266件中 131 - 140件表示
  • ザ・ストーン・ローゼズ

    ザ・ストーン・ローゼズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1986年5月にカズンズが脱退し、ローゼズは4人編成となる。1987年5月にはFM Revolverよりセカンド・シングル「サリー・シナモン」を発表。これまでのセックス・ピストルズ調のノイズを轟々と響かせた曲から一転し、バーズ調のメロディ重視の楽曲へと大きな変化を遂げる。初期プレスの1000枚は完売し、全英インディーチャートで最高3位を記録した。6月にツアーを行うがこのころにピート・ガーナーが脱退を申し込んでいる。イアンは後に「俺たち、ツアーに出るにはピートは良いベーシストじゃないんじゃないかって話してたんだ。俺たちはあいつの評判が良くないことを耳にしていて、『どうしよう、ピートはマジで最高に良いヤツなのに』って困っていたんだけど、ピートが自分から辞めたいと言ってくれてね。それで、俺たちは救われたんだ。あいつは『お前らはビッグになりそうな予感がするけど、自分はその一人として貢献できそうにない』と言ってきた。つらかったよ。」と語っている。ザ・ストーン・ローゼズ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤ミチロウ

    遠藤ミチロウから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    大学卒業後、ベトナムなど東南アジアを放浪。帰国後に東京へ上京し、友部正人のバックでベースを務めたり、一人弾き語りをするうちに当時住んでいたアパートの前の喫茶店で流れていたセックス・ピストルズ、パティ・スミスなどに感化され、アパートに住んでいた住人で【コケシドール】というバンドを結成する。遠藤ミチロウ フレッシュアイペディアより)

  • さらば青春の光 (映画)

    さらば青春の光 (映画)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ピート・タウンゼントはジミー・クーパー役には元セックス・ピストルズのボーカリスト、ジョン・ライドンに演じて欲しかったと後年語っている。さらば青春の光 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クリス・スペディング

    クリス・スペディングから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1976年3月、セックス・ピストルズの最初のデモ・テープのプロデュースを請け負い、"Problems", "No Feelings", "Pretty Vacant"の3曲をレコーディング。クリス・スペディング フレッシュアイペディアより)

  • クレイジー・タウン

    クレイジー・タウンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    イギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズ()の映画『()』の監督を務め、現在はFireball Interactiveなるデザイン会社を経営、1stアルバムの『The Gift of Game』やローリング・ストーンズの作品のアートワークを手がけたというアコースティックな父を持つ。ミスフィッツ()、 ()、セックス・ピストルズ()といったパンク・ロック/ハードコア、ビースティ・ボーイズ()、Run-D.M.C.などのヒップホップから影響を受けている。毎日、スケボーであちこち駆るストレートキッズだった。モヒカンにし、ブレイクダンスに興じていたこともある。クレイジー・タウンというバンド名の由来についてSeth "Shifty" Binzerは、「オレにはギャング団の構成員で、いつもヤバいヤツらとつるんでいたっていう過去がある。自分達を"ウェストサイド・クレイジー"なんて呼んでいたから、どうしても"クレイジー"っていう言葉を入れたかったんだ」と語っている。クレイジー・タウン フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ウェラー

    ポール・ウェラーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのライブにインスパイアされ、バンドは徐々にモータウンなどのR&Bを高速で演奏するスタイルに変化。やがてオリジナル中心となり、1977年4月29日にファースト・シングル「イン・ザ・シティ」をリリースすると、いきなりナショナルチャート入りを果たす。パンクを基調にしたサウンドながら当時のパンクスとは違い全員がおしゃれなスーツを纏って演奏するクールなスタイルと、ウェラーのキンクス、スモール・フェイセス、ザ・フーといったモッズアーティストに追随する姿が受け、「モッズ・リバイバル」と呼ばれるブームを巻き起こす。ジャムは順調にヒットを飛ばして成長を遂げ、1980年3月には10枚目のシングル「ゴーイング・アンダーグラウンド」が全英1位に輝き、全英ナンバーワンバンドと言われるほど絶大な人気を集めた。ポール・ウェラー フレッシュアイペディアより)

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

    レッド・ホット・チリ・ペッパーズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    チリ・ペッパーズが少年期に大きく影響を受けたのは、キッスやレッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックスなどのハードロックや、セックス・ピストルズやザ・クラッシュ、ギャング・オブ・フォー、ラモーンズ、ザ・ストゥージズなどのパンク・ロックである(ヒレルとジャック、フリーの3人は、高校時代これらのカバーバンドをやっていた)。レッド・ホット・チリ・ペッパーズ フレッシュアイペディアより)

  • PONK!!

    PONK!!から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジャケットで使用されている写真は、英国の衛兵が実際に貧血で倒れている場面だそうだが、同じ写真(ただしそちらはカラー)がSex Pistolsのベスト盤『Jubilee』のジャケットにも使用されている。PONK!! フレッシュアイペディアより)

  • イアン・カーティス

    イアン・カーティスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    バンド結成を目指し、メンバー探しにマンチェスターのパブやクラブを巡る中で、バーナード・サムナーとピーター・フックに出会う。1976年7月20日マンチェスターで行われたセックス・ピストルズのギグを見て大きな衝撃を受け、サムナーとフックが結成したバンドにボーカルとして応募する。このギグはセックス・ピストルズのマンチェスターでの2回目の公演で、サムナーとフックはすでに1回目の6月4日のギグを見て触発され、バンドを結成していた。ボーカルが決まらず、募集広告を出していたが、すでに知り合いだったカーティスの応募により即決。1977年に初めてステージに立つ。バンド名は「ワルシャワ」で、当時はまだドラマーが定まっていなかった。しばらくして、イアンの母校の後輩であったスティーヴン・モリスがドラマーとして加入し、メンバーが固定する。イアン・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • 女王陛下万歳

    女王陛下万歳から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズはこの曲を揶揄して同名の曲「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」を作った。エリザベス女王在位25周年祝典の日にテムズ川のボートでゲリラライヴを行い、歌詞が異なる「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」を演奏し逮捕された。女王陛下万歳 フレッシュアイペディアより)

266件中 131 - 140件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード