266件中 41 - 50件表示
  • ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック

    ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロックから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズ の『ANARCHY IN THE U.K.』ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック フレッシュアイペディアより)

  • キラー (アルバム)

    キラー (アルバム)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    Greg Pratoはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「バンドはステージで猟奇的なショウを披露しており、"Dead Babies"やタイトル・トラックのように不穏な楽曲は、それと完璧な調和を見せている」「長大で曲がりくねった"Halo of Flies"は、バンドが後のアルバムで、より複雑な構造の曲に取り組むことを示唆しているが、一方で"You Drive Me Nervous"や"Yeah, Yeah, Yeah"といった曲は、アリス・クーパーが初期のガレージロック的な方向性を完全に捨て去ったわけではないことを示している」と評している。また、ジョン・ライドンはアリス・クーパーが「セックス・ピストルズに最も大きなインスピレーションを与えた」と語っており、本作を「歴史上最も偉大なロックン・ロール・アルバム」と評している。キラー (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • パブロック

    パブロックから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズを前座としたこともあるThe 101'ersに所属したジョー・ストラマー(ザ・クラッシュのボーカル/ギター)など、パンクロックとされるバンドのうちでも、パブロックシーンにいたメンバーも少なくない。パブロック フレッシュアイペディアより)

  • DOLL MAGAZINE

    DOLL MAGAZINEから見たセックスピストルズセックス・ピストルズ

    ラモーンズやセックスピストルズ、クラッシュ、ミスフィッツ、グリーン・デイなど、海外アーティストの特集なども数多く組まれている。DOLL MAGAZINE フレッシュアイペディアより)

  • 彼女のシニヨン

    彼女のシニヨンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズの「Bodies」をモチーフに作られたR&Rナンバー。現在でもライブ終盤に演奏されることが多い。彼女のシニヨン フレッシュアイペディアより)

  • パンク・ファッション

    パンク・ファッションから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1970年代後半、ロンドンでヴィヴィアン・ウエストウッドのブランドを取り扱っていた店の経営者マルコム・マクラーレンがメンバーを集めて結成したとされるセックス・ピストルズの衣装に端を発する。マルコムは、ニューヨーク・ドールズのマネージャー時代に出会ったリチャード・ヘルのルックスに感銘を受け、そこに安全ピンや缶バッジなどをつけ足すことで、セックス・ピストルズのルックスを完成させた。高級ブランドのヴィヴィアン・ウエストウッドの前身SEDITIONARIESは日本でパンク・ファッションの代名詞のように言われているが、セックス・ピストルズの衣装は殆どが自作の安物だったとされている(ヴィヴィアン・ウェストウッドと一番深い関わりのあったジョニー・ロットンだけはヴィヴィアンにガーゼシャツなどの高価な洋服を譲ってもらっていた)。しかしジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)によると、ジョンが自分でアレンジした服が数週間後には「SEX」に並んでいたという。パンク・ファッション フレッシュアイペディアより)

  • クラス (バンド)

    クラス (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1977年にセックス・ピストルズが巻き起こしたロンドン・パンク・ムーブメントはメジャーシーンではすぐに収斂したが、アンダーグラウンドシーンで復活した。その代表的なバンドである。イギリスの政権が労働党から保守党(サッチャー首相)に移ってからは、とくに反戦、反核、フェミニズム、動物愛護、環境保護等について強力なメッセージを発信し、フォークランド戦争の際は激しい反対運動を行った。アナーコ・パンク(無政府主義パンク)の代表的バンドとして知られる。その人気と影響力の強さにより、左翼と右翼の双方から仲間になって欲しいと求められたが、「左翼でも右翼でもなく、アナーキストである」と第3の立場を打ち出し、両翼から少なくとも敵と見なされることを逃れた。クラス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージコックス

    ジョージコックスから見たセックスピストルズセックス・ピストルズ

    この店はセックスピストルズと関係が深い店であり、彼らセックスピストルズや、ダムド、ストラングラーズなど、さまざまなバンドがジョージコックス社の製品を身につけることにより、パンクムーブメントに広がりとともに、パンクスやロックミュージシャンたち愛用のメーカーとして認知されていくようになる。ジョージコックス フレッシュアイペディアより)

  • スクリーミング・ロード・サッチ

    スクリーミング・ロード・サッチから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    80年代から90年代にかけても「ロック&ホラー」、「マーダー・イン・ザ・グレイブ・ヤード」、「ライブ・マニフェスト」などのアルバムや「ルーニー・ロック」「ロンドン・ロッカー」「ミッドナイト・マン」「ナンバー・テン・オア・バスト」などのシングルを発表。また60年代のシングル曲を集めたコンピレーションアルバムも90年代にイギリスEMIより発売されている。ライブ活動も継続していた(セックス・ピストルズのデビューライブはサッチの前座としてである)。スクリーミング・ロード・サッチ フレッシュアイペディアより)

  • キース・レヴィン

    キース・レヴィンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズの分解後、パブリック・イメージ・リミテッド (PiL) をジョン・ライドンと結成。キース・レヴィンのギタープレイは多くのパンク・ロッカー他(U2のエッジ等)に模倣された。後期PiLのレコーディングでは、キース・レヴィンはしばしばシンセサイザーを取り入れるため、ギターの使用を控えた。1980年から1981年にかけて、キース・レヴィンはパブリック・イメージ・リミテッドのアルバム『フラワーズ・オブ・ロマンス』 (Flowers of Romance) 完成後、マーガレット?パターソン博士によってヘロイン中毒の治療を数週間行っている。彼は1983年の東京でのライブを目前にバンドを辛辣に去った。キース・レヴィンはPiLが『ディス・イズ・ホワット・ユー・ウォント…ディス・イズ・ホワット・ユー・ゲット』 (This Is What You Want... This Is What You Get) に取組んでいた頃、オリジナル・ヴァージョンを『コマーシャル・ゾーン』 (Commercial Zone) というタイトルでリリースしている。キース・レヴィン フレッシュアイペディアより)

266件中 41 - 50件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード