前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1096件中 1 - 10件表示
  • インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノから見たスクデットセリエA (サッカー)

    そして、設立より2年後の1909-10シーズンには当時無敵だったプロ・ヴェルチェッリを10-3で倒して初のスクデットを獲得し、1919-20シーズンにもリヴォルノを倒して2回目のスクデットを獲得する。インテルナツィオナーレ・ミラノ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・サネッティ

    ハビエル・サネッティから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    兄セルヒオの影響でフットボールを始め、13歳の時にCAインデペンディエンテの下部組織に入ったが、実力不足の評価を受け退団。レンガ積み職人である父親の仕事を手伝いながら練習を続け、18歳になった1992年からタジェレスでプレイを再開。ここでの活躍が評価され、1993年CAバンフィエルドにスカウトされる。そして1995年7月1日にイタリアのインテルに移籍。ハビエル・サネッティ フレッシュアイペディアより)

  • ACミラン

    ACミランから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1907年のスクデット獲得以来目立ったタイトルを得ることができなかったミランであるが、1949年にロンドンオリンピック優勝メンバーであるグンナー・グレン、グンナー・ノルダール、ニルス・リードホルムを獲得。この3人はそれぞれの名前から「グレ・ノ・リ」トリオと称された。1951年にスクデット、ラテン・カップで優勝すると、1955年、1957年、1959年にもリーグ優勝し、1956年には再びラテンカップを獲得した。ACミラン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon, 1978年1月28日 - )は、イタリア・カッラーラ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはGK。セリエA・ユヴェントス所属。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • カルロ・アンチェロッティ

    カルロ・アンチェロッティから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    セリエBのACレッジャーナ1919で指導者としてのキャリアをスタートさせ、1シーズンでセリエA昇格を果たす。このシーズン限りで退任し、現役時代キャリアをスタートさせたパルマFCの指揮を執る。パルマはビッグクラブに変貌しており、各国の代表選手を纏め上げて1997年には強豪のインテル、SSラツィオなどを抑えユヴェントスFCに次ぐ2位に導いた。カルロ・アンチェロッティ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・バルデス

    ハイメ・バルデスから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ハイメ・アンドレス・バルデス・サパタ(Jaime Andrés Valdés Zapata、1981年1月11日 - )は、チリ・サンティアゴ出身のサッカー選手。セリエA、パルマFC所属。ポジションはMF(トップ下)、FW(セカンドストライカー、右ウイング、左ウイング)。ハイメ・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    スクデット獲得回数28回など、イタリアのみならず世界を代表するクラブ。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1984年6月29日、イタリア・セリエAのSSCナポリへの移籍が実現し、サッカー史上最高額の推定移籍金1300万ドルがFCバルセロナに支払われた。7月5日にスタディオ・サン・パオロで行われたお披露目会見にはヘリコプターからピッチに降り立つパフォーマンスで登場し、7万人のサポーターが駆け付けたこの日の入場料収益は7000万リラに上った。彼はこの時、ナポリが前年まで降格争いを繰り広げるような弱小チームだとはまったく知らなかった。サポーターから「ナポリの王」と呼ばれて愛され、シーズンチケットが瞬く間に売れたことから、莫大な移籍金および給料を払ってもなおクラブの財政は潤った。マラドーナとブルーノ・ジョルダーノ、カレカのアタッキングトリオは頭文字からマジカ(Ma・Gi・Ca、魔法)と呼ばれ、クラブの黄金時代を築き上げた。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ほんの2、3例を挙げるだけでもリリアン・テュラム(パルマFC、ユヴェントスFC)、ダヴィド・トレゼゲ(ユヴェントスFC)、マルセル・デサイー(ACミラン)、ジネディーヌ・ジダン(ユヴェントス)など、近年では多くのフランス人選手がイタリアのセリエAでプレーしており、両者のライバル意識はより明確になっている。この対戦は過去のFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権で数々の名勝負を繰り広げていることでも知られ、1998 FIFAワールドカップ準々決勝(PK戦の結果フランスが勝ち上がり)、UEFA欧州選手権2000決勝(延長戦の結果フランスが勝利)や2006 FIFAワールドカップ決勝(PK戦の結果イタリアが勝利)などが記憶に残る。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・マンチーニ

    ロベルト・マンチーニから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    セリエA優勝 1回(1990-1991)ロベルト・マンチーニ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1096件中 1 - 10件表示

「セリエA」のニューストピックワード