1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示
  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たプログレッシヴ・ロック

    1970年代半ばのロック・シーンは、ハードロックとプログレッシヴ・ロックが二大主流で、超絶技巧のギターテクニックや、初期の高価なシンセサイザーやスタジオ録音技術を駆使する「スーパー・バンド」と聴衆の間には溝が生まれつつあった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たヴァージン・レコード

    つぎにヴァージン・レコードと契約し、エリザベス女王在位25周年祝典の日にテムズ川のボートでゲリラライヴを行い、英国国歌と同名の曲「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」を演奏し逮捕された。このプロモーションの成果は上々で、全英シングルチャートで最高2位(NMEチャートでは最高1位)を記録した。ただしジョニー・ロットンとポール・クックが右翼に襲われて重傷を負う事件が発生し、バンド活動はしばらく停滞した。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

  • セックス・ピストルズ

    セックス・ピストルズから見たナンシー・スパンゲン

    マルコムは、嫌がるシド・ヴィシャスに、フランク・シナトラの「My Way」の替え歌をレコーディングさせ、レコード発売も行っている。その後シドはアメリカツアーを行い、宿泊していたホテルで恋人であったナンシー・スパンゲンを刺殺した容疑をかけられたまま、麻薬の大量摂取が原因で他界。結果的には、シドの代表的ナンバーとなった。セックス・ピストルズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
43件中 41 - 43件表示

「セックス・ピストルズ」のニューストピックワード