228件中 41 - 50件表示
  • スリッツ

    スリッツから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ヴォーカリストのアリ・アップ(1962年 - 2010年)は本名をアリアンナ・フォスターといい、祖父はドイツ人の新聞社社長である。また母のノラ(クリス・スペディングと同棲しており、そこに転がりこんだジョー・ストラマーと交際していたパルモリヴと知り合いバンド結成)は、のちにセックス・ピストルズのリーダージョニー・ロットンと再婚したことでも知られている。スリッツ フレッシュアイペディアより)

  • バズコックス

    バズコックスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディボートによって結成さた。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。バズコックス フレッシュアイペディアより)

  • スージー・アンド・ザ・バンシーズ

    スージー・アンド・ザ・バンシーズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スー(Siouxsie Sioux)とベースのスティーヴ・セヴェリン(Steven Severin)を中心に結成された。ドラムとしては主としてバッジー(Budgie)が参加。ギターは頻繁にメンバー・チェンジを繰り返したが、初期には元マガジンのジョン・マクガフ(John McGeoch)が加入、後にはザ・キュアーのロバート・スミス(Robert Smith)らがゲスト参加した。スージー・アンド・ザ・バンシーズ フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル

    モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバルから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    付随したチャリティー企画で、アンチ・ドラッグ/アルコール・キャンペーンのオムニバス・アルバム『Stairway to Heaven/Highway to Hell 』が、1989年11月にマーキュリー・レコードから発売された。コンサートの出演者がそれぞれ、ザ・フーやセックス・ピストルズ、ジミー・ヘンドリックス、シン・リジィ、ジャニス・ジョップリン、トミー・ボーリン、レッド・ツェッペリンのカヴァーを収録している。また、3曲のジャムが収録されている。モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コーツ

    ザ・コーツから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    THE BLUE HEARTS結成以前に、甲本ヒロトが結成していたモッズ・バンドである。THE BLUE HEARTSの楽曲である「キスしてほしい」、「NONONO」、「人にやさしく」(当時は、「がんばれのうた」)、「少年の詩」、「ロマンチック」などはこの頃から演奏されていた。また、ビートルズ、ザ・フー、ローリング・ストーンズ、キンクス、オーティス・レディング、セックス・ピストルズなどの楽曲もコピーしていた。前身バンドはラウンドアバウト。ザ・コーツ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハーパー

    ロイ・ハーパーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのジョニー・ロットンのアイドルとしても有名である。その他にも、ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)、ポール・マッカートニー(ビートルズ)、デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、ケイト・ブッシュらに影響を与えてきた。レコードの売上はそれほどではないものの、ミュージシャンの間では高い人気と評価を得ている。独特の作風とマニアックな音楽性で、“孤高の存在”として君臨している。ロイ・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • 町田直隆

    町田直隆から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    尊敬するミュージシャンとしてジョー・ストラマー(ザ・クラッシュ)、エルヴィス・コステロなどを挙げている。ライブではザ・クラッシュの代表曲ロンドン・コーリングを演奏したことがある。またエルヴィス・コステロの「RADIO RADIO」及びザ・クラッシュの「This Is Radio Clash」を想起させる楽曲「Sensational Radio」や、セックス・ピストルズの「アナーキー・イン・ザ・UK」の演奏など、1970年代から80年代の英国音楽に相当の影響を受けているとみられる。町田直隆 フレッシュアイペディアより)

  • The O.C.

    The O.C.から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ライアンと出会い、ボーイフレンドのルークにはない彼の繊細な優しさに惹かれるが、住む世界の違いからすれ違ってしまう。好きな音楽のジャンルはパンクで、セックス・ピストルズやザ・クラッシュなどが好き。The O.C. フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ノヴォセリック

    クリス・ノヴォセリックから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    クリスがセックス・ピストルズやラモーンズを好んで聴くことを知り興味を抱いたカートは、一緒にバンドを組むことを持ちかけたが、気乗りしなかったクリスはこの申し出を断った。しかし、カートから渡されたバンドのデモテープを聴き、彼の音楽的才能に感銘を受けたことで遂にバンド結成に同意した。これがニルヴァーナの始まりである。クリス・ノヴォセリック フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ジャム

    ザ・ジャムから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジャムはよくパンク・ロックに分類される事が多く、当時ウェラーも「セックス・ピストルズにインスパイアされた」と語りデビュー当時の作風にはパンクの影響が色濃かったが、ウェラー自身は元々スティーヴ・マリオットやザ・フー、更にモータウンやスタックスといったR&Bの大ファンであり、ファッションにしても細身のスーツ+ネクタイからカラフルなシャツ、スカーフといったパンクとは異なるものをウェラーは当時から(スタカンの前から)スタイリッシュに着こなしていた。そういう意味ではモッズというべきで、モッズを意識した作品を作り続けたことからモッズフリークからは「モッド・ファーザー」とも呼ばれている。ザ・ジャム フレッシュアイペディアより)

228件中 41 - 50件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード