前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たポール・マッカートニー

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは、ロキシー・ミュージックやピンク・フロイド、ポール・マッカートニーなどを手掛けたクリス・トーマスによってプロデュースされた。マルコムは、アルバムの販売権をヴァージンには独占させず、フランスの会社に1曲多い盤の製作を許可するなどの揺さぶりをかけた。米国では、大手のワーナー・ブラザーズ、日本では当時ヴァージンと提携していた日本コロムビアから発売されたが、2012年にバンドがユニバーサルミュージックと世界契約したため、各国のユニバーサルミュージックからの発売となった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たEMI

    その後大手レーベルのEMIと契約し、シングル「アナーキー・イン・ザ・UK/アイ・ワナ・ビー・ミー」をリリースするが、テレビで放送禁止用語を連発したことが問題となり、契約を破棄された。結果としてバンドは巨額の違約金を手に入れた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見た日本コロムビア

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは、ロキシー・ミュージックやピンク・フロイド、ポール・マッカートニーなどを手掛けたクリス・トーマスによってプロデュースされた。マルコムは、アルバムの販売権をヴァージンには独占させず、フランスの会社に1曲多い盤の製作を許可するなどの揺さぶりをかけた。米国では、大手のワーナー・ブラザーズ、日本では当時ヴァージンと提携していた日本コロムビアから発売されたが、2012年にバンドがユニバーサルミュージックと世界契約したため、各国のユニバーサルミュージックからの発売となった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たスティーヴ・ジョーンズ

    スティーヴ・ジョーンズ - ギター、ベース(スタジオのみ)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たシド・ヴィシャス

    シド・ヴィシャス - 2代目ベース(1979年死去)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たグレン・マトロック

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズ(ギター)とポール・クック(ドラムス)が結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロック(ベース)とオーディションで選んだジョニー・ロットン(ボーカル)を加入させ、1976年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たリチャード・ヘル

    安全ピンや、髪をツンツンに立てるといったファッションは、元々リチャード・ヘル(テレヴィジョンやハートブレイカーズの創設メンバー)が行っていたものを、マルコム・マクラーレンが採り入れたと言われているが、ジョン・ライドンの自伝では、ピストルズ加入以前から短髪を緑色に染めたり、父親に買ってもらったスーツをカットして安全ピンで繋ぐなどしていたと記述されている。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たマイク・オールドフィールド

    契約トラブル劇は、レーベルに所属するプログレッシブ・ロックのミュージシャン達の強硬な反対も大きく影響していたといわれる。最終的に契約したヴァージンでも、マイク・オールドフィールドが最後まで契約に反対していたという。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たフランク・シナトラ

    マルコムは、嫌がるシド・ヴィシャスに、フランク・シナトラの「My Way」の替え歌をレコーディングさせ、レコード発売も行っている。その後シドはアメリカツアーを行い、宿泊していたホテルで恋人であったナンシー・スパンゲンを刺殺した容疑をかけられたまま、麻薬の大量摂取が原因で他界。結果的には、シドの代表的ナンバーとなった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たジョニー・ロットン

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズ(ギター)とポール・クック(ドラムス)が結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロック(ベース)とオーディションで選んだジョニー・ロットン(ボーカル)を加入させ、1976年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード