271件中 11 - 20件表示
  • イモータリティ

    イモータリティから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「イモータリティ」(=不滅)は、セリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』からのシングル。アメリカを除く地域で1998年6月8日に発売された。ビージーズはバックボーカルとして参加している。イモータリティ フレッシュアイペディアより)

  • ルーサー・ヴァンドロス

    ルーサー・ヴァンドロスから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    また、マイケル・ジャクソンとも親交が深く、2001年9月10日に行われた「マイケルジャクソン30周年記念コンサート」に出演し、アッシャー、98°と共に「Man In The Mirror」を披露した。しかし、その翌日、アメリカ同時多発テロ事件が起き、それに衝撃を受けたマイケルはチャリティーソングとして「What More Can I Give」を企画し、マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、ジャスティン・ティンバーレイクやグロリア・エステファンといった大物アーティストと共に参加した。ルーサー・ヴァンドロス フレッシュアイペディアより)

  • ノートルダム・ド・パリ (ミュージカル)

    ノートルダム・ド・パリ (ミュージカル)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    台本・作詞は、セリーヌ・ディオンもCD『フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う』を出すほどカナダでは著名なリュック・プラモンドンが担当。ノートルダム・ド・パリ (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • 西田千夏

    西田千夏から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    好きな日本のアーティストはmiwaとシェネル、E-girlsで海外アーティストは『Katy Perry』、『ONE OK ROCK』、『Taylor Swift』、『Céline Dion』が好きである。西田千夏 フレッシュアイペディアより)

  • オール・バイ・マイセルフ

    オール・バイ・マイセルフから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンやフランク・シナトラ、イグデスマン&ジョーなどによってカヴァーされている。オール・バイ・マイセルフ フレッシュアイペディアより)

  • 清貴

    清貴から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    影響を受けたミュージシャンには、スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ニーナ・シモン、ダニー・ハサウェイ、ビル・エヴァンス、ナット・キング・コール、ビリー・ジョエル、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、ルーサー・ヴァンドロス、エルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、、、矢野顕子、松任谷由実、久石譲、槙原敬之、モーリス・ラベル、フレデリック・ショパンなどを挙げている。清貴 フレッシュアイペディアより)

  • 和田良知

    和田良知から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンとのコラボを実現させ、葉加瀬太郎を世界のヴァイオリニストに育てた。和田良知 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の音楽

    1996年の音楽から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオン:『ラブ・ストーリーズ・スペシャル・エディション』『FALLING INTO YOU』1996年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の音楽

    1998年の音楽から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオン:「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(映画「タイタニック」主題歌)1998年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • まぼろしの邪馬台国

    まぼろしの邪馬台国から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『本格科学冒険映画 20世紀少年 3部作』が近作であった堤幸彦が監督を務め、同作でも多用したスタジオセットやVFXを用いて作品の舞台の中心である昭和30-40年代の時代風景を忠実に再現している。また、主演の吉永小百合が劇中で30歳前半から50歳代までと年齢に幅のある和子役と康平の想像の中での卑弥呼を演じた事、劇中歌のタイアップでセリーヌ・ディオンが日本語で歌唱する「ワールド・トゥ・ビリーヴ・イン 〜ヒミコ・ファンタジア」を使用した事が話題となった。まぼろしの邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

271件中 11 - 20件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード