155件中 21 - 30件表示
  • コリーナ・モラリュー

    コリーナ・モラリューから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2001年の全豪オープンで、モラリューは女子ダブルス・混合ダブルスの2部門で決勝に進出し、エリス・フェレイラ(南アフリカ)と組んだ混合ダブルスで優勝した。ダベンポートと組んだ女子ダブルス決勝では、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 2-6, 6-4, 4-6 で敗れて準優勝に終わった。コリーナ・モラリュー フレッシュアイペディアより)

  • 1999年全米オープン (テニス)

    1999年全米オープン (テニス)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. マルチナ・ヒンギス, 6?3, 7?6(4)1999年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ウィンブルドン選手権

    2012年ウィンブルドン選手権から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. アグニエシュカ・ラドワンスカ, 6-1, 5-7, 6-22012年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ナディア・ペトロワ

    ナディア・ペトロワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2007年全豪オープンでは3回戦でセリーナ・ウィリアムズに敗れたが、2月第2週の「ガス・ド・フランス・オープン」でシーズン初優勝を挙げ、女子ツアー大会のシングルス優勝を「7勝」に伸ばした。ナディア・ペトロワ フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・マカロワ

    エカテリーナ・マカロワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全豪オープンでは1回戦でタマリネ・タナスガーンを 6-0, 2-6, 6-0 、2回戦で第25シードカイア・カネピを 6-2, 7-5 、3回戦で第7シードのベラ・ズボナレワを 7-6(7), 6-1 、4回戦では過去4度優勝の第12シードのセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-3 で破り4大大会初のシングルスベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのマリア・シャラポワに 2-6, 3-6 で敗れた。ダブルスでもと組みベスト8に進出した。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。エレーナ・ベスニナとのダブルスに出場しベスト8に進出した。準々決勝でリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組に 3-6, 3-6 で敗退した。エカテリーナ・マカロワ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・フラバーチコバ

    アンドレア・フラバーチコバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年はルーシー・ハラデツカとのダブルスで全豪オープンと全仏オープンでベスト4に進出した。ウィンブルドンでは4大大会2度目の決勝に進出した。決勝ではセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組に 5?7, 4?6 で敗れ準優勝となった。ロンドン五輪でオリンピックに初出場。女子ダブルス準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組を 6?1, 7?6 で破り決勝に進出した。決勝ではウィリアムズ姉妹組に 4?6, 4?6 で敗れ銀メダルを獲得している。全米オープンでも決勝に進出しサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組に 4?6, 2?6 で敗れウィンブルドンに続き準優勝となった。最終戦のWTAツアー選手権にも出場しダブルス決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 1-6, 4?6 で敗れ準優勝となった。アンドレア・フラバーチコバ フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    芙沙子がコーチに就任して最初の年となった2001年はダブルスでニコル・アレントと組んでシーズンを戦う。アレントとのペアで出場した全豪オープンダブルスは準決勝に進出。ツアーでもキャンベル国際とインディアンウェルズ・マスターズで2勝を上げるなど好調であったが、3月のマイアミ・マスターズを最後にペアを解消。その後単発で数人の選手と組むもペア固定とまでは行かずツアー1?2回戦負けが続いた。しかし第4シードとして出場したウィンブルドン選手権で、前年のアキュラ・クラシック以来2度目のペアとなったキム・クライシュテルスとのダブルスが成功し、準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&レネ・スタブス組に3-6,7-5,6-2のフルセットで勝利する活躍で同部門2年連続の決勝進出を果たす。決勝では第8シードのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組にストレートで敗れるも、後に本格的に固定ペアとしてツアーを回る切っ掛けとなった。一方シングルスではアキュラ・クラシック2回戦で当時世界ランク5位のクライシュテルスをストレートで下すなどの活躍も見られたがシーズン全体では前年に続き低調な成績が続き、年度末ランクも30位と前年より2ランク上げるに留まった。母芙沙子は当時を振り返り「コーチと選手の関係になってからの1年はお互いが選手とコーチとして自立するのに時間が掛かり葛藤があった」とお互いに戸惑いがあったとしながらも「あの1年があって愛の長い競技人生に繋がったと思う」と述懐している。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • キャロライン・ウォズニアッキ

    キャロライン・ウォズニアッキから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2010年の全米オープンでは、世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズが欠場したため初の4大大会第1シードとなったが、準決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)に 4-6, 3-6 で敗れた。10月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝でエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 1-6, 6-2, 6-3, で逆転勝ちし、大会初優勝を挙げる。翌週の中国オープンでは決勝ででベラ・ズボナレワ(ロシア)に 6?3, 3?6, 6?3 で勝利し、大会後のランキングでデンマーク人としては男女を通じて初めての1位になった。最終戦のWTAツアー選手権でも初めての決勝に進出したが、キム・クライシュテルスに 3-6, 7-5, 3-6 で敗れた。キャロライン・ウォズニアッキ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年全豪オープンで、ラドワンスカは第29シードから初のベスト8に進出し、準々決勝で第9シードのダニエラ・ハンチュコバに 2-6, 2-6 で敗れた。この大会ではマルタ・ドマホフスカも4回戦まで進み、ポーランドの女子選手が2人ベスト16に勝ち残る快挙を見せた。ウィンブルドンでは、2回戦でラドワンスカとドマホフスカの“ポーランド対決”を実現させた後、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 6-4, 1-6, 7-5 で競り勝ち、この大会でも初のベスト8入りを決めた。ポーランド女性によるウィンブルドン8強進出は、1939年のヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ以来「69年ぶり」の快挙となる。準々決勝では第6シードのセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 0-6 で敗れた。S・ウィリアムズは2回戦で、4大大会本戦に初出場した妹のウルシュラに 6-4, 6-4 で勝っていたため、同一大会でラドワンスカ姉妹を連破したことになる。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・クビトバ

    ペトラ・クビトバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ウィンブルドンで2回戦で鄭潔(中国)、3回戦でビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、4回戦でキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)とシード選手を破り4大大会初のベスト8に進出する。準々決勝では、カイア・カネピ(エストニア)に 4-6, 7-6, 8-6 で競り勝ちノーシードからベスト4進出の快挙となった。準決勝ではで第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)に 6-7, 2-6 で敗れ、決勝進出はならなかった。クビトバは2010年度の年間最優秀新人賞(WTA Newcomer of the Year)を受賞している。ペトラ・クビトバ フレッシュアイペディアより)

155件中 21 - 30件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード

  • 総務部総務課山口六平太

  • 株式会社カラー10周年記念展〜過去(これまで)のエヴァと、未来のエヴァ。そして現在のスタジオカラー。

  • TOKYO ガンダムプロジェクト2016