1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • 木村拓也

    木村拓也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2009年9月4日、東京ドームで行われた対東京ヤクルトスワローズ17回戦。巨人の先発はセス・グライシンガーのため、相性を考慮して先発捕手は鶴岡一成、正捕手の阿部慎之助は一塁手として先発出場した。試合は両チーム同点のまま延長に突入。11回裏に最後の控え捕手である加藤健が打席に入った。しかし、加藤が頭部死球によって退場、途中交代してしまった。阿部と鶴岡はいずれも途中交代、次の12回表を守る捕手がいない、という緊急事態になった。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田純平

    篠田純平から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初安打:2008年5月17日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、5回表にセス・グライシンガーから右前安打篠田純平 フレッシュアイペディアより)

  • 起亜タイガース

    起亜タイガースから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    セス・グライシンガー(在籍年度2005-2006)起亜タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 朴賛浩

    朴賛浩から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初打席:2011年5月22日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、3回表にセス・グライシンガーの前に空振り三振朴賛浩 フレッシュアイペディアより)

  • 尹錫ミン (投手)

    尹錫ミン (投手)から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    シーズンも抑えの予定だったが、先発1・2番手の予定だったセス・グライシンガーの日本球界への移籍と金鎭ウ(キム・ジンウ)の故障で先発投手となった。シーズン開幕戦で生涯初めての先発登板をし、6回1/3イニング1失点(自責点0)で好投したが、打線支援を受けず敗戦投手になった。シーズン前半には1失点(自責点0)敗が2回、失点すれば必ず敗戦という不運に苦しめられ、後半には先発1年次投手の体力的問題も露出し防御率3.78、7勝18敗の成績で最多敗戦投手となった。力投が報われずに負け数だけ増えて、韓国では彼のことを「不幸なエース」と呼ぶようになった。シーズンが終われば惨憺な成績を残したため、MLBカンザスシティ・ロイヤルズのザック・グレインキーのようにマウンドに上がることに恐怖症を覚えるのではないかという心配も多かった。尹錫ミン (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    五十嵐、石井弘寿の「ロケットボーイズ」が手術の影響でシーズンを棒に振ったのを皮切りに、ディッキー・ゴンザレス、アダム・リグス、高津臣吾などの主力級が次々と離脱、まったく戦力が整わなかった。最終的に青木宣親が首位打者、アレックス・ラミレスが打点王、セス・グライシンガーが最多勝投手になるが、シーズン143試合目で1986年以来21年ぶりの最下位を確定させてしまう。8月から、東京のUHF、東京メトロポリタンTV(TOKYO MX)で2007年度初のテレビ中継が開始。以前から年間数試合は中継があったが、近年は1試合も中継が無い年もあった。9月、古田の現役引退・退団が発表された。なお、伊東昭光も辞意を表明したため、チーム最年長コーチの八重樫幸雄がヘッドコーチ代理を兼任していた。後任監督は高田繁、1軍投手コーチに荒木大輔がヤクルトに復帰した。一方選手では、打点王のラミレスとこの年16勝を挙げたグライシンガーが巨人へ、石井一久がFAで西武へ移籍した。年明けには藤井秀悟を交換要員とする3対3のトレードを日本ハムと行った。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    手術明けであったが、宮崎春季キャンプを2月半ばで早々に切り上げ、3月からの北京オリンピック野球世界最終予選に韓国代表として出場し、打率.478・本塁打2・打点12という成績で韓国代表を2大会ぶりの本戦出場に導いた。しかし、その余波でオープン戦には2試合しか出場できず、調整の遅れが生じて開幕から14試合で打率.135・本塁打0・打点2と低迷し、4月14日には早々に降格した。北京オリンピック派遣直前の7月25日に再昇格したものの成績は振るわず、打率.141のまま北京五輪に参加した。五輪では韓国代表として出場したが、シーズンの不調を引きずった形で打率1割台となり、予選最終戦ではスタメンを外されるほどの不振に陥った。しかし、準決勝の日本戦では勝ち越し本塁打、決勝のキューバ戦でも先制本塁打を放ち、韓国野球初の金メダル獲得に貢献した。チームに復帰後は8月28日に昇格したが、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があるほか、外国人枠(ほか3人はアレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー)の関係で9月4日に再降格。9月14日に再昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。結局、45試合で打率.248・本塁打8・打点27。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    はアレックス・ラミレスの加入によって背番号49に変更。オープン戦で絶好調だったものの、外国人枠がセス・グライシンガー・マーク・クルーン・李承燁・アレックス・ラミレスで埋まったために二軍で迎える。しかし、李承燁の不振による抹消と入れ替わりに昇格すると、一塁や二塁で堅実な守備を見せ、4月29日の対広島東洋カープ戦では勝ち越し本塁打を放ち、来日初のお立ち台にも上った。その後、セ・パ交流戦初戦で4安打を放つなど、本領を発揮してチームに貢献していたが、同年5月23日、死球による脇腹の打撲を理由に降格。その後、ドーピング違反が発覚したため、5月26日に解雇。6月6日に自由契約公示された(詳細は後述を参照)。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2007年 - 前年同様にフェルナンデス(楽天)とフェルナンデス(広島、ともに「フェル(改行、右へ二文字下げて)ナンデス」)と、グライシンガー(ヤクルト、「グライ(改行、右へ二文字下げて)シンガー」)の二名が改行されて表示された。また、ローマ字表記の登録名となったTSUYOSHI(千葉ロッテマリーンズ)は、綴りを「TUYOSI」に変更して一行で表示された。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    9月29日、勇退した長嶋の後任として巨人監督に就任。背番号は83。1年目のキャッチフレーズは「ジャイアンツ愛」。選手の潜在能力を引き出し選手を惹きつける力が非常に長けている。2007年にFAで巨人入りした小笠原道大、2008年に加入したセス・グライシンガー、アレックス・ラミレスなど、他球団も獲得に乗り出した選手は「原監督の指導を受けてみたい」と口を揃えた。WBCの際もバントを3回連続失敗したイチローが「心が折れそうだ」と口にした際には「バントはするな」と言っていた。マスコミはこの発言を「原、非情の指令」などと報じたが、この発言には続きがあり、「バントはするな。俺はイチローが見たいんだ」と発言し、その言葉でイチローは「心が折れないで済んだ。原監督の言葉が無かったら折れていた」と口にする。同じくWBC代表だった稲葉篤紀も第一ステージでは不振に陥ったが、しかし第二ステージで稲葉を4番に置いた。稲葉自身は第二ステージでは「スタメン入りは無理だろう」、「使われても代打」と思っていたが、監督室で原から「稲葉、明日4番でいくから」と言われ、稲葉自身も驚いたという。原は稲葉を4番に置いた理由を「長打もあり、単打もありバントも出来る」と説明し、これを聞いた稲葉は「そういう4番もあるのか」と気付かされたという。その後、稲葉は復調し、本来の力を取り戻した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード