1485件中 41 - 50件表示
  • アドリアン・ムトゥ

    アドリアン・ムトゥから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ゲオルゲ・ハジ引退後のルーマニアサッカー界の牽引者であり、パルマFCやACFフィオレンティーナでの活躍から2000年代のセリエA外国人選手を代表する選手である。多くのスキャンダルにも見舞われ、2004年に自らが引き起こしたドーピング問題(コカイン摂取)では解雇・長期に渡る出場停止処分と、自身のキャリアに多大な影響を与えることとなった。2006年には間接的にではあるがカルチョーポリに巻き込まれる。その後のフィオレンティーナにて復活を果たすも、前述のドーピング問題における訴訟や、2010年には再びドーピング問題を引き起こすなど波乱に満ちたサッカー人生を送った。プレイヤーとしてはセカンドトップやトレクァルティスタとしてフィオレンティーナを牽引する存在であり、フィオレンティーナのティフォージからは敬意を込めてフェノメーノ(Fenomeno※イタリア語で「超常現象」や「怪物」の意)と呼ばれた。また、キャリアを通じて自らを救ったチェーザレ・プランデッリとファビオ・カペッロの両監督には深く感謝していると語っている。アドリアン・ムトゥ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・クアドラード

    フアン・クアドラードから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    フアン・ギジェルモ・クアドラード・ベージョ(Juan Guillermo Cuadrado Bello, 1988年5月26日 - )は、コロンビア・ネコクリ出身のサッカー選手。セリエA・ユヴェントスFC所属。コロンビア代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワード。フアン・クアドラード フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・コンテ

    アントニオ・コンテから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    引退後は指導者の道へ進み、2006-07シーズンはセリエBのアレッツォで監督を務めたが、成績不振により辞任した。2007年末には、セリエBのASバーリ監督に就任。2008-09シーズンにはチームをセリエA昇格に導き、古巣ユヴェントスの監督就任が噂されたが、バーリとの契約を延長した。しかし、直後に契約解除となる。その後、開幕4試合で解任されたアンジェロ・グレグッチの後任としてアタランタBCの監督に就任。しかし、2010年1月8日にチームの不振が原因で監督を辞任した。わずか3ヶ月半の在任だった。その後2010年5月にセリエBのACシエナの監督に就任。2トップに加え、両ウイングを配した「4-2-4」システムを用い、シエナをわずか1年でセリエA復帰に貢献した。アントニオ・コンテ フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS

    J SPORTSから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    8月 - スカパー!からのサブライセンスを受け、セリエAの中継を開始。J SPORTS フレッシュアイペディアより)

  • ダビデ・サントン

    ダビデ・サントンから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ダビデ・サントン(Davide Santon, 1991年1月2日 - )は、イタリア・ポルトマッジョーレ出身のサッカー選手。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ポジションはディフェンダー。ダビデ・サントン フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決

    サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決から見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ほんの2、3例を挙げるだけでもリリアン・テュラム(パルマFC、ユヴェントスFC)、ダヴィド・トレゼゲ(ユヴェントスFC)、マルセル・デサイー(ACミラン)、ジネディーヌ・ジダン(ユヴェントス)など、近年では多くのフランス人選手がイタリアのセリエAでプレーしており、両者のライバル意識はより明確になっている。この対戦は過去のFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権で数々の名勝負を繰り広げていることでも知られ、1998 FIFAワールドカップ準々決勝(PK戦の結果フランスが勝ち上がり)、UEFA欧州選手権2000決勝(延長戦の結果フランスが勝利)や2006 FIFAワールドカップ決勝(PK戦の結果イタリアが勝利)などが記憶に残る。サッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • ジェノアCFC

    ジェノアCFCから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ジェノア・クリケット・アンド・フットボール・クラブ(Genoa Cricket and Football Club s.p.a)は、イタリア・ジェノヴァをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブ。2017-18シーズンはセリエAに所属している。ジェノアCFC フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・バティストゥータ

    ガブリエル・バティストゥータから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    ガブリエル・オマール・バティストゥータ (, 1969年2月1日 - ) は、アルゼンチン・サンタフェ出身の元プロサッカー選手。ポジションはフォワード。1990年代を代表するフォワードの一人で、長くイタリア・セリエAで活躍し、セリエAの外国人最多通算得点記録を保持している。またアルゼンチン代表にも選抜され、歴代2位の得点記録保持者である。2005年に引退した。ニックネームは獅子王、バティ、バティゴル(バティゴール)。家族は妻と4男。サッカー界から引退後は、アドルフォ・カンビアッソのもとでポロを学んでおり、プロ選手として試合にも出場している。ガブリエル・バティストゥータ フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    2011-12シーズンは、ボランチではなく主に得意とする右サイドハーフで起用されたことで得点に絡む機会が増え、18試合で前シーズンを上回る7得点を挙げるなど好調を保っていたが、8月28日のスパルタク・モスクワ戦で右膝半月板を損傷し、後日手術を受け、全治には最大3カ月と発表された。11月18日、ルビン・カザン戦で2カ月半ぶりに復帰を果たすも、右膝の故障が再発しまたも戦線離脱となり、CLグループリーグを全試合欠場した。2012年1月、イタリア・セリエAの強豪SSラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、高額な移籍金がネックとなり移籍は破談となった。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • アウレリオ・デ・ラウレンティス

    アウレリオ・デ・ラウレンティスから見たセリエA (サッカー)セリエA (サッカー)

    アウレリオ・デ・ラウレンティス(Aurelio De Laurentiis、1949年5月24日 - )はイタリアの映画監督。サッカーセリエA・SSCナポリの会長(2004年-)。アウレリオ・デ・ラウレンティス フレッシュアイペディアより)

1485件中 41 - 50件表示

「セリエA」のニューストピックワード