266件中 51 - 60件表示
  • ハワード・ディヴォート

    ハワード・ディヴォートから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1952年、リンカンシャーのスカンソープに生まれ、ヌニートンやリーズで育つ。セックス・ピストルズにインスパイアされ、1976年にパンク・ロックバンド、バズコックスを結成しボーカルとしてデビューするが、翌年2月に脱退。同年にマガジンを結成する。ハワード・ディヴォート フレッシュアイペディアより)

  • 勝手にしやがれ!!

    勝手にしやがれ!!から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    『勝手にしやがれ!!』(原題:Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols)は、イギリスのパンクバンド、セックス・ピストルズ唯一のスタジオ・アルバム。1977年10月28日にヴァージン・レコードよりリリースされ、全英アルバムチャート1位を記録。勝手にしやがれ!! フレッシュアイペディアより)

  • シド・シングス

    シド・シングスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズのカヴァー「ボーン・トゥ・ルーズ」は、1977年12月25日に行われたセックス・ピストルズのハダースフィールド公演におけるライヴ・レコーディングで、「マイ・ウェイ」のカヴァーは1978年4月にパリでスタジオ録音された。その他の曲は、1978年9月28日から29日にかけてニューヨークのMax's Kansas Cityでライヴ録音された。シド・シングス フレッシュアイペディアより)

  • ドン・レッツ

    ドン・レッツから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    イングランド、ロンドンに生誕。1975年にはロンドンの流行衣料品店“アクメ・アトラクションズ (Acme Attractions)”を経営した。そこでは鋼青色のズート・スーツやジュークボックスが売られ、ダブ・レゲエが一日中鳴り響いていた。レッツは両親の出身地・ジャマイカからの音楽、特にボブ・マーリーの影響を強く受けていた。1976年6月のハマースミス、オデオンでのマーリーのギグを見た後、マーリーと語り明かし、友達になるためにホテルに忍び込むのに成功した。1970年代半ば、アクメはザ・クラッシュ、セックス・ピストルズ、クリッシー・ハインド、パティ・スミス、デボラ・ハリー、そしてボブ・マーリー等を引き付ける状況を持っていた。ドン・レッツ フレッシュアイペディアより)

  • ウッドストック (漫画)

    ウッドストック (漫画)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    エフェクターはオーバードライブ・ファズ・ワウペダルを使用。好きなアーティストにダムド、セックス・ピストルズなどのパンク・ロック、UKロック、'80年代の日本のインディーズバンド、ジミ・ヘンドリックス、ニール・ヤングなどを挙げている。タバコは吸えない。ウッドストック (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • ジョイ・ディヴィジョン

    ジョイ・ディヴィジョンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1976年6月4日の金曜日、かねてからの友人同士であったバーナード・アルブレヒトとピーター・フックは、マンチェスターのフリー・トレード・ホールで行われたセックス・ピストルズのライブを観に行った。ピストルズのパフォーマンスに衝撃を受けた二人は、すぐに自分たちもバンドを結成することを決意。アルブレヒトがギター、フックがベースを担当することになり、ボーカリストには以前にライヴ会場で顔を合わせたことがあったイアン・カーティスが加入。その後ドラマーを見つけるのに苦労したが、1977年8月にスティーヴン・モリスがバンドに加わったことでメンバーが固まった。ジョイ・ディヴィジョン フレッシュアイペディアより)

  • マニ (ミュージシャン)

    マニ (ミュージシャン)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    音楽との出会いについては「8歳の時からバンドに入りたいと思い始めたんだ。サッカー選手になるほどうまくなかったわけだから、音楽で生きていけてラッキーだよ」「マンチェスター北部の過激なパンクバンドのいくつかでプレイしてたね。基本的にはそんなに真剣じゃなかったけど、学校から帰ると楽器屋に行って、クラッシュやピストルズの楽譜をかっぱらって練習したんだ。俺には聴いた音をシンプルに変換して、弾きやすいようにする能力があったみたいでね。」と語っている。マニ (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • シェパーズ・ブッシュ

    シェパーズ・ブッシュから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    シェパーズ・ブッシュから世に出たロック・グループもある。ザ・フーの作品は、1960年代から1970年代にかけてのシェパーズ・ブッシュの若者文化が染み込んでいる。伝説的なパンク・バンドであるセックス・ピストルズは、ギターのスティーヴ・ジョーンズがシェパーズ・ブッシュ生まれ、ドラムのポール・クックがシェパーズ・ブッシュ育ちであった。ふたりはシェパーズ・ブッシュのクリストファー・レン中学校 (Christopher Wren Secondary School) で知り合った。ザ・クラッシュの初期作品にも、シェパーズ・ブッシュやの文化が染み込んでいる。 ザ・リバティーンズや ベイビーシャンブルズでフロントマンを務めたピート・ドハーティは、16歳のときにシェパーズ・ブッシュに引っ越してきた。1980年代のバンドビッグ・カントリーなどで活躍したベーシストのトニー・バトラーは、シェパーズ・ブッシュ生まれである。ブッシュやシンポジウム (Symposium) も、シェパーズ・ブッシュ出身のバンドであり、前者の名は地名に由来するものである。シェパーズ・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • コントラバンド (アルバム)

    コントラバンド (アルバム)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ボディーズ "Bodies" (セックス・ピストルズのカバー、日本・イギリス盤のみ)コントラバンド (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・パンク

    ニューヨーク・パンクから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやイギー・ポップ(ザ・ストゥージズ)、ニューヨーク・ドールズなどがルーツとされる(諸説あり)。イギリスのセックス・ピストルズなどにも多くの影響を与え、世界的なパンク・ロック・ムーブメントの先駆けとなった。ニューヨーク・パンク フレッシュアイペディアより)

266件中 51 - 60件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード