228件中 51 - 60件表示
  • パンク・ファッション

    パンク・ファッションから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1970年代後半、ロンドンでヴィヴィアン・ウエストウッドのブランドを取り扱っていた店の経営者マルコム・マクラーレンがメンバーを集めて結成したとされるセックス・ピストルズの衣装に端を発する。マルコムは、ニューヨーク・ドールズのマネージャー時代に出会ったリチャード・ヘルのルックスに感銘を受け、そこに安全ピンや缶バッジなどをつけ足すことで、セックス・ピストルズのルックスを完成させた。高級ブランドのヴィヴィアン・ウエストウッドの前身SEDITIONARIESは日本でパンク・ファッションの代名詞のように言われているが、セックス・ピストルズの衣装は殆どが自作の安物だったとされている(ヴィヴィアン・ウェストウッドと一番深い関わりのあったジョニー・ロットンだけはヴィヴィアンにガーゼシャツなどの高価な洋服を譲ってもらっていた)。しかしジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)によると、ジョンが自分でアレンジした服が数週間後には「SEX」に並んでいたという。パンク・ファッション フレッシュアイペディアより)

  • イン・ザ・シティ

    イン・ザ・シティから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    音楽的には、この曲は初期ザ・フーの影響を受けたモッズ/パンク(エネルギーと姿勢はパンク世代にアップデートされているが)で、ファーストアルバムの脈となっている。「イン・ザ・シティ」はコード進行と詞の内容をザ・フーのあまり知られていない同名曲(1966年の「アイム・ア・ボーイ」のB面曲。その後CDで再発売された『ア・クイック・ワン』にもボーナストラックで収録)から借りている。この曲のイントロの駆け降りるベースラインは、数か月後にリリースされたセックス・ピストルズの「さらばベルリンの陽」(Holidays In The Sun) に似ている。イン・ザ・シティ フレッシュアイペディアより)

  • クラス (バンド)

    クラス (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1977年にセックス・ピストルズが巻き起こしたロンドン・パンク・ムーブメントはメジャーシーンではすぐに収斂したが、アンダーグラウンドシーンで復活した。その代表的なバンドである。その人気と影響力の強さにより、左翼と右翼の双方から仲間になって欲しいと求められたが、「左翼でも右翼でもなく、アナーキストである」と第3の立場を打ち出し、両翼から少なくとも敵と見なされることを逃れた。クラス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!

    ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    「セット・ザ・ワールド・アファイア」は、ムステインがメタリカを脱退してから間もない頃に書かれた曲で、当初は「メガデス」という仮タイトルが付いていた。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」はセックス・ピストルズのカヴァーで、セックス・ピストルズの元メンバーであるスティーヴ・ジョーンズがゲスト参加した。「イン・マイ・ダーケスト・アワー」は、ムステインの旧友クリフ・バートンの死を悼んで書かれた曲。ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット! フレッシュアイペディアより)

  • シェパーズ・ブッシュ

    シェパーズ・ブッシュから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    シェパーズ・ブッシュから世に出たロック・グループもある。ザ・フーの作品は、1960年代から1970年代にかけてのシェパーズ・ブッシュの若者文化が染み込んでいる。伝説的なパンク・バンドであるセックス・ピストルズは、ギターのスティーヴ・ジョーンズがシェパーズ・ブッシュ生まれ、ドラムのポール・クックがシェパーズ・ブッシュ育ちであった。ふたりはシェパーズ・ブッシュのクリストファー・レン中学校 (Christopher Wren Secondary School) で知り合った。ザ・クラッシュの初期作品にも、シェパーズ・ブッシュやの文化が染み込んでいる。 ザ・リバティーンズや ベイビーシャンブルズでフロントマンを務めたピート・ドハーティは、16歳のときにシェパーズ・ブッシュに引っ越してきた。1980年代のバンドビッグ・カントリーなどで活躍したベーシストのトニー・バトラーは、シェパーズ・ブッシュ生まれである。ブッシュやシンポジウム (Symposium) も、シェパーズ・ブッシュ出身のバンドであり、前者の名は地名に由来するものである。シェパーズ・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーミング・ロード・サッチ

    スクリーミング・ロード・サッチから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    80年代から90年代にかけても「ロック&ホラー」、「マーダー・イン・ザ・グレイブ・ヤード」、「ライブ・マニフェスト」などのアルバムや「ルーニー・ロック」「ロンドン・ロッカー」「ミッドナイト・マン」「ナンバー・テン・オア・バスト」などのシングルを発表。また60年代のシングル曲を集めたコンピレーションアルバムも90年代にイギリスEMIより発売されている。ライブ活動も継続していた(セックス・ピストルズのデビューライブはサッチの前座としてである)。スクリーミング・ロード・サッチ フレッシュアイペディアより)

  • オックスフォード・ストリート

    オックスフォード・ストリートから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    オックスフォード・ストリートの店舗で最も特徴的なのはデーパートであろう。ハロッズに次ぐ規模でイギリスを代表する百貨店4つが本店を構えている。マークス&スペンサー最大の店舗もある。衣料品店としては世界最大の店舗面積を誇るTopshop、そして日本のユニクロやH&Mの旗艦店などもある。またオックスフォード・ストリートは世界的な音楽販売チェーンの創業地でもある。HMVは1921年、オックスフォード・ストリート363番地に最初の店をオープンした。ヴァージンメガストアも1971年、ストリートの東端に最初の店をオープンしている。またストリート周辺にはローリング・ストーンズが初めてステージに立ったMarquee Clubやセックス・ピストルズやオアシスも演奏した100 Clubなどライブハウスやナイトクラブが軒の連ねている。オックスフォード・ストリート フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ヘル

    リチャード・ヘルから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    まもなく、ニューヨーク・ドールズを脱退したジョニー・サンダースとジェリー・ノーランから誘われ、ハートブレイカーズを結成。なお同じ頃、ニューヨーク滞在時にヘルを見初めたマルコム・マクラーレンからも、後にセックス・ピストルズに発展するバンドへの加入要請があったが、断っている。リチャード・ヘル フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤ミチロウ

    遠藤ミチロウから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    大学卒業後、ベトナム等東南アジアを放浪。後東京へ上京し、友部正人のバックでベースを務めたり、一人弾き語りをするうちに当時住んでいたアパートの前の喫茶店で流れていたセックス・ピストルズ、パティ・スミスなどに感化され、そのアパートに住んでいた住人で【コケシドール】というバンドを結成する。遠藤ミチロウ フレッシュアイペディアより)

  • THE END

    THE ENDから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスの『トゥー・ファースト・トゥー・リブ』収録のカヴァー曲。THE END フレッシュアイペディアより)

228件中 51 - 60件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード