266件中 11 - 20件表示
  • ナンシー・スパンゲン

    ナンシー・スパンゲンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ナンシー・ローラ・スパンゲン(Nancy Laura Spungen、1958年2月27日 - 1978年10月12日)はフィラデルフィア出身の女性。イギリスのパンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのベース奏者シド・ヴィシャスの恋人。ヴィシャスとの破滅的な交際ののち、殺害された。ナンシー・スパンゲン フレッシュアイペディアより)

  • ディスチャージ (バンド)

    ディスチャージ (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    バンド名はセックス・ピストルズの「Bodies」内の歌詞より。GIGのブッキングは、当時の友人、Tanya Richが行った。ディスチャージ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・サンダース

    ジョニー・サンダースから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1973年、デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。プロデューサーはトッド・ラングレン。1974年、2作目の『悪徳のジャングル』発表。後期ニューヨーク・ドールズのマネージャーは、後にセックス・ピストルズをデビューさせたマルコム・マクラーレンであった。ジョニー・サンダース フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ドールズ

    ニューヨーク・ドールズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1974年、2作目の『悪徳のジャングル』発表。後期ニューヨーク・ドールズのマネージャーは、後にセックス・ピストルズをデビューさせたマルコム・マクラーレンであった。ニューヨーク・ドールズ フレッシュアイペディアより)

  • アナーキー (バンド)

    アナーキー (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    アルファベットでは「ANARCHY」、漢字では「亜無亜危異」(または「亞無亞危異」)と記す。バンド名の由来はセックス・ピストルズの楽曲「アナーキー・イン・ザ・UK」から名づけられた。アナーキー (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 甲本ヒロト

    甲本ヒロトから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    中学生時代、セックス・ピストルズに衝撃を受け、「中学を卒業したら高校へは行かずに、上京してロックンローラーになりたい」と親に言うも、反対される。甲本ヒロト フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ライドン

    ジョン・ライドンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジョニー・ロットン(、「腐れのジョニー」の意)のニックネームでパンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのリード・ヴォーカルを務め、解散後はパブリック・イメージ・リミテッド(PiL)を結成した。ジョン・ライドン フレッシュアイペディアより)

  • ノエル・ギャラガー

    ノエル・ギャラガーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    2002年のニュースステーションにおけるインタビューで「ビートルズは大好きだし、彼らと比べられるのは光栄だけど、オアシスとビートルズが音楽的に似ていると感じたことはない。彼らのファッションとか物の見方には影響を受けているけど、音楽的にはローリング・ストーンズやセックス・ピストルズの方がより近いんじゃないかな」と発言をしている。ノエル・ギャラガー フレッシュアイペディアより)

  • 椎名林檎

    椎名林檎から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    クラシック好きでジャズやポピュラー・ミュージックへの造詣も深い父親と古い歌謡曲が好きでバレエ経験のある母親の間に生まれ、音楽的環境に恵まれた家庭に育つ。音楽的原体験はドビュッシーのピアノ曲。バレエやピアノを習っていた影響で幼少期にはクラシック音楽を好んでいたが、ピアノ曲以外はあまり好きではなく、交響曲でもバレエ音楽ばかりを聞いていた。歌のある曲にはほとんど興味がなかったが、父親の影響でザ・ピーナッツは好きだった。小学生の頃は、映画『風の谷のナウシカ』のサウンドトラックや母親の好きだった五輪真弓、太田裕美、朱里エイコ、大塚博堂、寺尾聡、来生たかお、ペドロ&カプリシャス、長谷川きよしのような古い歌謡曲、そして父親の好きだった渡辺貞夫やビリー・ジョエルおよびニーナ・シモン、サラ・ボーン、エラ・フィッツジェラルドなどの女性ジャズ・ボーカリストを好んで聞いていた。中学生になると、兄の影響でモータウンやソウル・ミュージック、R&Bなどのブラック・ミュージックに傾倒するようになり(フェイバリット・アーティストはマーヴィン・ゲイ)、邦楽をまったく聞かなくなった。高校に進むとBLANKEY JET CITYをきっかけに日本語の歌詞を受け入れて再び邦楽も聞くようになり、洋楽ではレディオヘッドやビョークを聞いていた。セックス・ピストルズには音よりもビデオなど映像の方で影響を受け、音として多く聴いていたのはレッド・ホット・チリ・ペッパーズやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パール・ジャムなど。高校を辞めた後は感覚が昔に戻ったのか、改めてトッド・ラングレンやレッド・ツェッペリン、ビートルズなどを聞き直していた。椎名林檎 フレッシュアイペディアより)

  • イギー・ポップ

    イギー・ポップから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    その後も、タンジェリン・ドリームのクラウス・クリーガー(アルバム『ニュー・ヴァリューズ』)、元セックス・ピストルズのグレン・マトロックと元パティ・スミス・グループのアイヴァン・クラール(『ソルジャー』)、スティーヴ・ジョーンズ(『ブラー・ブラー・ブラー』『インスティンクト』『アメリカン・シーザー』)、元MC5(ツアーメンバー)、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュとダフ・マッケイガン(『ブリック・バイ・ブリック』)、ライ・クーダーやジャクソン・ブラウンとのセッションで知られるデヴィッド・リンドレー(『ブリック・バイ・ブリック』)、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ、ボニー・レイットを手がけたプロデューサーのドン・ワズ(『ブリック・バイ・ブリック』『アベニューB』)など充実したメンバーたちと活動するが、以前ほどの大きな評価は得られることはなかった。イギー・ポップ フレッシュアイペディアより)

266件中 11 - 20件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード