54件中 41 - 50件表示
  • 前田智徳

    前田智徳から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    1000打点 2007年8月12日、対東京ヤクルトスワローズ17回戦(広島市民球場)、7回裏にセス・グライシンガーから二塁ゴロの間に記録 ※史上31人目前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日に達成した上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得し、チーム5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。しかし、この年より導入されたCSではファイナルステージで2位の中日と対戦しで第3戦に先発し、3回まで無失点に抑えるも1点リードの4回にタイロン・ウッズに逆転3ラン本塁打を浴び、7回には谷繁元信にソロ本塁打を浴びるなど7回4失点で敗戦投手となり日本シリーズ進出を逃した。同年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中で(上原と共に)ジャイアンツ投手陣の最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフィン・オビスポ

    ウィルフィン・オビスポから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は二軍スタート。マーク・クルーンの故障離脱もあり4月25日に昇格。28日の広島東洋カープ戦では、次の回の登板に備えてベンチ前でキャッチボールしていたところ、3度も暴投して球がフィールド内に進入したため、その度に試合が中断し、球審にベンチへ下がるよう命じられた。中継ぎで数試合登板後、外国人枠の関係から降格した。6月、二軍の先発不足の事情から先発に転向し好投すると、クルーンの再離脱により6月16日に再昇格。7月2日の対広島東洋カープ戦で初先発し、コルビー・ルイスと投げ合い、6.2回を1失点で来日初勝利を挙げた。育成選手出身投手による先発勝利は史上初。また、7月22日の横浜ベイスターズ戦では三浦大輔と投げ合って2失点で、育成選手出身投手史上初となる完投勝利を挙げた。このとき、嬉しさのあまり自身のグラブとウイニングボールを球場ベンチに置き忘れた。その後、クルーンの復帰によって二軍に降格したが、セス・グライシンガーの故障で再度昇格し、9月17日の阪神タイガース戦で約2ヶ月ぶりの勝利を挙げた。この試合の6回表、プロ野球史上13人目、セ・リーグでは6人目となる「1イニング4奪三振」を記録する。また、優勝を決めた9月23日の中日ドラゴンズ戦に先発、谷繁元信に、一時1点差まで追い上げられる本塁打を浴びるも、7回3失点で勝利し、優勝投手となった。中日と戦ったクライマックスシリーズ第2ステージでは第2戦に先発し5.2回を2失点、北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第3戦に先発し、3本のソロホームランを打たれるも6回3失点でそれぞれ勝利投手となる。育成出身選手によるポストシーズンと日本シリーズでの勝利投手は史上初。オフシーズンに再度ドミニカのウィンターリーグに派遣された(2007年と同じくエストレージャス・オリエンタレスに所属)。ウィルフィン・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2007年 - 前年同様にフェルナンデス(楽天)とフェルナンデス(広島、ともに「フェル(改行、右へ二文字下げて)ナンデス」)と、グライシンガー(ヤクルト、「グライ(改行、右へ二文字下げて)シンガー」)の二名が改行されて表示された。また、ローマ字表記の登録名となったTSUYOSHI(千葉ロッテマリーンズ)は、綴りを「TUYOSI」に変更して一行で表示された。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    7月29日 - セス・グライシンガー、プロ野球選手1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松真人

    赤松真人から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    初本塁打:2008年4月29日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、1回表にセス・グライシンガーから左越先頭打者本塁打赤松真人 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    2009年9月4日、東京ドームで行われた対東京ヤクルトスワローズ17回戦。巨人の先発はセス・グライシンガーのため、相性を考慮して先発捕手は鶴岡一成、正捕手の阿部慎之助は一塁手として先発出場した。阿部は7回表の守備で途中交代、鶴岡も8回裏に木村が代打に起用されて退き、9回表から唯一残った捕手である加藤健が出場。木村は二塁の守備に付いた。試合は9回裏に巨人が同点に追いついて延長戦に突入。しかし、11回裏に打席に入った加藤が高木啓充から頭部に死球を受けて退場し、次の12回表を守る捕手がいない、という緊急事態になった。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    3月30日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で初の開幕投手を務め、勝利し、その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。中日と対戦したクライマックスシリーズでは初戦に先発。内海はこの年中日を得意としたが、タイロン・ウッズに2ランホームランを浴びるなど4回4失点(自責点2)で敗戦投手となった。チームはストレートの3連敗で日本シリーズ進出を逃した。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海は発言について反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    五十嵐、石井弘寿の「」が手術の影響でシーズンを棒に振ったのを皮切りに、ディッキー・ゴンザレス、アダム・リグス、高津臣吾などの主力級が次々と離脱、まったく戦力が整わなかった。最終的に青木宣親が首位打者、アレックス・ラミレスが打点王、セス・グライシンガーが最多勝投手になるが、シーズンはナゴヤドームでの開幕3連戦3連敗から1度も立ち直れず、143試合目で1986年以来21年ぶりの最下位を確定させてしまう。8月から、東京のUHF、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で2007年度初のテレビ中継が開始。以前から年間数試合は中継があったが、近年は1試合も中継が無い年もあった。9月、古田の現役引退・退団が発表された。なお、伊東昭光も辞意を表明したため、チーム最年長コーチの八重樫幸雄がヘッドコーチ代理を兼任していた。後任監督は高田繁、1軍投手コーチに荒木大輔がヤクルトに復帰した。一方、選手では、打点王のラミレスとこの年16勝を挙げたグライシンガーが巨人へ、石井一久がFAで西武へ移籍、石井の人的補償として福地寿樹を獲得した。年明けには藤井秀悟を交換要員とする3対3のトレードを日本ハムと行い、押本健彦、川島慶三らを獲得した。東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 起亜タイガース

    起亜タイガースから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    セス・グライシンガー(在籍年度2005-2006)起亜タイガース フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示