230件中 91 - 100件表示
  • ガルー

    ガルーから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2000年、『Seul』でCDデビュー。収録曲『Sous le vent』では同じケベック出身のセリーヌ・ディオンとデュエットする。このアルバムはフランス語圏で大ヒットし、フランスではミリオンセラーとなる。ガルー フレッシュアイペディアより)

  • バリー・ギブ

    バリー・ギブから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    シンガーソングライターとして、ソロでも兄弟と合同でも、バリーは成功している。1978年、Billboard Hot 100のトップ10内に同時に5曲を送り込んだ。また、同年3月には、トップ5内の4曲が彼によって書かれた曲だった時期が1週間あった。1977年12月24日から1978年9月2日までの37週のうち、27週もの間彼の曲が1位を記録していた。バリーが書いた曲は1960年代、1970年代、1980年代、1990年代の何れにも1位を記録している。彼の曲はエルヴィス・プレスリー、ジャニス・ジョプリン、バーブラ・ストライサンド、デスティニーズ・チャイルド、セリーヌ・ディオン、アル・グリーン、ダイアナ・ロス、ケニー・ロジャース、ディオンヌ・ワーウィック、ルーサー・ヴァンドロス、サラ・ヴォーン、ワイクリフ・ジョンなど100組以上のアーティストに録音されている。バリー・ギブ フレッシュアイペディアより)

  • ペプシ・センター

    ペプシ・センターから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    こけら落としは1999年10月。セリーヌ・ディオン公演であった。NBAのデンバー・ナゲッツ、NHLのコロラド・アバランチの本拠地としても使用され、2008年には大統領選挙の民主党指名候補者を決める全国大会が行われた。ペプシ・センター フレッシュアイペディアより)

  • モントリオール・ノートルダム聖堂

    モントリオール・ノートルダム聖堂から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    内部バシリカにおいて行われた行事で最も名高い瞬間は、2000年に行われたカナダ第15代首相ピエール・トルドーの国葬の際、長男であるジャスティン・トルドーが父親であるピエールに宛てて賞賛の言葉を述べた時であったとされる。また1994年に行われた、レネ・アンゲリルとセリーヌ・ディオンとの結婚式も有名である。1モントリオール・ノートルダム聖堂 フレッシュアイペディアより)

  • Never Say Never

    Never Say Neverから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    日本テレビのバラエティ番組『進ぬ!電波少年』での全米デビュー企画(2000年8月?2001年2月)で、ダイアナ・キングやセリーヌ・ディオンなどのプロデューサーであるAndy Marvel(アンディー・マーベル)に認められ得た楽曲の日本語バージョン。日本に凱旋帰国後、2001年4月18日にリリースした。Never Say Never フレッシュアイペディアより)

  • フンドーキンレディース

    フンドーキンレディースから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    RKB毎日放送を制作局として、TBS系列で放送されている。2004年までは九州ブロックのみの放送であったが、2005年より全国ネットに昇格した(最終日のみ放送。ただし一部ネットを行わない局あり)。なおRKBではここ数年、大会前の告知CMにおいて、セリーヌ・ディオンの「That's the way it is」がテーマソングとして使用されていた。フンドーキンレディース フレッシュアイペディアより)

  • オール・アメリカン・リジェクツ

    オール・アメリカン・リジェクツから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2012年3月26日、4thアルバム『Kids in the Street』がリリースされた。今作では、セリーヌ・ディオン等を手掛け、グラミー賞にもノミネート経験のある敏腕プロデューサー"グレグ・ウェルズ"を起用した大作となっており、これまでの作品に比べ、サウンドスケールが大幅にアップしている。全米アルバムチャートでは、初登場18位を記録。オール・アメリカン・リジェクツ フレッシュアイペディアより)

  • オマー・ハキム

    オマー・ハキムから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ウェイン・ショーター、渡辺香津美、及川光博、キャロル・キング、佐野元春、ジョージ・ベンソン、ジョー・サンプル、ジョン・スコフィールド、スタンリー・クラーク、SMAP、嵐、デイヴィッド・サンボーン、ハービー・ハンコック、マーカス・ミラー、マイルス・デイヴィス、吉田美和、リー・リトナー、マドンナ、大黒摩季、マライア・キャリー、セリーヌ・ディオンほか多数。オマー・ハキム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アイドル (シーズン6)

    アメリカン・アイドル (シーズン6)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ファイナルは3月13日から12週にわたり、毎週1人ずつ脱落し、5月22日と23日にコダック・シアターでのシーズン・フィナーレで、ジョーダン・スパークスが優勝した。また、4月24・25日の2日間はチャリティーとしてめぐれない子供たちのためを目的としてスペシャルショーIdol Gives Backとしてウォルト・ディズニー・コンサートホールから生中継され、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、キャリー・アンダーウッド、セリーヌ・ディオン、ジャック・ブラック、ケリー・クラークソン、アニー・レノックス、ジョシュ・グローバンら多くのアーティストがチャリティーに賛同した。アメリカン・アイドル (シーズン6) フレッシュアイペディアより)

  • ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー

    ビコーズ・ユー・ラヴド・ミーから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(=あなたが愛してくれたから)はセリーヌ・ディオンのアルバム『FALLING INTO YOU』からの最初のシングルとして1996年2月19日に日本と北米で発売された曲。その他の国々では1996年5月に2枚目のシングル(「フォーリング・イントゥ・ユー」の次)として発売されている。ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー フレッシュアイペディアより)

230件中 91 - 100件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード