266件中 81 - 90件表示
  • the 原爆オナニーズ

    the 原爆オナニーズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    グループ名はセックス・ピストルズのもじりで付けられた名称であるが、「原爆」「オナニー」といったネーミングについてボーカルのTAYLOWはベスト盤のライナーノーツにて、「このバンド名を名乗ることによって人々がこのバンド名に嫌悪感などの反応を持ち、核・反戦について問題意識を起こさせることができればよい」というように述べている。the 原爆オナニーズ フレッシュアイペディアより)

  • イン・ザ・シティ

    イン・ザ・シティから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    音楽的には、この曲は初期ザ・フーの影響を受けたモッズ/パンク(エネルギーと姿勢はパンク世代にアップデートされているが)で、ファーストアルバムの脈となっている。「イン・ザ・シティ」はコード進行と詞の内容をザ・フーのあまり知られていない同名曲(1966年の「アイム・ア・ボーイ」のB面曲。その後CDで再発売された『ア・クイック・ワン』にもボーナストラックで収録)から借りている。この曲のイントロの駆け降りるベースラインは、数か月後にリリースされたセックス・ピストルズの「さらばベルリンの陽」(Holidays In The Sun) に似ている。イン・ザ・シティ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・プライス

    ビル・プライスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ビル・プライス (Bill Price) はイギリスの音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア。ザ・クラッシュ、セックス・ピストルズ、ガンズ・アンド・ローゼズとの作業で有名である。ビル・プライス フレッシュアイペディアより)

  • 大貫憲章

    大貫憲章から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1971年、大学在籍中に音楽評論家として執筆活動を開始。ロックを中心に執筆活動を行い、特にパンク・ロック、UKロックに造詣が深い。パンクらしく格式ばっていない軽い口調の刺々しい文体が特徴。セックス・ピストルズのライナーノーツで堂々とピストルズの再結成について批判を行なったこともある。NHKラジオの「若いこだま」でDJを担当してからDJとしての活動も精力的に行なっている。1980年より続く、パンクを中心に選曲したDJイベント「LONDON NITE」を主催している。大貫憲章 フレッシュアイペディアより)

  • バズコックス

    バズコックスから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1976年、ロンドンでセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライヴを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディビジョンを結成するバーナード・サムナーとピーター・フックや、ザ・スミスのモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライヴはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。この経緯はパンクの標語であるDIY(Do It Yourself)精神の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビューライヴになった。バズコックス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ジャム

    ザ・ジャムから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    ジャムはよくパンク・ロックに分類される事が多く、当時ウェラーも「セックス・ピストルズにインスパイアされた」と語りデビュー当時の作風にはパンクの影響が色濃かったが、ウェラー自身は元々スティーヴ・マリオットやザ・フー、更にモータウンやスタックスといったR&Bの大ファンであり、ファッションにしても細身のスーツ+ネクタイからカラフルなシャツ、スカーフといったパンクとは異なるものをウェラーは当時から(スタカンの前から)スタイリッシュに着こなしていた。そういう意味ではモッズというべきで、モッズを意識した作品を作り続けたことからモッズフリークからは「モッド・ファーザー」とも呼ばれている。ザ・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • ポール・シムノン

    ポール・シムノンから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1986年のクラッシュ解散後、シムノンはバンド「ハバナ3am (Havana 3am)」を始動。バンドは解散するまでに日本でアルバムを録音した。彼は、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズと共にボブ・ディランのアルバム『ダウン・イン・ザ・グルーヴ (Down in the Groove)』のセッションにも参加した。ポール・シムノン フレッシュアイペディアより)

  • マンドレイク (バンド)

    マンドレイク (バンド)から見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    この時期にはレコードデビューの話が持ち上がっていたが、メンバーはセックス・ピストルズの台頭を知りプログレの終焉を予感しており、それまでの大作主義からも脱却し、後にP-MODELのナンバーとなるニュー・ウェイヴやパンク・ロック的手法を用いた曲を演奏するようになる。マンドレイク (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・ビッグズ

    ロナルド・ビッグズから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    1978年にパンク・ロックバンドのセックス・ピストルズのドキュメンタリー映画、ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドルとジュリアン・テンプルの映画でボーカルとしてレコーディングを行っている。これらの歌はギターのスティーヴ・ジョーンズ、ドラムのポール・クックがブラジルで収録に参加した。「No One Is Innocent (Cosh the Driver)」と「Belsen Was a Gas」に収録された。ロナルド・ビッグズ フレッシュアイペディアより)

  • ヤキ・リーベツァイト

    ヤキ・リーベツァイトから見たセックス・ピストルズセックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズのフロントマン、ジョン・ライドンは自伝『Still a punk』において、「ピストルズ解散後、いちばん組みたかったドラマーはヤキ・リーベツァイトだった」と書いた。ヤキ・リーベツァイト フレッシュアイペディアより)

266件中 81 - 90件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード