1096件中 11 - 20件表示
  • アントニオ・コンテ

    アントニオ・コンテから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    引退後は指導者の道へ進み、2006-2007シーズンはセリエBのアレッツォで監督を務めたが、成績不振により辞任した。2007年末には、セリエBのASバーリ監督に就任。2008-2009シーズンにはチームをセリエA昇格に導き、古巣ユヴェントスの監督就任が噂されたが、バーリとの契約を延長した。しかし、直後に契約解除となる。その後、開幕4試合で解任されたアンジェロ・グレグッチの後任としてアタランタBCの監督に就任。しかし、2010年1月8日にチームの不振が原因で監督を辞任した。わずか3ヶ月半の在任だった。その後2010年5月にセリエBのACシエナの監督に就任。2トップに加え、両ウイングを配した「4-2-4」という斬新なシステムを用い、シエナをわずか1年でセリエA復帰に貢献した。アントニオ・コンテ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・キヴ

    クリスティアン・キヴから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    クリスティアン・エウジェン・キヴ(Cristian Eugen Chivu、1980年10月26日 - )は、ルーマニア・レシツァ出身のサッカー選手。セリエAのインテル・ミラノ所属。ポジションはDF、MF。クリスティアン・キヴ フレッシュアイペディアより)

  • ヘルベルト・プロハスカ

    ヘルベルト・プロハスカから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1980年代を通じてオーストリア・ブンデスリーガとイタリア・セリエAで活躍した国際レベルのMFである。愛称の「Schneckerl」は縮れた髪の毛を意味するウィーンの方言で、若い頃の彼の髪型に由来している。ヘルベルト・プロハスカ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1994年にACモンツァ・ブリアンツァ1912でプロデビュー。1996年からはレギュラーに定着し、1998年7月1日に当時ACミランを率いていたアルベルト・ザッケローニ監督に引き抜かれ移籍した。1999年1月17日のペルージャ戦にて、当時ミランで10年以上レギュラーを守り続けていたセバスティアーノ・ロッシの退場処分(中田英寿にPKを決められた後、急いでボールを取りに行ったクリスチャン・ブッキへの暴行)により急遽出場することになり、セリエAデビューを果たす。当時21歳であったが、そのままロッシからレギュラーを奪取しスクデット獲得に貢献した。2000年のU-21欧州選手権では優勝メンバーの一員となった。このころからチームでも次第に守護神として定着していった。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • ワルテル・サムエル

    ワルテル・サムエルから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ワルテル・アドリアン・サムエル(Walter Adrián Samuel, 1978年3月23日 - )は、アルゼンチン出身の同国代表、セリエA・インテル所属のサッカー選手(ディフェンダー)。ワルテル・サムエル フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たスクデットセリエA (サッカー)

    スクデット獲得回数28回など、イタリアのみならず世界を代表するクラブ。1996年から1998年には3年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出。過去7度決勝に進むもうち5度は準優勝に終わっている。欧州の主要リーグでは、国内リーグの優勝回数が最も多いクラブがUEFAチャンピオンズリーグの優勝回数も最多である場合が多いが、セリエAとプレミアリーグに関しては例外である。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • カフー

    カフーから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1997年、今度はイタリアセリエAの強豪ASローマに移籍。この移籍は前回の欧州移籍と違い成功し、ASローマの18年ぶりとなるスクデット制覇に貢献するなど主力として活躍した。カフー フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    1999年8月 - スカパー!からのサブライセンスを受け、セリエAの中継を開始。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・モウリーニョ

    ジョゼ・モウリーニョから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    その後も引く手数多の状態が続いていたが、2008年6月2日、解任されたマンチーニ監督の後任としてイタリア・セリエAのインテル監督就任が発表された。セリエA初指揮となった2008-09シーズンはスーペルコッパ・イタリアーナとリーグ優勝の二冠を達成。一方でチャンピオンズリーグではマンチーニ時代から合わせて3年連続となるベスト16に止まった。しかし、翌2009-10シーズンはチェルシー、CSKAモスクワ、バルセロナ、そしてかつての師であるルイス・ファン・ハール率いるバイエルン・ミュンヘン等の各国の強豪(しかもCSKA以外の3チームはこの年の各国リーグ王者)を破り45年ぶりのチャンピオンズリーグ優勝、そして同年のセリエA、コッパ・イタリアも制し、イタリア史上初の三冠に導いた。この三冠を達成した優勝記者会見でインテル監督を辞任すると発言。2010年5月28日、モラッティとペレス両会長の直接会談により、レアル・マドリードがインテルに違約金を支払う形で残り2年の契約が解除された。ジョゼ・モウリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ゲオルゲ・ハジ引退後のルーマニアサッカー界の牽引者であり、パルマFCやACFフィオレンティーナでの活躍から2000年代のセリエA外国人選手を代表する選手である。多くの観客を魅了すると同時に多くのスキャンダルにも見舞われ、2004年に自らが引き起こしたドーピング問題(コカイン摂取)では解雇・長期に渡る出場停止処分と、自身のキャリアに多大な影響を与えることとなった。2006年には間接的にではあるがカルチョーポリに巻き込まれる。その後のフィオレンティーナにて復活を果たすも、前述のドーピング問題における訴訟や、2010年には再びドーピング問題を引き起こすなど波乱に満ちたサッカー人生を送る。プレイヤーとしてはセカンドトップやトレクァルティスタとしてフィオレンティーナを牽引する存在であり、フィオレンティーナのティフォージからは敬意を込めてフェノメーノ(Fenomeno※イタリア語で「超常現象」や「怪物」の意)と呼ばれる。また、キャリアを通じて自らを救ったチェーザレ・プランデッリとファビオ・カペッロの両監督には深く感謝していると語っている。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

1096件中 11 - 20件表示

「セリエA」のニューストピックワード