266件中 111 - 120件表示
  • ファイアー&ガソリン

    ファイアー&ガソリンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    「I DID U NO WRONG」はセックス・ピストルズ時代の楽曲のセルフ・カヴァーで、この曲にはアクセル・ローズとがボーカルで参加している。また、アストベリーは共同プロデューサーとしても貢献した。ファイアー&ガソリン フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ジョー・アームストロング

    ビリー・ジョー・アームストロングから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    12歳になり、ビリーは地元のミドルスクールに進学、そこでマイク・ダーントと出会う。10代の頃のビリーは、他の同世代と同じくメタルやハードロックを好んで聴いていたが、セックス・ピストルズの「ホリデー・イン・ザ・サン」を聞いて以降パンクに傾倒していくこととなる。やがて地元の高校へと進学するが、1990年2月の18歳の誕生日を目前に音楽の道を志し、退学。マイクと共にグリーン・デイ前身のバンドとなるスウィート・チルドレンを結成。家出をし、共に自活するようになる。ビリー・ジョー・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ここでキスして。

    ここでキスして。から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    この楽曲は椎名が福岡に住んでいた頃に書かれ、当時付き合っていた男性へのストレートな思いが綴られている。またデビュー前に活動していたバンドのメンバーに聴かせたところ「売れ線の曲だな」と言われたという。歌詞にセックス・ピストルズの二代目ベーシストのシド・ヴィシャスが登場するが、椎名は彼の大ファンで、「儚い少年みたいな人」と評価している。ここでキスして。 フレッシュアイペディアより)

  • 安全ピン

    安全ピンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    安全ピンは布や服を留めるためのありふれた日用品としての用途のほか、パンク・ファッションでは装飾品に使われることもある。1970年代半ば以降のイギリスでは、安全ピンは労働者階級の若者の反逆の意思を示すものとして使われた。もとはアメリカのシンガーソングライター・作家のリチャード・ヘルが、髪の毛を尖らせ、引き裂いた裂け目を安全ピンで留めた服を着ていたが、マルコム・マクラーレンがイギリスでセックス・ピストルズを売り出す際にリチャード・ヘルのファッションや態度を元にしたため安全ピンはパンク・ファッションに取り入れられた。安全ピン フレッシュアイペディアより)

  • 座禅エクスタシー

    座禅エクスタシーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    なお、ビデオにはコンサートで6曲目に披露された「EMI(セックス・ピストルズ「拝啓EMI殿」カバー)」の収録が見送られた。座禅エクスタシー フレッシュアイペディアより)

  • ダニー・カリフォルニア

    ダニー・カリフォルニアから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジミ・ヘンドリックス、エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、バディ・ホリー、ザ・ゾンビーズ、ミスフィッツ、プリンス、パーラメント、ファンカデリック、デヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、セックス・ピストルズ、モトリー・クルー、ニルヴァーナなどダニー・カリフォルニア フレッシュアイペディアより)

  • スリッツ

    スリッツから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ヴォーカリストのアリ・アップ(1962年 - 2010年)は本名をアリアンナ・フォスターといい、祖父はドイツ人の新聞社社長である。また母のノラは、のちにセックス・ピストルズのリーダージョニー・ロットンと再婚したことでも知られている。当時、ノラはクリス・スペディングと同棲しており、そこに転がりこんだジョー・ストラマーと交際していたパルモリヴと、アリ・アップが知り合ってバンド結成に至った。スリッツ フレッシュアイペディアより)

  • 星井七瀬

    星井七瀬から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    好きな音楽には、椎名林檎、70年代のロック、セックス・ピストルズ、クラッシュ、T・レックスや、レディオヘッド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ニルヴァーナ、ビョーク、マルーン5などを挙げている。中でも椎名林檎は目標とするほどで、彼女と同じEMIミュージック・ジャパンに所属した際はひどく感激したという。星井七瀬 フレッシュアイペディアより)

  • オックスフォード・ストリート

    オックスフォード・ストリートから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    オックスフォード・ストリートの店舗で最も特徴的なのはデパートであろう。ハロッズに次ぐ規模でイギリスを代表する百貨店4つが本店を構えている。マークス&スペンサー最大の店舗もある。衣料品店としては世界最大の店舗面積を誇るTopshop、そして日本のユニクロやH&Mの旗艦店などもある。またオックスフォード・ストリートは世界的な音楽販売チェーンの創業地でもある。HMVは1921年、オックスフォード・ストリート363番地に最初の店をオープンした。ヴァージンメガストアも1971年、ストリートの東端に最初の店をオープンしている。またストリート周辺にはローリング・ストーンズが初めてステージに立ったMarquee Clubやセックス・ピストルズやオアシスも演奏した100 Clubなどライブハウスやナイトクラブが軒の連ねている。オックスフォード・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • 24アワー・パーティー・ピープル

    24アワー・パーティー・ピープルから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    不況の嵐が吹き荒れる1976年6月4日のマンチェスターのレッサー・フリー・トレイド・ホールで行われたセックス・ピストルズのライヴ。ライヴの観客は42人、その中には後にシンプリー・レッドを結成するミック・ハックネル、後にジョイ・ディヴィジョンとなるワルシャワのメンバー、後にバズ・コックスのメンバーとなるハワード・ディヴォード、後にザ・スミスのメンバーとなるモリッシー、ニュース・キャスターであり後にファクトリー・レコードを創設するトニー・ウィルソンがいた。24アワー・パーティー・ピープル フレッシュアイペディアより)

266件中 111 - 120件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード