155件中 71 - 80件表示
  • 2002年全豪オープン女子シングルス

    2002年全豪オープン女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ ''(大会開始前に欠場)2002年全豪オープン女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2001年全豪オープン

    2001年全豪オープンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズ / セリーナ・ウィリアムズ def. リンゼイ・ダベンポート / コリーナ・モラリュー, 6-2, 2-6, 6-42001年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年全豪オープン

    2007年全豪オープンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. マリア・シャラポワ, 6?1, 6?22007年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • エミー・フレージャー

    エミー・フレージャーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    フレージャーが第1回大会から参加してきた「ニチレイ・レディース」では、1994年にもアランチャ・サンチェス・ビカリオに決勝で敗れた準優勝がある。この大会は1997年に「トヨタ・プリンセス・カップ」という名称に変更され、2002年を最後に終了した。最後の大会の時もフレージャーはプレーしており、セリーナ・ウィリアムズとの準決勝まで勝ち進んでいる。エミー・フレージャー フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・ジョーダン

    キャシー・ジョーダンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    テニスの歴史を通じて、姉妹が揃って4大大会の決勝に進出したのは、1884年に第1回ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝で“姉妹対決”をしたモード・ワトソンとリリアン・ワトソン(イングランド)以来のことであり、テニス界の「オープン化時代」(1968年以後)では初めての快挙だった。最近ではアメリカの黒人姉妹、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹がともに世界ランキング1位の座に立ち、ワトソン姉妹やジョーダン姉妹とは比較にならないほどのプレーを展開してきた。キャシー・ジョーダン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年全米オープン (テニス)

    2008年全米オープン (テニス)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    セリーナ・ウィリアムズ def. エレナ・ヤンコビッチ,6?4, 7?52008年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年ウィンブルドン選手権女子シングルス

    2010年ウィンブルドン選手権女子シングルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    決勝では前年度優勝者で第1シードのセリーナ・ウィリアムズが、第21シードのベラ・ズボナレワを6-3,6-2のストレーで下し連覇を達成。セリーナは全試合ストレート勝ちの圧倒的な優勝となった。この優勝により、過去11年間のウィンブルドン選手権女子シングルス部門において、姉のビーナス・ウィリアムズと2004年と2006年を除く9大会で優勝を分け合うという記録を作った。準決勝には共にノーシードで自身初のグランドスラムシングルスベスト4となったペトラ・クビトバとツベタナ・ピロンコバが進出したが,これはウィンブルドンにおいて1999年にミリヤナ・ルチッチとアレクサンドラ・スティーブンソンが進出して以来の出来事であった。また、ピロンコバのウィンブルドンシングルスベスト4進出は、男女通じて同国史上初の快挙であった。2010年ウィンブルドン選手権女子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ジーナ・ガリソン

    ジーナ・ガリソンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ジーナ・ガリソンは黒人選手として4大大会優勝を果たせなかったが、現在はビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が世界の舞台で活躍している。ジーナ・ガリソン フレッシュアイペディアより)

  • ビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    ビルヒニア・ルアノ・パスクアルから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    スアレスの引退後、ルアノ・パスクアルは同じスペインの後輩選手アナベル・メディナ・ガリゲスと組んで大半のダブルス戦に出場するようになった。ルアノ・パスクアルとメディナ・ガリゲスは、2008年全仏オープンの女子ダブルスでフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)&ケーシー・デラクア(オーストラリア)組を 2-6, 7-5, 6-4 で破り、このコンビでも4大大会優勝を果たした。ルアノ・パスクアルにとっては、2005年以来3年ぶり5度目の全仏女子ダブルス優勝となる。ルアノ・パスクアルとメディナ・ガリゲスは北京五輪でも女子ダブルス決勝に進出したが、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組(アメリカ、当年度のウィンブルドン優勝ペア)に 2-6, 0-6 で完敗し、ルアノ・パスクアルは2大会連続の銀メダルに終わった。ビルヒニア・ルアノ・パスクアル フレッシュアイペディアより)

  • 孫甜甜

    孫甜甜から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    孫甜甜はダブルス・パートナーの李婷に比べると、シングルスにも強く、全豪オープンを除く4大大会で女子シングルス2回戦に進出している。2005年のチャイナ・オープン2回戦ではセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 7-6(7) で破る番狂わせを起こした。2006年10月8日、孫はウズベキスタン・タシュケント大会の決勝で地元選手のイロダ・ツルヤガノワを 6-2, 6-4 で破り、女子テニスツアー大会でシングルス初優勝を果たした。孫甜甜 フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード

  • 総務部総務課山口六平太

  • 株式会社カラー10周年記念展〜過去(これまで)のエヴァと、未来のエヴァ。そして現在のスタジオカラー。

  • TOKYO ガンダムプロジェクト2016