1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示
  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た2007年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    開幕からの活躍が認められ、オールスターゲームに来日1年目ながら監督推薦で出場メンバーに選ばれ、7月21日の第2戦目に登板。5回裏から登板し、無失点に抑えた。また、16勝でセ・リーグ最多勝のタイトルを獲得した。他にも、先発登板数、無四球試合数、投球回数、被安打率、与四死球率、被出塁率、被長打率など、様々な部門でリーグ1位を記録した。また、リーグ特別表彰としてスピードアップ賞も受賞している。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た2008年の日本シリーズ

    2008年、先発ローテーションの一角として17勝をあげ、2年連続でセ・リーグ最多勝投手となる。この年、古巣の対東京ヤクルトスワローズ戦では6試合登板して5勝0敗・防御率1.58であったが、対埼玉西武ライオンズ戦では2試合で0勝2敗・防御率14.00であった。クライマックスシリーズでは第1戦に先発登板し、4回1/3を3失点(自責点2)で降板。日本シリーズでは第4戦に登板したが、西武を相手に2本塁打を浴び、5回5失点で敗戦投手となる。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た東京ドーム

    4月3日、対広島東洋カープとの開幕戦(東京ドーム)でメジャー・韓国・ヤクルト時代を通じて自身初となる開幕投手(巨人の外国人投手では1999年のバルビーノ・ガルベス以来)を務めるが、3回6失点で敗戦投手となる。シーズンでは、防御率も一時期5点台となるが、13勝6敗で対阪神戦では4勝0敗、対ヤクルト戦では3勝1敗と強さを見せた。この年のシーズン中に右ひじを痛め、2010年3月1日に検査のため帰国。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た最多勝利

    最多勝:2回 (2007年、2008年)セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見たメジャーリーグベースボール

    バージニア大学を卒業してから、1997年にデトロイト・タイガースに入団し、2年目の1998年6月3日にMLBデビューを果たす。この年は21試合に先発し6勝を挙げるものの、このシーズンがMLBに最も長くいたシーズンとなり、以後はMLBとマイナーリーグとを行き来する生活を送ることになる。セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

  • セス・グライシンガー

    セス・グライシンガーから見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:2回 (2007年6月、2008年7月)セス・グライシンガー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
56件中 51 - 56件表示

「セス・グライシンガー」のニューストピックワード