271件中 111 - 120件表示
  • オール・アメリカン・リジェクツ

    オール・アメリカン・リジェクツから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2012年3月26日、4thアルバム『Kids in the Street』をリリース。今作では、セリーヌ・ディオン等を手掛け、グラミー賞にもノミネート経験のある敏腕プロデューサー、グレッグ・ウェルズを起用した大作となっており、これまでの作品に比べ、サウンドスケールが大幅にアップしている。全米アルバムチャートでは、初登場18位を記録。オール・アメリカン・リジェクツ フレッシュアイペディアより)

  • WOMAN 2

    WOMAN 2から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    THINK TWICE / CELINE DIONWOMAN 2 フレッシュアイペディアより)

  • 第37回スーパーボウル

    第37回スーパーボウルから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンがゴッド・ブレス・アメリカを歌い、ディクシー・チックスがアメリカ国歌斉唱を行った。アメリカ海軍のF/A-18E/F スーパーホーネットが会場上空を飛ぶパフォーマンスを見せた。第37回スーパーボウル フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・ウィンウッド

    スティーヴ・ウィンウッドから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    その後、日本人パーカッショニストのツトム・ヤマシタによるGOを始めとするいくつかのプロジェクトへの参加を経て、1977年にはセルフ・タイトル・アルバムでソロ・デビューするが、パンクブームの真っ只中にあって、今ひとつ大きな成功には至らなかった。その後、曲作りのパートナーに作詞家のウィル・ジェニングス(後にエリック・クラプトンやセリーヌ・ディオンなどにも作品を提供する)を迎え、1980年にシングル「ユー・シー・ア・チャンス」をリリースして、翌1981年にビルボードで最高7位まで上昇するヒットとなる。この曲の成功に煽られる形で同曲が収録されたアルバム『アーク・オブ・ア・ダイヴァー』も全米3位、全世界でのセールスのべ700万枚という大成功を収めた。しかし次作『トーキング・バック・トゥ・ザ・ナイト』はセールス的に今一歩だった。スティーヴ・ウィンウッド フレッシュアイペディアより)

  • エリオット・スミス

    エリオット・スミスから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1998年、アカデミー賞会場でスミスは白いスーツを着て短縮版の「Miss Misery」をオーケストラをバックに演奏した。結局、セリーヌ・ディオンが歌った、映画「タイタニック」の主題歌「My Heart Will Go On」が受賞したが、スミスからは落胆した様子はうかがえなかった。後に彼はアカデミー賞での演奏をこう振り返っている。エリオット・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ア・ニュー・デイ・ハズ・カム

    ア・ニュー・デイ・ハズ・カムから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(原題:A New Day Has Come=新しい日は来る)はセリーヌ・ディオンのアルバム。2年間の出産休業からの復帰作となった。2002年3月25日発売。ディオンの通算28枚目、英語盤では9枚目のアルバム。またDVD付限定版(日本未発売)には2曲のDVD-Audioと、2つのビデオが収録されたボーナスDVDが付属していた。ア・ニュー・デイ・ハズ・カム フレッシュアイペディアより)

  • フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う

    フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌うから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う〜』 (Dion chante Plamondon)はセリーヌ・ディオンのフランス語によるアルバム。カナダで1991年11月4日、フランスで『Des mots qui sonnent』に改名して1992年4月29日に発売された。ディオンの通算16枚目、フランス語盤では15枚目のアルバム。フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う フレッシュアイペディアより)

  • フレンチ・アルバム

    フレンチ・アルバムから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『フレンチ・アルバム』(原題:D'eux=彼らについて)はセリーヌ・ディオンのフランス語によるアルバム。1995年3月27日発売。このアルバムのアメリカでの発売時に『The French Album』と名付けられたことから日本での発売時にもそのままカタカナで『フレンチ・アルバム』と名付けられた。ディオンの通算12枚目、英語盤では17枚目のアルバム。フレンチ・アルバム フレッシュアイペディアより)

  • アンコニト

    アンコニトから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『Incognito』(インカニート=匿名)はセリーヌ・ディオンの8枚目のアルバム。1987年3月8日にカナダケベック州で発売された。ケベックで大ヒットを記録し、数年後ディオンが国際的なスーパースターになった後、世界中で入手できるようになった。日本版は発売されていない。アンコニト フレッシュアイペディアより)

  • ジム・スタインマン

    ジム・スタインマンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    その後、ボニー・タイラーやエア・サプライにも楽曲を提供。ボニー・タイラーの「愛のかげり」は全米1位の大ヒットとなった。さらに1984年の映画「ストリート・オブ・ファイヤー」に収録されたファイヤー・Incの「今夜は青春」も曲の良さが評判となる。1989年には、ロック・オペラ『Original Sin』を発表。タイトル曲は後に映画『シャドー』の主題歌としてテイラー・デインによって歌われ、後にセリーヌ・ディオンにカヴァーされて大ヒットする「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」も収録されている。なお、この「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」のPVはケン・ラッセルの監督によって撮られたことでも知られ、2006年には発売25周年記念でリリースされたDVD付きの特別盤で見る事ができる。ジム・スタインマン フレッシュアイペディアより)

271件中 111 - 120件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード