231件中 31 - 40件表示
  • コリーナ・モラリュー

    コリーナ・モラリューから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2001年の全豪オープンで、モラリューは女子ダブルス・混合ダブルスの2部門で決勝に進出し、エリス・フェレイラ(南アフリカ)と組んだ混合ダブルスで優勝した。ダベンポートと組んだ女子ダブルス決勝では、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 2-6, 6-4, 4-6 で敗れて準優勝に終わった。コリーナ・モラリュー フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2010年ウィンブルドン選手権(2010 Wimbledon Championships)は、イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、2010年6月21日から7月4日にかけて開催されたITFグランドスラム大会の一つである。サーフェスはグラスコート。本年3大会目のグランドスラム大会であり、今大会で第124回大会となる。大会4日目の6月24日には、1977年ウィンブルドン選手権以来33年ぶりにイギリス女王エリザベス2世の大会観戦が行われた。男子シングルスではラファエル・ナダルがトマーシュ・ベルディハを下して2008年以来2度目の優勝を果たし、女子シングルスではセリーナ・ウィリアムズがベラ・ズボナレワを下して通算4度目、2002年?2003年に続く自身2度目の大会連覇を果たした。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヤロスラワ・シュウェドワ

    ヤロスラワ・シュウェドワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    シングルスは低迷が続き100位以下にまでランキングを落としていたが、2012年全仏オープンでは予選から勝ち上がり、4回戦で前年優勝の李娜(中国)を 3-6, 6-2, 6-0 で破りベスト8に進出した。準々決勝ではペトラ・クビトバ(チェコ)に 6-3, 2-6, 4-6 で敗れた。続くウィンブルドンでは3回戦で全仏準優勝者のサラ・エラニ(イタリア)を 6-0, 6-4 で破り4回戦に進出した。この試合の第1セットでは1ポイントも落とさず24ポイントを連取する「ゴールデン・セット」を4大大会で初めて達成した。公式戦での「ゴールデン・セット」は1968年のオープン化以降女子では初めてとなり、男子を含めても1983年に(アメリカ)が達成して以来2人目である。4回戦では優勝したセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)に 1-6, 6-2, 5-7 で敗れた。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは2回戦でドイツのザビーネ・リシキに 6-4, 3-6, 5-7 で敗れた。ガリナ・ボスコボワと組んだダブルスも2回戦でロシアのマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 3-6, 2-6 で敗退した。2012年10月29日付けのシングルスランキングで自己最高の25位を記録し、2012年度のWTAアワードカムバック賞を受賞している。ヤロスラワ・シュウェドワ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・フラバーチコバ

    アンドレア・フラバーチコバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年はルーシー・ハラデツカとのダブルスで全豪オープンと全仏オープンでベスト4に進出した。ウィンブルドンでは4大大会2度目の決勝に進出した。決勝ではセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組に 5?7, 4?6 で敗れ準優勝となった。ロンドン五輪でオリンピックに初出場。女子ダブルス準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組を 6?1, 7?6 で破り決勝に進出した。決勝ではウィリアムズ姉妹組に 4?6, 4?6 で敗れ銀メダルを獲得している。全米オープンでも決勝に進出しサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組に 4?6, 2?6 で敗れウィンブルドンに続き準優勝となった。最終戦のWTAツアー選手権にも出場しダブルス決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組に 1-6, 4?6 で敗れ準優勝となった。アンドレア・フラバーチコバ フレッシュアイペディアより)

  • ルーシー・ハラデツカ

    ルーシー・ハラデツカから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    シングルスはランキングを100位以下にまで落としていたが、2012年5月のマドリード大会では予選から勝ち上がり、3回戦でペトラ・クビトバを 6?4, 6?3 、準々決勝でサマンサ・ストーサーを 7?6, 7?6 で破り、プレミア・マンダトリーの大会でベスト4に進出した。準決勝はセリーナ・ウィリアムズに 6?7, 0?6 で敗れた。ルーシー・ハラデツカ フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    芙沙子がコーチに就任して最初の年となった2001年はダブルスでニコル・アレントと組んでシーズンを戦う。アレントとのペアで出場した全豪オープンダブルスは準決勝に進出。ツアーでもキャンベル国際とインディアンウェルズ・マスターズで2勝を上げるなど好調であったが、3月のマイアミ・マスターズを最後にペアを解消。その後単発で数人の選手と組むもペア固定とまでは行かずツアー1〜2回戦負けが続いた。しかし第4シードとして出場したウィンブルドン選手権で、前年のアキュラ・クラシック以来2度目のペアとなったキム・クライシュテルスとのダブルスが成功し、準決勝で第1シードのリサ・レイモンド&レネ・スタブス組に3-6,7-5,6-2のフルセットで勝利する活躍で同部門2年連続の決勝進出を果たす。決勝では第8シードのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組にストレートで敗れるも、後に本格的に固定ペアとしてツアーを回る切っ掛けとなった。一方シングルスではアキュラ・クラシック2回戦で当時世界ランク5位のクライシュテルスをストレートで下すなどの活躍も見られたがシーズン全体では前年に続き低調な成績が続き、年度末ランクも30位と前年より2ランク上げるに留まった。母芙沙子は当時を振り返り「コーチと選手の関係になってからの1年はお互いが選手とコーチとして自立するのに時間が掛かり葛藤があった」とお互いに戸惑いがあったとしながらも「あの1年があって愛の長い競技人生に繋がったと思う」と述懐している。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • ジュスティーヌ・エナン

    ジュスティーヌ・エナンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2007年から、彼女は選手登録名を旧姓の「ジュスティーヌ・エナン」に戻した。2007年全豪オープンを「個人的な理由で」欠場し、全豪開催期間中の1月23日に公式サイトで夫のピエール=イブ・アーデンと離婚したことを明らかにした。この年、エナンは全仏オープンで大会3連覇を達成した。全仏オープンの女子シングルス3連覇は、1990年から1992年にかけて3連覇したモニカ・セレシュ以来の偉業となった。2007年全米オープンでは、2002年のセリーナ・ウィリアムズ以来となる全試合ストレート勝ちの完全優勝を成し遂げた。ジュスティーヌ・エナン フレッシュアイペディアより)

  • アリーゼ・コルネ

    アリーゼ・コルネから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2014年2月のドバイ・テニス選手権では準決勝で世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズを 6-4, 6-4 で破る殊勲を挙げた。決勝ではビーナス・ウィリアムズに 3?6, 0?6 で敗れ姉妹撃破はならなかった。アリーゼ・コルネ フレッシュアイペディアより)

  • アナ・イバノビッチ

    アナ・イバノビッチから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス3回戦でベルギーのキム・クライシュテルスに 3-6, 4-6 で敗れた。全米オープンでは優勝した2008年全仏以来の4大大会ベスト8に進出した。準々決勝でセリーナ・ウィリアムズに 1-6, 3-6 で敗れた。11月のチェコとのフェドカップ決勝では第1試合でルーシー・サファロバに 4-6, 3-6 で敗れた。第3試合のエース対決でペトラ・クビトバに 6-3, 7-5 で勝利したが、第4試合でエレナ・ヤンコビッチがサファロバに 1-6, 1-6 で敗れセルビアは初優勝を逃した。アナ・イバノビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全豪オープン 男子単優勝:ロジャー・フェデラー(スイス)、女子単優勝:セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

231件中 31 - 40件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード