266件中 61 - 70件表示
  • デッド・ボーイズ

    デッド・ボーイズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ザ・デッド・ボーイズ (The Dead Boys) はスティーブ・ベイターが中心となって1976年に結成されたパンク・ロックバンド。ニューヨークのセックス・ピストルズとも言われ、カルト的な人気を誇った。1977年のメジャーデビューからわずか1年で解散した。デッド・ボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • ミッジ・ユーロ

    ミッジ・ユーロから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1974年、ボーカルのケビン・マッギンリーがソロ活動のため脱退し、バンド名をスリックに改名。ユーロがボーカルも取るようになる。ベイ・シティ・ローラーズのプロデューサーチーム、ビル・マーティンとフィル・コウルターの後押しのもと、セカンドシングル「フォーエヴァー・アンド・エヴァー」が全英1位となり、続いて「レクイエム」、「俺はパンク・ボーイ」とヒットを放ち、ユーロはアイドル・グループのフロントマンとして人気を得る。1975年、セックス・ピストルズの前身バンド・スワンカーズからウォーリー・ナイチンゲールが脱退した際に加入を誘われるが、スリックとの契約の関係から断り、スワンカーズにはジョニー・ロットンが加入し、セックス・ピストルズとしてデビューすることになる。ミッジ・ユーロ フレッシュアイペディアより)

  • Mona Lisa OVERDRIVE

    Mona Lisa OVERDRIVEから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    今井がメインボーカルを担当。タイトルにイギリスのパンクバンド、セックス・ピストルズのベーシストであるシド・ヴィシャスの名が用いられている。ザ・スターリンの楽曲「ロマンチスト」の歌詞を引用しており、歌詞カードに作詞者である遠藤ミチロウへの敬意が記載されている。Mona Lisa OVERDRIVE フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグラス

    スーパーグラスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    12月23日、ホットラッツのカバーアルバム『ターン・オンズ』が日本先行発売(その他の国では翌年1月に発表)。セックス・ピストルズ、デヴィッド・ボウイ、ビースティー・ボーイズ、ザ・キュアー、ピンク・フロイド、ザ・ドアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ロキシー・ミュージック、ザ・キンクス、エルヴィス・コステロ、スクイーズらのカバー曲が収録された。スーパーグラス フレッシュアイペディアより)

  • ロブ・ハーパー

    ロブ・ハーパーから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1976年12月、セックス・ピストルズの悪名高い『アナーキー・ツアー』をサポートするザ・クラッシュに参加。このツアーは低俗さのため、多くの会場でキャンセルされたことで有名である。ロブ・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • コクトー・ツインズ

    コクトー・ツインズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    バンドは、当時、ジョイ・ディヴィジョン、バースデー・パーティー、セックス・ピストルズ、スージー・アンド・ザ・バンシーズの影響を受けており、コクトー・ツインズというバンド名は、シンプル・マインズの初期の未発表曲に由来している。コクトー・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーソニック&デモニック・リリックス

    スーパーソニック&デモニック・リリックスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのカバー。『デケイド・オブ・デカダンス』収録曲スーパーソニック&デモニック・リリックス フレッシュアイペディアより)

  • HOLIDAYS IN THE SUN

    HOLIDAYS IN THE SUNから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    アルバムタイトルは、セックス・ピストルズの楽曲「さらばベルリンの陽(英題:Holidays in the Sun)」から。HOLIDAYS IN THE SUN フレッシュアイペディアより)

  • G.B.H. (バンド)

    G.B.H. (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    結成当初は時節柄、セックス・ピストルズの影響下にあるパンクロックを演奏していたが、次第にバーミンガムの先人ブラック・サバスや、モーターヘッドといったハード・ロックの影響も受け、ハードコアの志向を明確にする。1980年代初期には100クラブでのギグを始めとし、英国、米国でツアーを行った。G.B.H. (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • カシミール (曲)

    カシミール (曲)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    パンク・ロックの象徴とも言うべきセックス・ピストルズのヴォーカル、ジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)は、商業主義にまみれたスーパーバンドを口汚くののしった。レッド・ツェッペリンも「ダイナソーロック」などと代名し批判。しかし1980年代以降、ロットンは自らのステージで「カシミール」を歌うようになり、さらにはプラント本人に対して「『カシミール』のような歌詞はとても書けない」と告白している。この曲の独自性とインパクトとを物語る好個の例と言えよう。カシミール (曲) フレッシュアイペディアより)

266件中 61 - 70件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード