前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示
  • ウォルター・アファナシェフ

    ウォルター・アファナシェフから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1990年のデビューから1997年までの7年間、マライア・キャリーの作品にプロデューサー、ソングライターとして参加していたことで有名。1999年にセリーヌ・ディオンの「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」でグラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーを獲得、2000年にはプロデューサー・オブ・ザ・イヤーを獲得している。ウォルター・アファナシェフ フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・フォスター

    デイヴィッド・フォスターから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    デイヴィッド・ウォルター・フォスター(David Walter Foster、1949年11月1日 - )は、カナダの音楽家、音楽プロデューサー、ソングライター、編曲家である。セリーヌ・ディオン、ジョシュ・グローバン、シャリース・ペンペンコ、マイケル・ブーブレなどを見出したり、世界で成功したアーティストのプロデュースを数多く手がけている。今までに15のグラミー賞を獲得した他、「カナダのグラミー」と呼ばれるジュノー賞を7回、映像関連のエミー賞を1回受賞している。また、映画のサウンドトラックも数多く手掛け、3度アカデミー賞にノミネートされている。デイヴィッド・フォスター フレッシュアイペディアより)

  • Taking Chances

    Taking Chancesから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    Taking Chances(テイキング・チャンシズ=危険な賭け)はセリーヌ・ディオンの通算35枚目、英語盤では13枚目のアルバム。2007年11月7日に日本で先行発売され、11月9日から12日にかけてヨーロッパで、11月10日にオーストラリアとニュージーランドで、11月13日に北アメリカで発売された。また邦題はカタカナ転写されず、原題のラテン文字のままになっている。Taking Chances フレッシュアイペディアより)

  • ビー・ザ・マン

    ビー・ザ・マンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「ビー・ザ・マン」()は、セリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』からの2枚目のシングル。1997年11月13日に日本国内のみで発売された。ビー・ザ・マン フレッシュアイペディアより)

  • ロマーノ・ムスマッラ

    ロマーノ・ムスマッラから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ムスマッラはミレイユ・マチュー、シルヴィー・ヴァルタン、デミス・ルソスのような有名歌手に楽曲を提供した他、駆け出し時代のセリーヌ・ディオンにも、"Je ne veux pas"や「どう愛せばいいの」Comment t'aimer という楽曲を提供している。ムスマッラはその後も1991年にセリーヌ・ディオンの「フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う」というアルバムをプロデュースしており、このアルバムに収められた「愛は最悪の孤独」Je danse dans ma tête という楽曲はムスマッラが作曲した。「愛は最悪の孤独」は翌年にアルバムから独立してシングルカットして発売され、1992年3月23日にケベック有線チャートの圏内に入って以降、14週間連続でランクインし、最高位3位を記録した。ムスマッラは2007年にもセリーヌ・ディオンに "Baby close your eyes" という楽曲を提供している。ロマーノ・ムスマッラ フレッシュアイペディアより)

  • ピーボ・ブライソン

    ピーボ・ブライソンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンとのデュエット、ディズニーアニメ『美女と野獣』の主題歌、「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」で1992年のグラミー賞を獲得、1993年には同じくディズニーアニメの『アラジン』のテーマ「ホール・ニュー・ワールド」をレジーナ・ベルと歌っており、2006年には倖田來未とも同曲を歌っている。ピーボ・ブライソン フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・キング

    ジェイミー・キングから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    マドンナとの関係は特に深く、『Don't Tell Me』『Human Nature』のビデオでの振付、「Drowned World Tour」(2001)、「The Re-Invention Tour」(2004)、「Confessions Tour」(2006-2007)などのツアー・ディレクションのほか、『Sorry』(2006年)では初の映像監督を担当。ビデオはMTVロンドンのTotal Request LiveでNo.1を獲得、MTVイタリアでもNo.1を獲得した。『HUNG UP』ではMTV VMA ベスト・コレオグラフィーにノミネートされている。2007年12月?2008年1月までのスパイス・ガールズ再結成ツアーや、2008年3月のセリーヌ・ディオンのワールドツアーでは音楽監督を担当。ジェイミー・キング フレッシュアイペディアより)

  • イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ

    イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    この曲はホットR&B/ヒップホップソングで第10位を記録したものの、当時はさほど注目されず、3年後にセリーヌ・ディオンがカバーするまでポップチャートは振るわなかった。ラベルは1999年に発売された自身のベストアルバム内のライナーノーツでこのことについて「この曲は私がレコーディングした時もヒットしたと思っているし、セリーヌが歌った時もヒットして嬉しく思っている。ただ、アレンジも類似していて、歌声だって私たちは共に強力な声を持っているのに、私のバージョンはヒットしなかったっていうのが大方の見方。多分タイミングの問題だったと思う。」と語っている。イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・レイヴン

    マリオン・レイヴンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1998年からは英語版の制作に取り掛かり、オーディションを経てアメリカのアトランティック・レコードと契約を結んだ(オーディションのときマリオンはキーボードを、マリットはギターを弾いた)。世界中から集めた作曲家達とアルバムの制作に入り2000年に『Shades of Purple』をリリース。それに付随して発売されたシングル『Don't say you love me』は『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のアメリカ版エンディングテーマに起用された。曲はジミー・ブローワーやセリーヌ・ディオンなども手がけるピーター・ジッゾにプロデュースされ、アラニス・モリセット、U2などを手がけたトム・ロードアルジェがミキサーとして参加、サウンドスキャンによると、全米ランキング72位で一週間で39000枚を売り上げた。マリオン・レイヴン フレッシュアイペディアより)

  • ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン

    ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・インから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン」(A World To Believe In)はセリーヌ・ディオンがアルバム『Taking Chances』に収録して2007年(平成19年)11月に発表した歌。ア・ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
271件中 1 - 10件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード