドラン、バントなどを積極的に多用し、終盤まで中日ドラゴンズ・広島東洋カープとクライマックスシリーズ進出争いをしていたが、終盤に大型連敗したことで最終的に5位となった。高田繁 フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード