58件中 21 - 30件表示
  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た東京ヤクルトスワローズ

    2008年、先発ローテーションの一角として17勝をあげ、2年連続でセ・リーグ最多勝投手となる。この年、古巣の対東京ヤクルトスワローズ戦では6試合登板して5勝0敗・防御率1.58であったが、対埼玉西武ライオンズ戦では2試合で0勝2敗・防御率14.00であった。クライマックスシリーズでは第1戦に先発登板し、4回1/3を3失点(自責点2)で降板。日本シリーズでは第4戦に登板したが、西武を相手に2本塁打を浴び、5回5失点で敗戦投手となる。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た日本プロ野球

    2012年1月9日、千葉ロッテマリーンズへの入団が発表された。1年契約、年俸は3120万円プラス出来高払い。背番号は『46』。交流戦では12球団1位の防御率0.83という好成績を残した。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たワシントン・ナショナルズ

    1年でチームから放出されると、同年12月にワシントン・ナショナルズと契約。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たマイナーリーグ

    バージニア大学を卒業してから、1997年にデトロイト・タイガースに入団し、2年目の1998年6月3日にMLBデビューを果たす。この年は21試合に先発し6勝を挙げるものの、このシーズンがMLBに最も長くいたシーズンとなり、以後はMLBとマイナーリーグとを行き来する生活を送ることになる。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た登録名

    2005年途中から、韓国の起亜タイガースでプレー。背番号は「59」。登録名は「クレイシンオ」(?????)だった。途中入団ながら6勝を挙げる。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た阪神タイガース

    2007年の秋ごろから在阪スポーツ紙などを中心に「阪神がグライシンガー獲得を検討」という記事が報道されるようになったが、同年11月29日に、ヤクルト側との条件面の折り合いがつかなかったため、自由契約選手として公示されると、阪神が獲得意思を見せ総額2年6億円を提示。巨人、ソフトバンクも獲得の意思を見せた。全球団との交渉が可能となってからも引き続きヤクルトも交渉を続けた。2008年の契約として、前年リグスやゴンザレスと結んで失敗している2年契約を提示、阪神を越える2年総額7億円まで提示額が上がる。その後ソフトバンクは撤退し、ヤクルトとの交渉も決裂。12月11日、巨人が2年総額5億円での契約締結を発表した。スポーツ報知2007年12月10日の記事では、グライシンガー側が「在京で、優勝争いのできる球団」を強く希望していたと説明され、前年の年俸4000万円からすれば6倍以上の額であった。また、背番号もヤクルト時代と同じ『29』。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞:1回 (2008年、捕手:阿部慎之助)セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たナゴヤドーム

    初登板・初先発:2007年3月31日、対中日ドラゴンズ2回戦(ナゴヤドーム)、5回4失点で敗戦投手セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たバージニア大学

    野球は5歳から始める。その後もさまざまなスポーツを経験するが、マクリーン高校3年生の時に野球一本に絞った。そこでは投手兼遊撃手として活躍。1992-1993年シーズンにはバージニア州のゲータレードプレイヤーオブザイヤーに選ばれ、1993年のドラフトでは7巡目でクリーブランド・インディアンスから指名を受ける。しかし教育熱心な両親の勧めや本人も学位取得に前向きだったため、グライシンガーはインディアンスとは契約せず、バージニア大学へ進学した。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た防御率

    大学進学後は、最初の2年間で9勝12敗、防御率4.75という成績を残す。大学3年時のには123イニングを投げ12勝2敗、防御率1.76、奪三振141という成績を残し、チームの主力として活躍するだけでなく、アトランタオリンピックの野球アメリカ合衆国代表にも選ばれ、大会では3勝を挙げアメリカ代表の銅メダルに貢献している。同年のドラフトにおいて、デトロイト・タイガースから1巡目(全体6位)で指名を受けプロ入りする。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示