155件中 51 - 60件表示
  • 2003年全米オープン女子シングルス

    2003年全米オープン女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ ''(大会開始前に欠場)2003年全米オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 1999年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    1999年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ ''(大会開始前に欠場)1999年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 雉子牟田直子

    雉子牟田直子から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    直子は専修大学を1年で中退し、1992年に20歳でプロ入りした。早熟選手だった姉の明子に比べると、妹はプロとしてのスタートは遅い。1995年の全米オープンで、初めて4大大会の1回戦を突破する。この大会では日本人女子選手8人がシングルスの本戦に直接出場を果たし、日本女子テニス界の全盛期を印象づけた。翌1996年の全米オープンで3回戦に進出したが、当時15歳のマルチナ・ヒンギス(スイス)に2-6,2-6で完敗した。1997年はウィンブルドン2回戦で第16シード、当時シングルス16位のバルバラ・パウルスと対戦。5-7,6-3,6-3のフルセットで勝利する番狂わせを起こし、ヤユク・バスキ(インドネシア)との3回戦まで進出した。ダブルスでは1997年と1998年の2年連続で、宮城ナナとペアを組んで全豪オープン女子ダブルスのベスト8に進出した。1998年の全豪女子ダブルスでは、3回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝ったが、続く準々決勝で第1シードのリンゼイ・ダベンポート(アメリカ)&ナターシャ・ズベレワ(ベラルーシ)組1-6,0ー6のストレートで完敗している。雉子牟田直子 フレッシュアイペディアより)

  • 1958年のスポーツ

    1958年のスポーツから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    黒人女子選手のギブソンが、ウィンブルドン選手権と全米選手権にそれぞれ大会2連覇を達成。これ以後、黒人女子選手の優勝は1999年の全米オープン優勝者セリーナ・ウィリアムズまで途絶える。1958年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン女子ダブルス

    2010年全仏オープン女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ / ビーナス・ウィリアムズ (優勝)2010年全仏オープン女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • イネス・ゴロチャテギ

    イネス・ゴロチャテギから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    競技生活の早い時期に痛めた左膝に加えて、ゴロチャテギのテニス経歴は故障との闘いの連続だった。それでも、現役最後の年となった1999年はフェドカップの「アメリカズ・グループA」でパトリシア・タラビーニとのダブルス戦をこなし、ウィンブルドンで4年ぶりの3回戦に進出している。最後のウィンブルドンでは、当時18歳のアンナ・クルニコワとの試合を 5-7, 1-3 で途中棄権した。ゴロチャテギの現役最後の大会は、1999年全米オープンであった。シングルスは1回戦でナターシャ・ズベレワに敗れ、ダブルスでは6年前の準優勝と同じアマンダ・クッツァーとペアを組んだが、2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 7-6, 4-6, 4-6 で競り負けた。ズベレワとウィリアムズ姉妹との戦いを最後に、イネス・ゴロチャテギは26歳で現役を退いた。イネス・ゴロチャテギ フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ゴロビン

    タチアナ・ゴロビンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ゴロビンの父親はアイスホッケーのコーチで、彼女が8歳の時に家族を連れてロシアの首都モスクワからフランス・リヨン市に引っ越した。それ以来、タチアナ・ゴロビンはフランス市民となる。2003年からWTAツアー大会に挑戦を始め、同年の全仏オープンで4大大会にデビュー。2004年の全豪オープンで、16歳になったばかりのゴロビンはいきなり女子シングルス4回戦に進出し、2週間後の「パリ・インドア選手権」でもマリー・ピエルスとの準決勝に進む。全仏オープンの混合ダブルスで同じフランスのリシャール・ガスケとペアを組んだゴロビンは、決勝でジンバブエのウェイン・ブラックとカーラ・ブラックの兄妹ペアを 6-3, 6-4 で破って初優勝を飾った。全仏の混合ダブルスで優勝した後、ゴロビンはイギリス・バーミンガムの芝生の大会に乗り込み、マリア・シャラポワとの決勝戦に進出した。続くウィンブルドンでもセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで勝ち進み、女子テニス国別対抗戦・フェドカップのフランス代表選手にも初選出され、準決勝と決勝でそれぞれシングルス2試合に起用された。この年の目覚ましい活躍を評価され、ゴロビンは女子テニス協会の2004年度「最優秀新人賞」を受賞した。タチアナ・ゴロビン フレッシュアイペディアより)

  • ミラグロス・セケラ

    ミラグロス・セケラから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2006年10月、セケラは世界ランキングを98位に上げ、初めての世界ランキングトップ100入りを果たす。そして2007年に入ると、彼女は全豪オープンで初めて1回戦を突破し、ニコル・バイディソバとの2回戦に進んだ。5月、モロッコ・フェズ大会のシングルス決勝戦で、セケラはアレクサンドラ・ウォズニアク(カナダ)を 6-1, 6-3 で破り、ベネズエラの女子テニス選手として史上初のWTAツアー大会シングルス優勝を飾った。この快挙の後、セケラは全仏オープンでも初めての2回戦に進む。そしてウィンブルドンでは、彼女自身の4大大会自己最高成績となる3回戦進出を果たした。全仏オープンとウィンブルドンで、セケラはセリーナ・ウィリアムズに2連敗を喫している。ミラグロス・セケラ フレッシュアイペディアより)

  • ミハエラ・クライチェク

    ミハエラ・クライチェクから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    最近のクライチェクは左手首と膝に故障を抱え、女子ツアーでの成績が低迷している。4大大会のシングルスでは予選敗退が続いていたが、2011年全米オープンで予選を勝ち上がり、3年ぶりに4大大会の本戦に出場した。1回戦でエレニ・ダニリドゥ(ギリシャ)に 3-6, 7-6(4), 6-1 で勝利したが、2回戦でセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)に 0-6, 1-6 で完敗した。ミハエラ・クライチェク フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ウィンブルドン選手権

    2003年ウィンブルドン選手権から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. ビーナス・ウィリアムズ, 4?6, 6?4, 6?22003年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード

  • 総務部総務課山口六平太

  • 株式会社カラー10周年記念展〜過去(これまで)のエヴァと、未来のエヴァ。そして現在のスタジオカラー。

  • TOKYO ガンダムプロジェクト2016