231件中 41 - 50件表示
  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    女子ダブルス優勝::ビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組()(5年ぶり3回目)2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 李娜

    李娜から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2010年の全豪オープンでは、李娜と鄭潔の2人が女子シングルスのベスト4に入った。シングルスでのベスト4は中国では史上初、アジア全体でも伊達公子(現・クルム伊達公子)以来史上2人目だった。李娜は4回戦で第4シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、準々決勝で第6シードのビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)を連破して勝ち進み、初進出の準決勝で第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 6-7(4-7), 6-7(1-7) で敗れた。鄭潔も準決勝でジュスティーヌ・エナン(ベルギー)に敗れたため、中国勢初の4大大会女子シングルス決勝進出はならなかった。李娜 フレッシュアイペディアより)

  • ミリヤナ・ルチッチ=バロニ

    ミリヤナ・ルチッチ=バロニから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1998年の全豪オープンで、ルチッチは女子ダブルスでマルチナ・ヒンギスとペアを組み、決勝でリンゼイ・ダベンポート&ナターシャ・ズベレワ組を 6-4, 2-6, 6-3 で破って初優勝した。翌週の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でもヒンギスとのペアで、ダベンポート&ズベレワ組を破って2週連続優勝を果たす。5月初頭にはクロアチア・ボル大会の決勝で再びモラリューを破り、大会2連覇を果たした。しかし、その頃からルチッチのテニスは「球種の単調さ」を対戦相手に研究されていた。早熟選手としての人気を買われて、ウィンブルドン2回戦では同じ16歳のセリーナ・ウィリアムズとの対戦でセンター・コートに立ったが、黒人姉妹の妹セリーナに 3-6, 0-6 で完敗してしまう。このウィンブルドン選手権では、ルチッチは混合ダブルス部門でインドのマヘシュ・ブパシとペアを組んで準優勝している。その後、全米オープンでは2回戦で日本の沢松奈生子を 4-6, 6-1, 6-1 の逆転で破ったが、3回戦ではグラフに 1-6, 1-6 であっけなく敗れた。ミリヤナ・ルチッチ=バロニ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年全豪オープンで、ラドワンスカは第29シードから初のベスト8に進出し、準々決勝で第9シードのダニエラ・ハンチュコバに 2-6, 2-6 で敗れた。この大会ではマルタ・ドマホフスカも4回戦まで進み、ポーランドの女子選手が2人ベスト16に勝ち残る快挙を見せた。ウィンブルドンでは、2回戦でラドワンスカとドマホフスカの“ポーランド対決”を実現させた後、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワに 6-4, 1-6, 7-5 で競り勝ち、この大会でも初のベスト8入りを決めた。ポーランド女性によるウィンブルドン8強進出は、1939年のヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ以来「69年ぶり」の快挙となる。準々決勝では第6シードのセリーナ・ウィリアムズに 4-6, 0-6 で敗れた。S・ウィリアムズは2回戦で、4大大会本戦に初出場した妹のウルシュラに 6-4, 6-4 で勝っていたため、同一大会でラドワンスカ姉妹を連破したことになる。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • サラ・エラニ

    サラ・エラニから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年全仏オープンでは3回戦でアナ・イバノビッチ、4回戦でスベトラーナ・クズネツォワの過去の全仏優勝者に勝利して全豪に続きベスト8に進出。準々決勝でアンゲリク・ケルバーを 6?3, 7?6(2) で破り初めてトップ10プレイヤーに勝利した。(エラニはこれまでトップ10プレイヤーと28回対戦したが一度も勝利を挙げることが出来なかった。)準決勝ではサマンサ・ストーサーを破り第21シードから決勝に進出した。決勝ではマリア・シャラポワに 3?6, 2?6 で敗れて準優勝となった。全米オープンでも4回戦でアンゲリク・ケルバーに 7?6(5), 6?3 で勝利しベスト8に進出した。準々決勝ではロベルタ・ビンチに 6?2, 6?4 で勝利しベスト4に進出。イタリア人として初の全米ベスト4入りを果たした。準決勝ではセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 2?6 で完敗した。最終戦のWTAツアー選手権にも初出場した。サラ・エラニ フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・クビトバ

    ペトラ・クビトバから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ウィンブルドンで2回戦で鄭潔、3回戦でビクトリア・アザレンカ、4回戦でキャロライン・ウォズニアッキとシード選手を破り4大大会初のベスト8に進出する。準々決勝では、カイア・カネピに 4-6, 7-6, 8-6 で競り勝ちノーシードからベスト4進出の快挙となった。準決勝ではで第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 6-7, 2-6 で敗れ、決勝進出はならなかった。クビトバは2010年度の年間最優秀新人賞(WTA Newcomer of the Year)を受賞している。ペトラ・クビトバ フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・マカロワ

    エカテリーナ・マカロワから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年全豪オープンでは1回戦でタマリネ・タナスガーンを 6-0, 2-6, 6-0 、2回戦で第25シードカイア・カネピを 6-2, 7-5 、3回戦で第7シードのベラ・ズボナレワを 7-6(7), 6-1 、4回戦では過去4度優勝の第12シードのセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-3 で破り4大大会初のシングルスベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのマリア・シャラポワに 2-6, 3-6 で敗れた。ダブルスでもと組みベスト8に進出した。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。エレーナ・ベスニナとのダブルスに出場しベスト8に進出した。準々決勝でリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組に 3-6, 3-6 で敗退した。エカテリーナ・マカロワ フレッシュアイペディアより)

  • ビーナス・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1990年代後半からアメリカ女子テニス界のトッププレイヤーの一人として活躍。妹のセリーナ・ウィリアムズとともに、女子テニス界に「パワーテニス」を持ち込み、これまでの女子テニスのスタイルを一変させた。ビーナス・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    【テニス】 ウィンブルドン選手権女子決勝が行われ、第6シードのセリーナ・ウィリアムズが通算5度目の優勝を飾った。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・バルトリ

    マリオン・バルトリから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2011年全仏オープンでバルトリは全仏では初めてのベスト4に進出した。準決勝で前年優勝のフランチェスカ・スキアボーネに 3-6, 3-6 で敗れ決勝進出を逃した。続くイーストボーン大会では決勝でペトラ・クビトバを 6?1, 4?6, 7?5 で破りシングルス6勝目を挙げた。ウィンブルドンでは、4回戦で2連覇中のセリーナ・ウィリアムズを 6?3, 7?6 で破り準優勝した2007年以来のベスト8進出を果たした。準々決勝ではザビーネ・リシキに 4?6, 7?6(5), 1?6 で敗れた。10月のHPオープンでは決勝でサマンサ・ストーサーに 6?3, 6?1 で勝利しシングルス7勝目を挙げた。マリオン・バルトリ フレッシュアイペディアより)

231件中 41 - 50件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード