59件中 41 - 50件表示
  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たポストパンク

    脱退後のジョニー・ロットンは本名のジョン・ライドンに戻し、自ら率いるポストパンク・バンド「パブリック・イメージ・リミテッド」結成に向かった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たCLUB CITTA'

    10月28日,29日,11月19日 CLUB CITTA'セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見た音楽プロデューサー

    1977年10月唯一のオリジナル・ファースト・アルバム『勝手にしやがれ!!』を発売。このアルバムは「ロキシー・ミュージック」「ピンク・フロイド」「ポール・マッカートニー」などを手掛けた音楽プロデューサー、クリス・トーマスによってプロデュースされた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たシンセサイザー

    1970年代半ばのロック・シーンは、ハードロックとプログレッシヴ・ロックが二大主流で、超絶技巧のギターテクニックや、初期の高価なシンセサイザーやスタジオ録音技術を駆使する「スーパー・バンド」とロックファンの間には溝が生まれつつあった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たキングス・ロード

    当時、ロンドンのキングス・ロードで『SEX』というブティックを経営していたマルコム・マクラーレンは、店に出入りしていた不良少年のスティーヴ・ジョーンズとポール・クックが結成したアマチュアバンドに目をつけた。それに積極的に介入し、当時『SEX』の店員だったグレン・マトロックと、オーディションで選んだジョニー・ロットンを加入させ、1975年11月にバンドの形を整えさせた。彼らは貸しスタジオで練習を重ね、セックス・ピストルズという名前でライブデビューした。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たエレクトリックベース

    グレン・マトロック Glen Matlock - ベース (1975?1977, 1996?2008)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たヴァージン・レコード

    最終的にヴァージン・レコードと契約し、エリザベス女王在位25周年祝典の日にテムズ川のボートでゲリラライヴを行い、英国国歌と同名の曲「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」を演奏し逮捕された。このプロモーションの成果は上々で、全英シングルチャートで最高2位(NMEチャートでは最高1位)を記録した。ただしジョニー・ロットンとポール・クックが右翼に襲われて重傷を負う事件が発生し、バンド活動はしばらく停滞した。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たファッション

    1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニューウェーブ・ムーヴメントを代表する象徴的グループ。自国の王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、活動期間は短命ながら、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見た舞洲

    8月10日 舞洲サマーソニック大阪特設会場(大阪市)セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たプログレッシブ・ロック

    契約トラブル劇は、レーベルに所属するプログレッシブ・ロックのミュージシャンたちの強硬な反対も大きく影響していたといわれる。最終的に契約したヴァージンでも、所属していたマイク・オールドフィールドが最後まで契約に反対していたという。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード