231件中 121 - 130件表示
  • 1958年のスポーツ

    1958年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    黒人女子選手のギブソンが、ウィンブルドン選手権と全米選手権にそれぞれ大会2連覇を達成。これ以後、黒人女子選手の優勝は1999年の全米オープン優勝者セリーナ・ウィリアムズまで途絶える。1958年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年全仏オープン

    1998年全仏オープンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ジャスティン・ギメルストブ / ビーナス・ウィリアムズ def. ルイス・ロボ / セリーナ・ウィリアムズ, 6-4, 6-41998年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子シングルス

    リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年ロンドン五輪金メダリストのセリーナ・ウィリアムズは3回戦でエリナ・スビトリナに敗れた。リオデジャネイロオリンピックにおけるテニス競技・女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2015年全仏オープン女子シングルス

    2015年全仏オープン女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全仏2年ぶり3度目の決勝進出のセリーナ・ウィリアムズとグランドスラムシングルス初決勝進出のルーシー・サファロバの決勝。ウィリアムズが6?3, 6?7(2?7), 6?2.で勝利し全仏3度目・グランドスラム20度目の優勝。優勝20回は?ヘレン・ウィルス・ムーディを抜いて歴代単独3位記録。この優勝でウィリアムズはサード・キャリアグランドスラムを達成した。2015年全仏オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2015年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    2015年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    3年ぶり8度目の全英決勝進出のセリーナ・ウィリアムズと4大大会初決勝進出のガルビネ・ムグルサの決勝。ウィリアムズが勝利し全英6度目・グランドスラム21度目の優勝。オープン化以降女子最年長の4大大会優勝となった。また自身2度目のグランドスラム4大会連続優勝(セリーナ・スラム)を果たした。2015年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・ジョー・フェルナンデス

    メアリー・ジョー・フェルナンデスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1996年アトランタ五輪の女子ダブルスで、前回と同じジジ・フェルナンデスとのペアで2大会連続の金メダルを獲得した。この年は全仏オープンのダブルスでも優勝し、1991年全豪オープン以来となる4大大会ダブルス2勝目を挙げた。五輪をジジ・フェルナンデスと組んだほかは、リンゼイ・ダベンポートとペアを組んで好成績を挙げ、1996年にフェルナンデスとダベンポートのコンビは年間4勝を記録している。1997年がシングルス、ダブルスとも最後の優勝になった。キャリア後期の活躍には、1999年全仏オープン3回戦で若きセリーナ・ウィリアムズを破った試合があった(故障で次の4回戦を断念している)。2000年に現役を引退した。2011年、フェド杯でアメリカチーム監督を務める。メアリー・ジョー・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ジーナ・ガリソン

    ジーナ・ガリソンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ジーナ・ガリソンは黒人選手として4大大会優勝を果たせなかったが、現在はビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が世界の舞台で活躍している。ジーナ・ガリソン フレッシュアイペディアより)

  • 孫甜甜

    孫甜甜から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    孫甜甜はダブルス・パートナーの李婷に比べると、シングルスにも強く、全豪オープンを除く4大大会で女子シングルス2回戦に進出している。2005年のチャイナ・オープン2回戦ではセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 7-6(7) で破る番狂わせを起こした。2006年10月8日、孫はウズベキスタン・タシュケント大会の決勝で地元選手のイロダ・ツルヤガノワを 6-2, 6-4 で破り、女子テニスツアー大会でシングルス初優勝を果たした。孫甜甜 フレッシュアイペディアより)

  • エルス・カレンズ

    エルス・カレンズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1990年にプロ入り。カレンズは長い間、女子プロテニス界では地味な存在の選手だった。1991年ウィンブルドンで予選を勝ち上がり、本戦2回戦に進出したが、その次の4大大会シングルス本戦出場は1995年の全豪オープンである。1997年と1998年の2年連続で、カレンズはウィンブルドンの女子ダブルス準々決勝に進出する。1997年はジンジャー・ニールセン(アメリカ)とペアを組み、1998年はジュリー・アラール=デキュジスと組んだ。全仏オープンの女子ダブルスでは、1999年にリタ・グランデと組んでベスト8に入ったが、準々決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に敗れている。エルス・カレンズ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子ダブルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    決勝は1ヶ月前のウィンブルドン選手権と同じ顔合わせになり、アメリカのセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組がチェコのアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 6?4, 6?4 で破り2大会連続3度目の金メダルを獲得した。ウィリアムズ姉妹は共に4個目の金メダルとなりテニス選手では史上最多となった。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

231件中 121 - 130件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード