231件中 51 - 60件表示
  • ロンダ・ラウジー

    ロンダ・ラウジーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2015年7月15日、ESPN主催のスポーツ界のアカデミー賞といわれるESPY賞で、セリーナ・ウィリアムズらを抑えて最優秀女子選手賞を2年連続で受賞。さらに、世紀の一戦を制したばかりのフロイド・メイウェザー・ジュニアやゲンナジー・ゴロフキン、ドナルド・セラーニらの男子ファイターを抑えて最優秀ファイター賞も受賞した。総合格闘家の最優秀ファイター賞受賞は男女を通じてラウジーが史上初の受賞者となった。ロンダ・ラウジー フレッシュアイペディアより)

  • シュテフィ・グラフ

    シュテフィ・グラフから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    現役最後の年となった1999年、全豪オープンでは準々決勝でモニカ・セレシュに敗退する。3月上旬の「エバート・カップ」では、当時17歳のセリーナ・ウィリアムズと決勝戦を行い、全仏オープンで「第6シード」を得た。この大会で1996年全米オープン以来の4大大会決勝に進出したグラフは、1999年6月5日の決勝戦でマルチナ・ヒンギスとの“新旧女王対決”に勝ち、全仏で3年ぶり6度目の優勝を飾る。これが自身最後の4大大会優勝(22勝目)となった。続くウィンブルドンでは、3年ぶりの決勝でリンゼイ・ダベンポートに 4-6, 5-7 で敗退し、8度目の優勝を逃す。この大会ではジョン・マッケンローと組んで混合ダブルスにもエントリーしたが、準決勝の直前に試合を棄権した。その後し、8月13日に世界ランキング3位で現役を引退した。シュテフィ・グラフ フレッシュアイペディアより)

  • アンゲリク・ケルバー

    アンゲリク・ケルバーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ポーランド出身の両親の間に生まれたケルバーは3歳からテニスを始め、2003年にプロに転向。しばらくはITFのサーキット大会での下積みが続いた。2007年の全仏オープンで4大大会に初出場。第13シードのエレーナ・デメンチェワに、3-6, 2-6 で敗れている。ウィンブルドンはアンナ・チャクベタゼ、全米オープンではセリーナ・ウィリアムズとシード選手と対戦し初戦敗退している。同年7月に日本の豊田市で開催されたフェドカップの「ワールドグループ・プレーオフ」では、森田あゆみに6-4, 4-6, 5-7 、高雄恵利加に3-6, 2-6で敗れている。試合は3勝2敗でドイツが日本に勝利してワールドグループ残留を決めた。アンゲリク・ケルバー フレッシュアイペディアより)

  • シモナ・ハレプ

    シモナ・ハレプから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2012年5月のブリュッセル大会ではツアー3度目の決勝に進出したがアグニエシュカ・ラドワンスカに 5?7, 0?6 で敗れた。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスでは1回戦でカザフスタンのヤロスラワ・シュウェドワに 4-6, 2-6 で敗れソラナ・チルステアと組んだダブルスも1回戦でアメリカのビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ組に 3-6, 2-6 で敗れた。シモナ・ハレプ フレッシュアイペディアより)

  • セレナ・ウィリアムズ

    セレナ・ウィリアムズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セレナ・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • セレーナ・ウィリアムス

    セレーナ・ウィリアムスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セレーナ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ

    ウィリアムズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ - アメリカの女子プロテニス選手。ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • 浅越しのぶ

    浅越しのぶから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2004年度はオリンピック直前のTier I(ティア・ワン、準グランドスラム級の規模)の大会である「カナディアン・オープン」で杉山愛とのペアでダブルス優勝し、ビッグタイトルを獲得する。その後の2004年アテネ五輪では、ダブルスベスト4と大活躍した。4大大会では全仏オープン1回戦で再びハンチュコバを破り、2回戦で第16シードのパティ・シュナイダーと強豪選手を連破した後、セリーナ・ウィリアムズとの4回戦(ベスト16)まで進出した。特に2004年全米オープンでは、世界ランキング60位から勝ち進み、1回戦で第24シード、3回戦で第13シードのパオラ・スアレス(アルゼンチン)、さらに4回戦で第29シードを撃破する。初めての準々決勝ではリンゼイ・ダベンポートに完敗したが、この大会で浅越は自身初の4大大会ベスト8進出を果たした。2005年度は全豪オープンの前哨戦であるニュージーランド・オークランドの大会でシングルス準優勝・ダブルス優勝を果たした。浅越しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・ヘザリントン

    ジル・ヘザリントンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    シングルスから撤退した後の1995年全仏オープンで、ヘザリントンは混合ダブルスで準優勝し、ここで4大大会最後の活躍を見せた。ジョン・ラフニー・デ・ヤーガー(南アフリカ)とペアを組んだ彼女は、決勝でマーク・ウッドフォード(オーストラリア)&ラリサ・ネーランド(ラトビア)組に 6-7, 6-7 で敗れ、2セット連続でタイブレークを失った。1996年アトランタ五輪で2度目のオリンピックに出場した時は、パトリシア・ヒー=ブーレと組んだ女子ダブルスでベスト8に勝ち進んだ。彼女の現役最後の試合は、1997年全米オープンの女子ダブルスであった。最後の大会ではリナルディとペアを組み、1回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝った後、続く2回戦でリサ・レイモンド&レネ・スタブス組に 1-6, 7-5, 3-6 で敗れた。こうして、ジル・ヘザリントンはダブルス選手としての15年間の選手経歴を終えたのである。ジル・ヘザリントン フレッシュアイペディアより)

  • 2002年全豪オープン女子シングルス

    2002年全豪オープン女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ ''(大会開始前に欠場)2002年全豪オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

231件中 51 - 60件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード