231件中 61 - 70件表示
  • リナ・クラスノルツカヤ

    リナ・クラスノルツカヤから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    リナ・クラスノルツカヤは2003年にダブルスで活躍し、6月第3週のオランダ・スヘルトーヘンボス大会(ウィンブルドン前哨戦の1つ)でエレーナ・デメンチェワとペアを組み、ナディア・ペトロワ&マリー・ピエルス組を 2-6, 6-3, 6-4 で破ってツアーのダブルス初優勝を挙げた。ウィンブルドンでもクラスノルツカヤとデメンチェワのペアは、3回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に勝ち、第1シードのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&パオラ・スアレス組との準決勝まで進出した。同年の全米オープン混合ダブルス部門で、クラスノルツカヤはカナダのダニエル・ネスターとペアを組んで決勝に進んだが、ボブ・ブライアン(アメリカ)&カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組と第3セットのタイブレークまで戦い、最終スコア 7-5, 5-7, 6-7 で敗れて優勝を逃した。リナ・クラスノルツカヤ フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・リナルディ

    キャシー・リナルディから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    キャシー・リナルディは1990年夏から、カナダのジル・ヘザリントンとのダブルスに活路を見いだした。1991年、リナルディとヘザリントンは全豪オープン女子ダブルスでベスト4に入り、女子ツアーでダブルス年間2勝を挙げた。ヘザリントンとは1993年までパートナーを組み続けたが、10大会で準優勝がある。1993年12月11日、リナルディは高校時代からの恋人だったブラッド・スタンケル(Brad Stunkel)と結婚し、その後は2つの姓を併用して「キャシー・リナルディ・スタンケル」(Kathy Rinaldi Stunkel)と名乗った。息子が生まれた後、リナルディ・スタンケルは母親の選手としても活躍した。1997年全米オープンの女子ダブルス1回戦では、ヘザリントンとのペアで、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組を破ったこともある。早熟天才少女から母親の選手へ、息の長いキャリアを送ったキャシー・リナルディ・スタンケルは、1998年4月に31歳で現役を引退した。キャシー・リナルディ フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ゴロビン

    タチアナ・ゴロビンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ゴロビンの父親はアイスホッケーのコーチで、彼女が8歳の時に家族を連れてロシアの首都モスクワからフランス・リヨン市に引っ越した。それ以来、タチアナ・ゴロビンはフランス市民となる。2003年からWTAツアー大会に挑戦を始め、同年の全仏オープンで4大大会にデビュー。2004年の全豪オープンで、16歳になったばかりのゴロビンはいきなり女子シングルス4回戦に進出し、2週間後の「パリ・インドア選手権」でもマリー・ピエルスとの準決勝に進む。全仏オープンの混合ダブルスで同じフランスのリシャール・ガスケとペアを組んだゴロビンは、決勝でジンバブエのウェイン・ブラックとカーラ・ブラックの兄妹ペアを 6-3, 6-4 で破って初優勝を飾った。全仏の混合ダブルスで優勝した後、ゴロビンはイギリス・バーミンガムの芝生の大会に乗り込み、マリア・シャラポワとの決勝戦に進出した。続くウィンブルドンでもセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで勝ち進み、女子テニス国別対抗戦・フェドカップのフランス代表選手にも初選出され、準決勝と決勝でそれぞれシングルス2試合に起用された。この年の目覚ましい活躍を評価され、ゴロビンは女子テニス協会の2004年度「最優秀新人賞」を受賞した。タチアナ・ゴロビン フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ジョーダン (テニス選手)

    バーバラ・ジョーダン (テニス選手)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    バーバラの全豪優勝から4年後、1983年に妹のキャシー・ジョーダンが同じ全豪オープンで決勝に進出したが、キャシーは強敵マルチナ・ナブラチロワに敗れたため“姉妹優勝”はならなかった。テニスの歴史を通じて、姉妹が揃って4大大会の決勝に進出したのは、1884年に第1回ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝で“姉妹対決”をしたモード・ワトソンとリリアン・ワトソン(イングランド)以来のことであり、テニス界の「オープン化時代」(1968年以後)では初めての快挙だった。最近ではアメリカの黒人姉妹、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹がともに世界ランキング1位の座に立ち、ワトソン姉妹やジョーダン姉妹とは比較にならないほどのプレーを展開してきた。バーバラ・ジョーダン (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • イリナ・スピールリア

    イリナ・スピールリアから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1998年の全豪オープンで、スピールリアは1回戦でウィリアムズ姉妹の妹セリーナ・ウィリアムズに敗れてしまう。これがセリーナの4大大会デビュー戦だった。この年の5月、全仏オープンの最後の前哨戦にあたる「ストラスブール選手権」で最後のシングルス優勝を飾る。この年はウィリアムズ姉妹やヤナ・ノボトナとの対戦が多くなった。イリナ・スピールリア フレッシュアイペディアより)

  • ジル・クレイバス

    ジル・クレイバスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    4大大会シングルスでは、現時点では2005年ウィンブルドンの4回戦進出が最高成績である。ノーシードで出場したこの大会の2回戦で第29シードのマリオン・バルトリ(フランス)を 6-1, 6-4 のストレートで、3回戦で当時世界ランキング4位、2004年ウィンブルドン準優勝者のセリーナ・ウィリアムズを 6-3, 7-6(6) のストレートでそれぞれ下す番狂わせを演じたが、4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 0-6, 2-6 のストレートで敗退した。ジル・クレイバス フレッシュアイペディアより)

  • 1999年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    1999年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ ''(大会開始前に欠場)1999年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全米オープン女子ダブルス

    2009年全米オープン女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    決勝は前年度優勝ペアの大会第1シードカーラ・ブラック&リーゼル・フーバー組と大会第4シードのセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組の対戦となり、ウィリアムズ組がブラック&フーバー組を6?2, 6?2のストレートで下し、グランドスラムダブルスで通算10度目、全米では1999年以来10年振り2度目となるダブルス優勝を果たした。2009年全米オープン女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    2010年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    決勝では前年度優勝者で第1シードのセリーナ・ウィリアムズが、第21シードのベラ・ズボナレワを6-3,6-2のストレーで下し連覇を達成。セリーナは全試合ストレート勝ちの圧倒的な優勝となった。この優勝により、過去11年間のウィンブルドン選手権女子シングルス部門において、姉のビーナス・ウィリアムズと2004年と2006年を除く9大会で優勝を分け合うという記録を作った。準決勝には共にノーシードで自身初のグランドスラムシングルスベスト4となったペトラ・クビトバとツベタナ・ピロンコバが進出したが,これはウィンブルドンにおいて1999年にミリヤナ・ルチッチとアレクサンドラ・スティーブンソンが進出して以来の出来事であった。また、ピロンコバのウィンブルドンシングルスベスト4進出は、男女通じてブルガリア史上初であった。2010年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2014年全米オープン (テニス)

    2014年全米オープン (テニス)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. キャロライン・ウォズニアッキ, 6-3, 6-32014年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

231件中 61 - 70件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード