155件中 81 - 90件表示
  • メガン・ショーネシー

    メガン・ショーネシーから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2003年1月、ショーネシーはオーストラリア・キャンベラの大会でツアー3勝目を挙げ、直後の全豪オープンで4大大会の自己最高成績を出し、ベスト8に進出した。その準々決勝では第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。この年は全仏オープン3回戦で杉山愛(日本に敗れ、全米オープン4回戦ではキム・クライシュテルス(ベルギー)に敗れている。メガン・ショーネシー フレッシュアイペディアより)

  • リリアン・ワトソン

    リリアン・ワトソンから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    第1回ウィンブルドン選手権で行われたリリアンとモードの「ワトソン姉妹対決の決勝」から117年後、2001年の全米オープン女子シングルス決勝で、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が「姉妹対決の決勝」を実現させた。この決勝対決は、ウィンブルドン選手権でも2002年・2003年・2008年の3度実現する。2008年ウィンブルドンまで総計7回行われた黒人姉妹の決勝対決は、妹のセリーナが「5勝2敗」で大きく勝ち越した。リリアン・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全米オープン女子ダブルス

    2009年全米オープン女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    決勝は前年度優勝ペアの大会第1シードカーラ・ブラック&リーゼル・フーバー組と大会第4シードのセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組の対戦となり、ウィリアムズ組がブラック&フーバー組を6?2, 6?2のストレートで下し、グランドスラムダブルスで通算10度目、全米では1999年以来10年振り2度目となるダブルス優勝を果たした。2009年全米オープン女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックアメリカ合衆国選手団

    北京オリンピックアメリカ合衆国選手団から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ(テニス女子ダブルス)北京オリンピックアメリカ合衆国選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ウィンブルドン選手権女子ダブルス

    2012年ウィンブルドン選手権女子ダブルスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    前年優勝のクベタ・ペシュケ&カタリナ・スレボトニク組は2回戦でフランチェスカ・スキアボーネ&フラビア・ペンネッタ組に敗退した。決勝はセリーナ・ウィリアムズ&ビーナス・ウィリアムズ組が第6シードのアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 7?5, 6?4 で破り優勝した。2012年ウィンブルドン選手権女子ダブルス フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ジョーダン (テニス選手)

    バーバラ・ジョーダン (テニス選手)から見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    バーバラの全豪優勝から4年後、1983年に妹のキャシー・ジョーダンが同じ全豪オープンで決勝に進出したが、キャシーは強敵マルチナ・ナブラチロワに敗れたため“姉妹優勝”はならなかった。テニスの歴史を通じて、姉妹が揃って4大大会の決勝に進出したのは、1884年に第1回ウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝で“姉妹対決”をしたモード・ワトソンとリリアン・ワトソン(イングランド)以来のことであり、テニス界の「オープン化時代」(1968年以後)では初めての快挙だった。最近ではアメリカの黒人姉妹、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹がともに世界ランキング1位の座に立ち、ワトソン姉妹やジョーダン姉妹とは比較にならないほどのプレーを展開してきた。バーバラ・ジョーダン (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    2008年の全仏オープンで、スキアボーネはケーシー・デラクア(オーストラリア)と組んで女子ダブルス決勝に進出した。2人は決勝戦でスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組に 6-2, 5-7, 4-6 の逆転で敗れ、初優勝を逃した。スキアボーネは前年のマラ・サンタンジェロに続く、イタリア人選手としての全仏女子ダブルス連覇を逃したことになる。デラクアとは2009年全豪オープンでもペアを組み、準決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に 0-6, 2-6 で完敗した。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • ジル・クレイバス

    ジル・クレイバスから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    4大大会シングルスでは、現時点では2005年ウィンブルドンの4回戦進出が最高成績である。ノーシードで出場したこの大会の2回戦で第29シードのマリオン・バルトリ(フランス)を 6-1, 6-4 のストレートで、3回戦で当時世界ランキング4位、2004年ウィンブルドン準優勝者のセリーナ・ウィリアムズを 6-3, 7-6(6) のストレートでそれぞれ下す番狂わせを演じたが、4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 0-6, 2-6 のストレートで敗退した。ジル・クレイバス フレッシュアイペディアより)

  • エルス・カレンズ

    エルス・カレンズから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    1990年にプロ入り。カレンズは長い間、女子プロテニス界では地味な存在の選手だった。1991年ウィンブルドンで予選を勝ち上がり、本戦2回戦に進出したが、その次の4大大会シングルス本戦出場は1995年の全豪オープンである。1997年と1998年の2年連続で、カレンズはウィンブルドンの女子ダブルス準々決勝に進出する。1997年はジンジャー・ニールセン(アメリカ)とペアを組み、1998年はジュリー・アラール=デキュジスと組んだ。全仏オープンの女子ダブルスでは、1999年にリタ・グランデと組んでベスト8に入ったが、準々決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に敗れている。エルス・カレンズ フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・ボンダレンコ

    アリョーナ・ボンダレンコから見たセリーナ・ウィリアムズセリーナ・ウィリアムズ

    全豪オープン優勝後、アリョーナとカテリナは全仏オープンでも女子ダブルスのベスト4に入った。8月の北京五輪で、アリョーナとカテリナは女子ダブルス準決勝でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組と顔を合わせ、“姉妹ペア対決”に 6-4, 4-6, 1-6 で逆転負けしたため、準決勝敗退ペア2組による「銅メダル決定戦」に回った。2人は銅メダル決定戦で地元中国ペアの鄭潔&晏紫組に 2-6, 2-6 で完敗し、女子ダブルスのメダルを逃した。アリョーナはシングルス2回戦でエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 5-7, 1-6 で敗れた。アリョーナ・ボンダレンコ フレッシュアイペディアより)

155件中 81 - 90件表示

「セリーナ・ウィリアムズ」のニューストピックワード

  • 総務部総務課山口六平太

  • 株式会社カラー10周年記念展〜過去(これまで)のエヴァと、未来のエヴァ。そして現在のスタジオカラー。

  • TOKYO ガンダムプロジェクト2016