前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示
  • デイヴィッド・フォスター

    デイヴィッド・フォスターから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    デイヴィッド・ウォルター・フォスター(David Walter Foster、1949年11月1日 - )はカナダの音楽家、音楽プロデューサー、ソングライター、編曲家である。セリーヌ・ディオン、ジョシュ・グローバン、シャリース・ペンペンコ、マイケル・ブーブレなどを見出したり、世界で成功したアーティストのプロデュースを数多く手がけている。今までに15のグラミー賞を獲得した他、「カナダのグラミー」と呼ばれるジュノー賞を7回、映像関連のエミー賞を1回受賞している。また、映画のサウンドトラックも数多く手掛け、3度アカデミー賞にノミネートされている。デイヴィッド・フォスター フレッシュアイペディアより)

  • Taking Chances

    Taking Chancesから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    Taking Chances(テイキング・チャンシズ=危険な賭け)はセリーヌ・ディオンの通算35枚目、英語盤では13枚目のアルバム。2007年11月7日に日本で先行発売され、11月9日から12日にかけてヨーロッパで、11月10日にオーストラリアとニュージーランドで、11月13日に北アメリカで発売された。また邦題はカタカナ転写されず、原題のラテン文字のままになっている。Taking Chances フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン・ウォーレン

    ダイアン・ウォーレンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2004年に彼女が作曲したラブソングのコンピレーション・アルバム『Diane Warren Presents Love Songs』を発表した。「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(アーティストはセリーヌ・ディオン)、「アン-ブレイク・マイ・ハート」(アーティストはトニ・ブラクストン)などを収録している。「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」についてはリアン・ライムスのヴァージョンではなく、トリーシャ・イヤウッドのヴァージョンが収録されている(リアン・ライムスの曲としては「キャント・ファイト・ザ・ムーンライト」が収録されている)。近年ではダイアンは「バラードの女王」と呼ばれている。ダイアン・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • ピーボ・ブライソン

    ピーボ・ブライソンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンとのデュエット、ディズニーアニメ『美女と野獣』の主題歌、「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」で1992年のグラミー賞を獲得、1993年には同じくディズニーアニメの『アラジン』のテーマ「ホール・ニュー・ワールド」をレジーナ・ベルと歌っており、2006年には倖田來未とも同曲を歌っている。ピーボ・ブライソン フレッシュアイペディアより)

  • イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ

    イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    この曲はホットR&B/ヒップホップソングで第10位を記録したものの、当時はさほど注目されず、3年後にセリーヌ・ディオンがカバーするまでポップチャートは振るわなかった。ラベルは1999年に発売された自身のベストアルバム内のライナーノーツでこのことについて「この曲は私がレコーディングした時もヒットしたと思っているし、セリーヌが歌った時もヒットして嬉しく思っている。ただ、アレンジも類似していて、歌声だって私たちは共に強力な声を持っているのに、私のバージョンはヒットしなかったっていうのが大方の見方。多分タイミングの問題だったと思う。」と語っている。イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ フレッシュアイペディアより)

  • パワー・オブ・ラヴ (ジェニファー・ラッシュの曲)

    パワー・オブ・ラヴ (ジェニファー・ラッシュの曲)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「パワー・オブ・ラヴ」(=愛の力)は、元々ジェニファー・ラッシュが歌ったパワーバラード。ローラ・ブラニガン、エア・サプライやセリーヌ・ディオンなどいくつかの歌手によってカバーされ、数ヵ国語に翻訳もされているなど、ポップスタンダードになっている。パワー・オブ・ラヴ (ジェニファー・ラッシュの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン

    ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・インから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン」(A World To Believe In)はセリーヌ・ディオンがアルバム『Taking Chances』に収録して2007年(平成19年)11月に発表した歌。ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン フレッシュアイペディアより)

  • イモータリティ

    イモータリティから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「イモータリティ」(=不滅)は、セリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』からのシングル。アメリカを除く地域で1998年6月8日に発売された。ビージーズはバックボーカルとして参加している。イモータリティ フレッシュアイペディアより)

  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト1989

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト1989から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト1989(Eurovision Song Contest 1989)は、第34回のユーロビジョン・ソング・コンテストであり、1989年5月6日にスイスのローザンヌにて開催された。スイスは、ダブリンで行われた前年大会でセリーヌ・ディオンが優勝を果たしたことにより、この年の主催国となった。司会はロリータ・モレーナ(Lolita Morena)とジャック・ドゥシュノー(Jacques Deschenaux)であった。優勝を果たしたのはユーゴスラビア社会主義連邦共和国代表のリヴァの「Rock Me」であった。ユーロビジョン・ソング・コンテスト1989 フレッシュアイペディアより)

  • まぼろしの邪馬台国

    まぼろしの邪馬台国から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『本格科学冒険映画 20世紀少年 3部作』が近作であった堤幸彦が監督を務め、同作でも多様したスタジオセットやVFXを用いて作品の舞台の中心である昭和30-40年代の時代風景を忠実に再現している。また、主演の吉永小百合が劇中で30歳前半から50歳代までと年齢に幅のある和子役と康平の想像の中での卑弥呼を演じた事、劇中歌のタイアップでセリーヌ・ディオンが日本語で歌唱する「ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン 〜ヒミコ・ファンタジア」を使用した事が話題となった。まぼろしの邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード