前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示
  • パンク・ロック

    パンク・ロックから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    アメリカのニューヨークのボヘミアン的なロック・シーンに産声を上げ(ラモーンズ、パティ・スミスなど)、1976年にはその影響を受けたセックス・ピストルズがイギリスのロンドンでデビュー。その後、イギリスに同傾向のバンドが続々と登場し、ロックの一時代を築いた。当初は反体制的、または左翼的なメッセージを歌うバンドが多かったが、次第に政治的な色彩は弱まっていった。パンクの音楽性の一部はニュー・ウェイヴに引き継がれた。パンク・ロック フレッシュアイペディアより)

  • リッチ・キッズ

    リッチ・キッズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    リッチ・キッズ('')は、イギリスのニュー・ウェーヴバンド。1977年にセックス・ピストルズ脱退後のグレン・マトロックを中心に結成された。バンド名はマトロックがジャン・コクトーの著作の一部より引用した。リッチ・キッズ フレッシュアイペディアより)

  • パンク (サブカルチャー)

    パンク (サブカルチャー)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    パンクというサブカルチャーは、パンク・ロックという大音量で激しいロックを録音か生で聴くことを中心としており、パンク・ロックを省略して「パンク」と呼ぶようになった。多くのパンク・ロックは1960年代のガレージロックや1970年代のパブロックを踏襲して歪みの激しいギターと騒々しいドラムの演奏がつき物だが、一部のパンクバンドは他のサブジャンルの要素を取り入れた。例えば、ヘヴィメタル(1980年代中ごろのディスチャージ)やフォークロック(ビリー・ブラッグ)がある。パンクのサブカルチャーは独自スタイルのパンク・ロックに対応して生まれるが、パンク・ロックの全てのスタイルに対応してサブカルチャーが生まれたわけではない。パンク・ロックの歌は短いことが多く、アレンジやコード進行は比較的単純である。歌詞はパンク的価値とイデオロギーを表現しており、セックス・ピストルズの "No Future" のニヒリズム的な歌詞から、生真面目で反ドラッグ的メッセージを伝えるマイナー・スレットの "Straight Edge" まで、様々である。パンク・ロックでは、ソロよりもバンドの方が普通である。パンクバンドの一般的構成としては、ギターが1人か2人、ベースが1人、ドラムが1人で、ボーカルは演奏者の1人が担当することもある。バンドによってはメンバーがバックアップボーカルを担当することもあるが、それはポップバンドでの甘いハーモニーを奏でるようなものではなく、スローガンを叫んだり、繰り返したりするものである。パンク (サブカルチャー) フレッシュアイペディアより)

  • シド・アンド・ナンシー

    シド・アンド・ナンシーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのベーシストであったシド・ヴィシャスと彼の恋人であったナンシー・スパンゲンの短くも過激な愛を描きあげた傑作ラブストーリー。シド・アンド・ナンシー フレッシュアイペディアより)

  • 亜矢

    亜矢から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    高校へ進学するものの、音楽の道に進むことを決心して半年で退学、バンドを組んで音楽活動を開始する。家を出てさまざまなアルバイトをしながら札幌ほか道内各地を放浪する。ボーカルではなくギタリストとしてセックス・ピストルズやホールなどのコピーバンドで活動していたが、本当に自分のやりたいことを見つけるために東京に行くことを決意。亜矢 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・リバティーンズ

    ザ・リバティーンズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    3曲レコーディングするために、プロデューサーにセックス・ピストルズの作品を手掛けたことのあるグウィン・マシアス(Gwyn Mathias)を迎え、オデッサ・スタジオへ入った。しかし、バンドは自分たちが用意してきたドラマーに落胆し、 マシアスはポール・デュフール (Paul Dufour、別名:ミスター・ラズコックス〈Mr. Razzcocks〉) をヘルプとしてバンドに入れた。デュフールは、50ポンドでレコーディングに加わることを同意した。彼は54歳であり、他のメンバーよりかなり年上だった。年齢差は大きかったものの、デュフールはバンドに加わったことで十分感動していた。バンドは、より多くのレコーディングをし始め、さらに遠くの開催地でギグをするようになった。ザ・リバティーンズ フレッシュアイペディアより)

  • マルコム・マクラーレン

    マルコム・マクラーレンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    マルコム・ロバート・アンドリュー・マクラーレン(Malcolm Robert Andrew McLaren、1946年1月22日 - 2010年4月8日)はイギリスのロックバンドのマネージャー、ファッションデザイナー、ミュージシャン、起業家。セックス・ピストルズおよびニューヨーク・ドールズの仕掛人として知られる。マルコム・マクラーレン フレッシュアイペディアより)

  • ニューロティック・アウトサイダーズ

    ニューロティック・アウトサイダーズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ニューロティック・アウトサイダーズ(Neurotic Outsiders)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッドで1995年に結成されたスーパーグループ。メンバーは、元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズ(ボーカル&ギター)、当時ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーであったダフ・マッケイガン(ボーカル&ギター)とマット・ソーラム(ボーカル&ドラムス)、当時デュラン・デュランのメンバーであったジョン・テイラー(ボーカル&ベース)の4人。ニューロティック・アウトサイダーズ フレッシュアイペディアより)

  • フェイセズ

    フェイセズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ザ・フーやローリング・ストーンズのような同時代のバンドと比較すると、フェイセズの成功は若干地味目であるが、彼らはパンク・ロックの誕生に重大な役割を果たしたと言える。彼らの精力的で、そしてしばしばアルコールの多く入ったライブ・パフォーマンスおよびスタジオ・アルバムはザ・ダムドやニューヨーク・ドールズ、そしてセックス・ピストルズといったバンドの結成に大きな影響を与えた。パンク・ムーブメントの終了に続いて、フェイセズの影響はレプレイスメンツからブラック・クロウズ、最近ではパール・ジャム、シャーラタンズ、ホワイトアウト、ステレオフォニックスといったロック・リバイバリストたちに影響を与えている。フェイセズ フレッシュアイペディアより)

  • THE HIGH-LOWS

    THE HIGH-LOWSから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    11月16日、セックス・ピストルズの初来日となる日本武道館ライブでオープニング・アクトを務める。THE HIGH-LOWS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
266件中 1 - 10件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード