43件中 11 - 20件表示
  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たロキシー・ミュージック

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは、ロキシー・ミュージックやピンク・フロイド、ポール・マッカートニーなどを手掛けたクリス・トーマスによってプロデュースされた。マルコムは、アルバムの販売権をヴァージンには独占させず、フランスの会社に1曲多い盤の製作を許可するなどの揺さぶりをかけた。米国では、大手のワーナー・ブラザーズ、日本では当時ヴァージンと提携していた日本コロムビアから発売されたが、2012年にバンドがユニバーサルミュージックと世界契約したため、各国のユニバーサルミュージックからの発売となった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たマルコム・マクラーレン

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズ(ギター)とポール・クック(ドラムス)が結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロック(ベース)とオーディションで選んだジョニー・ロットン(ボーカル)を加入させ、1976年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たクリス・トーマス

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは、ロキシー・ミュージックやピンク・フロイド、ポール・マッカートニーなどを手掛けたクリス・トーマスによってプロデュースされた。マルコムは、アルバムの販売権をヴァージンには独占させず、フランスの会社に1曲多い盤の製作を許可するなどの揺さぶりをかけた。米国では、大手のワーナー・ブラザーズ、日本では当時ヴァージンと提携していた日本コロムビアから発売されたが、2012年にバンドがユニバーサルミュージックと世界契約したため、各国のユニバーサルミュージックからの発売となった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たテレヴィジョン (バンド)

    安全ピンや、髪をツンツンに立てるといったファッションは、元々リチャード・ヘル(テレヴィジョンやハートブレイカーズの創設メンバー)が行っていたものを、マルコム・マクラーレンが採り入れたと言われているが、ジョン・ライドンの自伝では、ピストルズ加入以前から短髪を緑色に染めたり、父親に買ってもらったスーツをカットして安全ピンで繋ぐなどしていたと記述されている。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たポール・クック

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズ(ギター)とポール・クック(ドラムス)が結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロック(ベース)とオーディションで選んだジョニー・ロットン(ボーカル)を加入させ、1976年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たマルチン・ボルマン

    ジョニー・ロットン脱退後、急遽アメリカツアーを中止し、スティーヴ・ジョーンズとポール・クックは、イギリスの大列車強盗犯人であるロナルド・ビッグスや、ナチスの戦犯で絞首刑の判決を受け、処刑前に自殺したが1972年まで死体が見つからなかったため南米逃亡説のあったマルチン・ボルマンとコラボレーションを行い、おふざけ半分でピストルズを延命させた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たロンドン

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズ(ギター)とポール・クック(ドラムス)が結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロック(ベース)とオーディションで選んだジョニー・ロットン(ボーカル)を加入させ、1976年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たロックの殿堂

    2006年 - ロックの殿堂入りを果たすが、ジョニー・ロットン筆頭に本人達は殿堂入りを蹴った。ロックの殿堂入りを拒否したアーティストは、史上初である。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たギター

    スティーヴ・ジョーンズ - ギター、ベース(スタジオのみ)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たサンフランシスコ

    1978年1月14日アメリカツアーの最中(サンフランシスコ、ウインターランド公演後)に、ジョニー・ロットンがバンドを脱退。実質上 バンドの終焉となる。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード