59件中 31 - 40件表示
  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たパンク・ロック

    セックス・ピストルズ () は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たアナーキー・イン・ザ・U.K.

    その後大手レーベルのEMIと契約し、シングル「アナーキー・イン・ザ・U\.K\./アイ・ワナ・ビー・ミー」をリリースするが、テレビで放送禁止用語を連発したことが問題となり契約を破棄された。結果としてバンドは巨額の違約金を手に入れた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル

    これらの時期収録の音源が、マルコム・マクラーレン主導で製作したピストルズドキュメンタリー映画『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル (映画)』のサウンドトラック盤(『ザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル』)に使用された。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見た勝手にしやがれ!!

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは「ロキシー・ミュージック」「ピンク・フロイド」「ポール・マッカートニー」などを手掛けた音楽プロデューサー、クリス・トーマスによってプロデュースされた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たパンク・ファッション

    当時としては反動的でシンプルなギターコード、イギリス政府・イギリス王室・EMIのような体制や権威をこき下ろす歌詞、短い髪をツンツンに立てたり破れた服を安全ピンで留めるといった斬新なファッション、メディアでのインタビューで「shit」「fuck」「cunt」を連発するというスキャンダルにより注目されたセックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たプリティ・ヴェイカント

    プリティ・ヴェイカント/ノー・ファン (Pretty Vacant / No Fun)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たアメリカ合衆国

    1978年ワーナーの企画により、初のアメリカツアーを決行。保守的なアメリカ南部からツアーを始めたが、そのツアー中に崩壊へと向かう。同1月14日アメリカツアーの最中(サンフランシスコ、ウインターランド公演後)に、もはや嫌気がさしていたジョニー・ロットンはバンドを脱退。急遽アメリカツアーは中止され、実質上バンドの終焉となった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見た松下IMPビル

    10月31日?11月2日,13日,14日、松下IMPビルセックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たロック (音楽)

    1970年代半ばのロック・シーンは、ハードロックとプログレッシヴ・ロックが二大主流で、超絶技巧のギターテクニックや、初期の高価なシンセサイザーやスタジオ録音技術を駆使する「スーパー・バンド」とロックファンの間には溝が生まれつつあった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たブティック

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズとポール・クックが結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロックと、オーディションで選んだジョニー・ロットンを加入させ、1975年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード