前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たアダム・リグス

    2007年の秋ごろから在阪スポーツ紙などを中心に「阪神がグライシンガー獲得を検討」という記事が報道されるようになったが、同年11月29日に、ヤクルト側との条件面の折り合いがつかなかったため、自由契約選手として公示されると、阪神が獲得意思を見せ総額2年6億円を提示。巨人、ソフトバンクも獲得の意思を見せた。全球団との交渉が可能となってからも引き続きヤクルトも交渉を続けた。2008年の契約として、前年リグス・ゴンザレスと結び失敗している2年契約を提示、阪神を越える2年総額7億円まで提示額を上げ、交渉。その後ソフトバンクは撤退し、ヤクルトとの交渉も決裂。12月11日、巨人が2年総額5億円での契約締結を発表した。スポーツ報知2007年12月10日の記事では、グライシンガー側が「在京で、優勝争いのできる球団」を強く希望していたと説明され、前年の年俸4000万円からすれば6倍以上の額であった。また、背番号もヤクルト時代と同じ『29』。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た杉内俊哉

    8月14日の対ソフトバンク16回戦で勝利投手となり、杉内俊哉に次いで史上8人目、外国人では史上初となるセ・パ現12球団から白星を挙げた。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た朝倉健太

    初安打:2007年4月20日、対中日ドラゴンズ4回戦(明治神宮野球場)、7回裏に朝倉健太から右前安打セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たトム・デイビー

    初打点:2007年5月31日、対オリックス・バファローズ2回戦(明治神宮野球場)、2回裏にトム・デイビーから中前適時打セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たタイロン・ウッズ

    初奪三振:同上、2回裏にタイロン・ウッズからセス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た阿部慎之助

    最優秀バッテリー賞:1回 (2008年、捕手:阿部慎之助セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た阪神タイガース

    2007年の秋ごろから在阪スポーツ紙などを中心に「阪神がグライシンガー獲得を検討」という記事が報道されるようになったが、同年11月29日に、ヤクルト側との条件面の折り合いがつかなかったため、自由契約選手として公示されると、阪神が獲得意思を見せ総額2年6億円を提示。巨人、ソフトバンクも獲得の意思を見せた。全球団との交渉が可能となってからも引き続きヤクルトも交渉を続けた。2008年の契約として、前年リグス・ゴンザレスと結び失敗している2年契約を提示、阪神を越える2年総額7億円まで提示額を上げ、交渉。その後ソフトバンクは撤退し、ヤクルトとの交渉も決裂。12月11日、巨人が2年総額5億円での契約締結を発表した。スポーツ報知2007年12月10日の記事では、グライシンガー側が「在京で、優勝争いのできる球団」を強く希望していたと説明され、前年の年俸4000万円からすれば6倍以上の額であった。また、背番号もヤクルト時代と同じ『29』。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た中日ドラゴンズ

    は、故障の影響からかわずか6試合の登板で0勝2敗、と来日後初の未勝利に終った。また、対阪神戦の連勝が「8」で途切れた。10月23日、中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズ第4戦に先発したが、小田幸平に2点適時安打を浴び、ポストシーズンでも白星を挙げることが出来なかった。2011年も巨人残留が決定したが、推定年俸は2億6000万円から大幅減の8000万円となった。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た広島東洋カープ

    4月3日、対広島東洋カープとの開幕戦(東京ドーム)でメジャー・韓国・ヤクルト時代を通じて自身初となる開幕投手(巨人の外国人投手では1999年のバルビーノ・ガルベス以来)を務めるが、3回6失点で敗戦投手となる。シーズンでは、防御率も一時期5点台となるが、13勝6敗で対阪神戦では4勝0敗、対ヤクルト戦では3勝1敗と強さを見せた。この年のシーズン中に右ひじを痛め、2010年3月1日に検査のため帰国。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たデトロイト・タイガース

    大学進学後は、最初の2年間で9勝12敗、防御率4.75という成績を残す。大学3年時には123イニングを投げ12勝2敗、防御率1.76、奪三振141という成績を残し、チームの主力として活躍するだけでなく、アトランタオリンピックの代表メンバーにも選ばれ、大会では3勝を挙げアメリカ代表の銅メダルに貢献している。同1996年のドラフトにおいて、デトロイト・タイガースから1巡目(全体6位)で指名を受けプロ入りする。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード