1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示
  • マイルズ・マイコラス

    マイルズ・マイコラスから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    は、これまで開幕投手を務めていた菅野智之がWBCに出場したため、首脳陣は疲労を考慮し、自身初の開幕投手を務めた。開幕戦では7回99球を投げて、4奪三振、2失点(自責点は1)の成績で勝利投手となった。ジャイアンツの外国人投手で開幕投手を務めたのは、1999年のバルビーノ・ガルベス、2009年のセス・グライシンガー以来3人目で、勝利投手はガルベス以来2人目となる。この年は年間通して先発ローテーションに入り、自己最多の27試合に先発。14勝(リーグ3位)・防御率2.25(2位)・187奪三振(1位)・22QS(1位)・WHIP0.98(2位)の好成績を挙げ、最多奪三振のタイトルを獲得した。2年契約満了となったオフには複数のMLB球団が興味を持っていると報道され、12月2日に自由契約となった。巨人の3年間では31勝13敗・防御率2.18という成績であった。マイルズ・マイコラス フレッシュアイペディアより)

  • 鶴岡一成

    鶴岡一成から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    には、開幕から週に1・2試合で先発出場の機会を得た。その中でセス・グライシンガーと抜群の相性の良さを見せたため、阿部慎之助の負傷が完治した後も、グライシンガーの先発時は専属バッテリーを組んだ。4月10日の対阪神戦(東京ドーム)では自身初の2打席連続本塁打を記録した。鶴岡一成 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    ''、第2回WBCの日本代表に選出される。出場機会には恵まれなかったが、第2ラウンド1組1位決定戦では捕手として先発出場した。シーズン中はスタメンを外れたり、セス・グライシンガーの先発時は鶴岡一成がマスクをかぶっている一方で、自身は4年ぶりに一塁手として出場する事もあった。9月には5試合で本塁打7本を放つ活躍で月間MVPを受賞。チームトップ、リーグ2位の32本塁打、リーグ1位の本塁打率、リーグ1位の長打率をマークし、チームの連覇に貢献した。9月18日、東京ヤクルトスワローズ戦で巨人軍捕手初となる通算200本塁打を達成。日本シリーズでは、北海道日本ハムファイターズと対戦し、打っては第5戦で武田久からサヨナラ本塁打、第6戦では武田勝から決勝打を記録し、守ってもピンチの場面で3番・稲葉篤紀、4番・高橋信二を三振に仕留める好リードで、日本一を達成し、自身もシリーズMVPを受賞した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見たセス・グライシンガーセス・グライシンガー

    5月2日に行われたナゴヤドームの中日5回戦でプロ野球史上初となる球団通算5,000勝を達成した。これまで主にクリーンナップを打っていた高橋由を1番に、怪我で出遅れていた上原浩治を先発からクローザーとして起用するなどの大胆な配置転換を行った。これが成功し、前年のような大型連敗もなく安定した戦いを続けた。鬼門だった交流戦も2位でクリア。そして9月23日の横浜戦に勝利し、この年から導入されたクライマックスシリーズの出場権をセ・リーグ一番乗りで獲得。中日・阪神との三つ巴のデッドヒートの末、優勝マジックナンバーが1となってむかえた10月2日のヤクルト戦、9回裏二死満塁から、清水隆行の遊撃内野安打と、宮本慎也の一塁悪送球の間に二塁走者が生還し、サヨナラ勝ちで5年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、同年より導入されたクライマックスシリーズ第2ステージで、第1ステージで阪神を2連勝で破った中日に0勝3敗でストレート負け。日本シリーズ出場権を逃し、史上初の「リーグ優勝しながら日本シリーズに出場できないチーム」となっている。球団は、期待不足に終わったジェレミー・ゴンザレスとジェレミー・パウエル、デーモン・ホリンズの外国人3選手を自由契約とすると、ロッテから自由契約となった藤田宗一、横浜から自由契約となったマーク・クルーン、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガーとアレックス・ラミレスを獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示