266件中 71 - 80件表示
  • グレン・マトロック

    グレン・マトロックから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    グレン・マトロック(、1956年8月27日 - )は、イギリスのミュージシャン。セックス・ピストルズのオリジナルメンバー。シド・ヴィシャス加入以前、及び1996年の再結成以降のベーシストとして活動。グレン・マトロック フレッシュアイペディアより)

  • ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画)

    ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』(原題:The Great Rock 'n' Roll Swindle)は、パンク・ロックバンド、セックス・ピストルズのドキュメンタリー映画。ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画) フレッシュアイペディアより)

  • P (バンド)

    P (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    このバンドの唯一のリリースは、エポニム・アルバム『P』である。オリジナル盤は1995年11月21日にキャピトル・レコードからリリースされた。このアルバムは、後に2007年5月8日にキャロライン・レコードから再発売されている。バンドのメンバーは、ギビー・ヘインズ(バットホール・サーファーズ)、俳優ジョニー・デップ(The Kids、Rock City Angels で既に音楽活動をしていた)、俳優サル・ジェンコ(『21ジャンプストリート』の "Blowfish")、ソングライターのビル・カーターであった。このほか、アルバムに参加したミュージシャンには、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、スティーヴ・ジョーンズ(セックス・ピストルズ)、アンドリュー・ワイス (Andrew Weiss)(Ween、ロリンズ・バンド)、チャック・E・ワイス (Chuck E. Weiss)(ライトニン・ホプキンス、The G.D. Liars)、ルース・エルスワース=カーター (Ruth Ellsworth-Carter) らが含まれていた。P (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • THE STREET BEATS

    THE STREET BEATSから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1994年前後にアコースティックなサウンドに接近したことはあったものの、ほぼ一貫してセックス・ピストルズやザ・クラッシュ(SEIZIのボーカルで「ステイ・オア・ゴー」をカバーしている)といったバンドを念頭に置いたパンク・ロック、ロックンロールにこだわった活動を展開している。THE STREET BEATS フレッシュアイペディアより)

  • INU

    INUから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1977年、大阪府で当時高校生だった町田町蔵を中心に結成されたバンド「腐れおめこ」が前身で、ローリング・ストーンズやチャック・ベリーなどのオーソドックスなロックンロールをレパートリーとしていた。1979年にINUへ改名し、セックス・ピストルズに触発されつつ、リチャード・ヘル&ヴォイドイズやパブリック・イメージ・リミテッドなどの影響も受けたポストパンクへと転向した(ただし当時の町田はフリクションを除く東京ロッカーズ]]やストラングラーズ、同じ関西のウルトラビデを好ましく思っていなかった)。1981年3月1日にアルバム『メシ喰うな!』でデビュー。結成時のメンバーはボーカルの町田、ギターの林直人、ベースの田中 "オショウ" 敬介、ドラムスの西森武史。町田以外のメンバーは一定せず、『メシ喰うな!』発売時は、ギターは北田昌宏、ベースは西川成子、ドラムは東浦真一というメンバーだった。なお代表曲「メシ喰うな!」は腐れおめこ時代からのレパートリーである。INU フレッシュアイペディアより)

  • ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!

    ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット!から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    「セット・ザ・ワールド・アファイア」は、ムステインがメタリカを脱退してから間もない頃に書かれた曲で、当初は「メガデス」という仮タイトルが付いていた。「アナーキー・イン・ザ・U.K.」はセックス・ピストルズのカヴァーで、セックス・ピストルズの元メンバーであるスティーヴ・ジョーンズがゲスト参加した。「イン・マイ・ダーケスト・アワー」は、ムステインの旧友クリフ・バートンの死を悼んで書かれた曲。ソー・ファー、ソー・グッド…ソー・ホワット! フレッシュアイペディアより)

  • アイ・ア・ムアナ

    アイ・ア・ムアナから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    それ以前に、バナナラマは、がT・レックスをカバーしてB面曲として吹き込んだ「イージー・アクション」にバックグラウンド・ヴォーカリストとして参加し、スタジオ録音の経験をもっていた。友人で、初期からバナナラマを支援していたセックス・ピストルズのポール・クックに促されて、バナナラマは自分たち自身のシングルをリリースすることを決めた。当時、彼女たちは、既にレパートリーとして、数曲のカバー曲(その中には、後にヒットする「ヴィーナス」もあった)をもっていたが、彼女たちは、フランスのディスコで聞き知っていたブラック・ブラッド (Black Blood) がスワヒリ語で歌っていた曲を取り上げることにした。グループのメンバーであった、、は、この曲の歌詞を音として覚え込まなければならなかった。このシングルが「熱帯」を思わせるものであったことがグループ名に示唆を与え、「バナナ」は「アイ・ア・ムアナ」の音の響きからとられ、これに、初期のロキシー・ミュージックの曲「パジャマラマ (Pyjamarama)」にかけた「ラマ」が付けられた。アイ・ア・ムアナ フレッシュアイペディアより)

  • フー・アー・ユー (曲)

    フー・アー・ユー (曲)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    歌詞の内容はタウンゼントに起きた実際の出来事が元になっている。1977年1月20日、タウンゼントはかつてのマネージャー、キット・ランバートとクリス・スタンプとの間に抱えていた印税の支払いとザ・フーの楽曲の版権をめぐる法的な争いに終止符を打つべく、長時間に及ぶ交渉を行い、結果、未払いだった印税とアメリカでの版権がようやくザ・フーに支払われる事になった。タウンゼントはそのままスタンプを連れてクラブに駆け込み、深酒を呷り始めたが、そこで偶然にもセックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックに出くわす。泥酔していたタウンゼントは二人に説教をし、千鳥足のままクラブを出ると、その姿を写真に撮ろうとした記者と掴み合いの喧嘩をし、気付いた時にはソーホーにある建物の外で、若い警察官に起こされていたという。若いミュージシャンの目の前で醜態を晒したタウンゼントだったが、ジョーンズとクックは「それでもピートはすごくイカしてた」と語っている。フー・アー・ユー (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン・コーリング (曲)

    ロンドン・コーリング (曲)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    北ロンドンのハイベリーにあるウェセックス・スタジオで録音された。このスタジオはセックス・ピストルズ、プリテンダーズ、トム・ロビンソン・バンドにより人気は実証されている。プロデューサーはガイ・スティーヴンス、エンジニアはビル・プライスである。ロンドン・コーリング (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ハマースミス宮殿の白人

    ハマースミス宮殿の白人から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    この曲はクラッシュが他のバンドより音楽的、政治的に幅広いことを示し、セックス・ピストルズが確立した、「エキサイティングだけど型にはまったパンク・ロック」の枠を壊した。ハマースミス宮殿の白人 フレッシュアイペディアより)

266件中 71 - 80件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード