前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
231件中 1 - 10件表示
  • ビクトリア・アザレンカ

    ビクトリア・アザレンカから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年全豪オープンで、アザレンカは初めて女子シングルスの「第26シード」に選ばれ、3回戦で大会前年度優勝者のセリーナ・ウィリアムズに敗れた。同大会では女子ダブルスで活躍し、シャハー・ピアーとペアを組んで決勝に勝ち進んだが、ウクライナの姉妹ペアであるアリョーナ・ボンダレンコ&カテリナ・ボンダレンコ組に 6-2, 1-6, 4-6 の逆転で敗れ、準優勝に終わった。全仏オープンでは、シングルスは4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに敗れたが、混合ダブルスでボブ・ブライアンとペアを組み、決勝でネナド・ジモニッチ&カタリナ・スレボトニク組を 6-2, 7-6 で破って優勝した。これにより、アザレンカは混合ダブルスで全仏オープンと全米オープンの2冠を獲得したことになる。8月の北京五輪にもベラルーシ代表選手として初出場し、シングルス3回戦でビーナス・ウィリアムズに敗れた。ビクトリア・アザレンカ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    3日(現地時間)- 【テニス】ウィンブルドン選手権(イギリス)女子シングルスで、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ合衆国)がベラ・ズボナレワ(ロシア)を下し、2年連続4回目の優勝。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マリア・シャラポワ

    マリア・シャラポワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2004年、シャラポワは全仏オープンでパオラ・スアレス(アルゼンチン)との準々決勝に進出した後、ウィンブルドンで4大大会初優勝を飾った。第13シードから勝ち上がった彼女は、決勝でセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を 6-1, 6-4 のストレートで圧倒した。17歳2ヶ月でのウィンブルドン女子シングルス優勝は、1997年に「16歳9ヶ月」で優勝したマルチナ・ヒンギスに次ぐ大会史上2番目の年少優勝記録である。18歳未満の選手が4大大会女子シングルスを制したのも、1999年全米オープンに17歳11ヶ月で初優勝したS・ウィリアムズ以来であった。続く全米オープンでは、3回戦でマリー・ピエルス(フランス)に敗退した。10月のジャパン・オープンには第1シードとして出場し、決勝でアメリカのマショーナ・ワシントン(マラビーヤ・ワシントンの妹)に 6-0, 6-1 のスコアで圧勝し、大会2連覇を達成した。この日(10月9日)は台風22号が関東地方を直撃したが、例年より多い約9000人の観客が来場したことから“シャラポワ効果”という言葉で表現される場合もあった。女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権でも初出場で初優勝を飾り、セリーナ・ウィリアムズに 4-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。マリア・シャラポワ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    女子シングルスのシード勢では、世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ、キャロライン・ウォズニアッキ、エレナ・ヤンコビッチ、エレーナ・デメンチェワ、サマンサ・ストーサー、アグニエシュカ・ラドワンスカら、トップ8シードの内この日試合が行われた6名全員が順当に初戦を突破した他、李娜、カテリナ・ボンダレンコ、アリサ・クレイバノワ、ルーシー・サファロバ、フランチェスカ・スキアボーネ、アリョーナ・ボンダレンコらその他のシード勢全員も初戦を突破した。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 大坂なおみ

    大坂なおみから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1月、全豪オープンでは、2回戦で第9シードのジョアンナ・コンタに敗れた。2月フェドカップの日本代表に初選出され、アジア・オセアニアゾーン1部決勝で自身はガリナ・ボスコボワに勝利したがチームは敗れた。全仏オープンは初戦敗退。7月、ウィンブルドンでは2回戦で第22シードのバルボラ・ストリコバに勝利したが、3回戦で第10シードのビーナス・ウィリアムズに敗れた。全米オープンでは初戦で前回覇者で第6シードのアンゲリク・ケルバーに勝ちトップ10に初勝利した。全米オープンで前回覇者が1回戦で敗退するのは全137回のうち女子では2度目、男子を含めても3度目という歴史的な番狂わせだった。その後3回戦でカイア・カネピに敗れた。12月セリーナ・ウィリアムズらトップ選手のヒッティング・コーチを務めたサーシャ・バジンがコーチになった。大坂なおみ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    女子シングルス優勝:セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ合衆国)(2年ぶり4回目)2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ジュニア時代、2001年のウィンブルドン女子ジュニア部門で準優勝がある。兄のマラトは、前年の2000年に全米オープン男子シングルス優勝者となり、ディナラがジュニア準優勝した2001年ウィンブルドン大会ではベスト8に入った。2002年から女子プロテニスツアーに参戦を開始し、同年7月にポーランド・ソポトの大会で早々とツアー初優勝を果たす。同年の全米オープンで4大大会にデビューし、2回戦で第1シードのセリーナ・ウィリアムズに挑戦した。2005年は2月の「パリ・インドア選手権」と5月のチェコ・プラハの大会で年間2勝を挙げた。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

  • ウルシュラ・ラドワンスカ

    ウルシュラ・ラドワンスカから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年ウィンブルドン選手権で主催者推薦選手として、4大大会シングルスに初出場。クララ・ザコパロバを 6-1, 6-4 で破り2回戦でセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 4-6 で敗れた。ウルシュラ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1980年モスクワオリンピックホッケー銅メダリストの母ナタリアの手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2002年の全仏オープンで4大大会に初出場した時、予選3試合を勝ち上がって本戦出場権を獲得し、いきなりセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで進出した。この試合でズボナレワはセリーナから第1セットを 6-4 で奪ったが、続く2セットを 0-6, 1-6 で落としている。翌2003年の全仏オープンで、ズボナレワは4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで、4大大会の4大会連続でビーナスとセリーナによる「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」が続いていたため、ビーナスを4回戦で止めたズボナレワの活躍は大きな話題を呼んだ。ズボナレワは次の準々決勝で同じロシアのナディア・ペトロワに 1-6, 6-4, 3-6 で敗れる。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ガルビネ・ムグルサ

    ガルビネ・ムグルサから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全仏オープンでは2回戦で前回優勝者で世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-2 のストレートで破る殊勲を挙げた。ベスト8まで進出し準々決勝でマリア・シャラポワに 6-1, 5-7, 1-6 で敗れた。カルラ・スアレス・ナバロと組んだダブルスでもノーシードからベスト4に進出した。準決勝で優勝した謝淑薇&彭帥組に 2-6, 7-5, 2-6 で敗れた。8月のバンク・オブ・ウェスト・クラシックで決勝でパウラ・カーニャ、カテリナ・シニアコバ組に勝利しダブルスのWTAプレミアトーナメントで初優勝。チームランキング年間最終7位でWTAファイナルに出場。ガルビネ・ムグルサ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
231件中 1 - 10件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード