230件中 21 - 30件表示
  • コンプリート・ベスト (セリーヌ・ディオンのアルバム)

    コンプリート・ベスト (セリーヌ・ディオンのアルバム)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『コンプリート・ベスト』は2008年2月27日に日本国内のみでリリースされたカナダの歌手セリーヌ・ディオンのベスト・アルバム。ディオンの通算36枚目、英語盤では14枚目のアルバムである。コンプリート・ベスト (セリーヌ・ディオンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アゼリン・デビソン

    アゼリン・デビソンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2002年、12歳でメジャーデビューを果たす。カナダの元首相ジャン・クレティエンから「第2のセリーヌ・ディオン」と評される。ケルト音楽からポップ・ミュージックまで、幅広いジャンルの曲を発表している。マイク・オールドフィールドのカヴァー曲「Moonlight Shadow」は、日本でCMソングに使われた。アゼリン・デビソン フレッシュアイペディアより)

  • ストロベリーシェイクSweet

    ストロベリーシェイクSweetから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    上海芸能所属のタレント。初登場時16歳。出自は不明(実は大物女優・鳳静香の隠し子なのだが、母親に迷惑をかけないために誰にも明かさなかった)。身長176センチメートルと長身で、ボーイッシュな外見。プロポーションの良さから、モデルとしてブレイクしつつある。セリーヌ・ディオン並みの歌唱力も持つ。仕事に厳しい樹里亜を尊敬しているが、尊敬の念は次第に恋愛感情に変わっていった。世良の指摘で自分の想いに気付き、樹里亜と両想いになる。さらにZLAYのライブに出演した際、類まれなる容姿が話題となり、芸能人としても成功しつつあった矢先、スキャンダルを恐れた鳳の命令で樹里亜の前から姿を消し、両親から邪険にされながら一人でひっそりと暮らしていた。しかし、樹里亜に発見され、芸能界に呼び戻された。その後はモデルの仕事を再開する一方で、樹里亜と同棲を始めた。現在は樹里亜となかなか一線を越えられず、悶々とした日々を送っている。ストロベリーシェイクSweet フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・カリア

    アンソニー・カリアから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    週を重ねるごとに人気が上がり、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋(Bridge over Troubled Water)」やフォリナーの「アイ・ウォナ・ノウ(I Want to Know What Love Is)」、そしてアンドレア・ボチェッリとセリーヌ・ディオンのデュエット曲「ザ・プレーヤー(The Prayer)」は審査員に特に評価された。アンソニー・カリア フレッシュアイペディアより)

  • ディール・オア・ノー・ディール

    ディール・オア・ノー・ディールから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    スペシャル版では最高賞金が200万 - 500万ドルにアップしたり、有名芸能人が登場するなど豪華な内容になっている。500万ドルバージョンには、歌手のセリーヌ・ディオンが中継で出演して出場者を応援した。ディール・オア・ノー・ディール フレッシュアイペディアより)

  • ヘックス・ヘクター

    ヘックス・ヘクターから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ヘックスはフリオ・イグレシアス、スキャットマン・ジョン、平井堅、EXILE、リッキー・マーティンなど男性歌手の曲のリミックスにも携わっている。しかし、彼がこれまでにリミックス曲を提供した歌手は、デボラ・コックス、アナスタシア、ドナ・サマー、マドンナ、グロリア・エステファン、MISIA、BoA、浜崎あゆみ、倖田來未、鈴木亜美、ホイットニー・ヒューストン、メラニーC、クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、ジャネット・ジャクソンなど圧倒的に女性が多く、それがディーバの歌い上げによるアンセム系ハウスの高揚感を求めるゲイからの支持を集める所以でもある。ヘックス・ヘクター フレッシュアイペディアより)

  • 清貴

    清貴から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    影響を受けたミュージシャンはスティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ニーナ・シモン、ダニー・ハサウェイ、ビル・エヴァンス、ナット・キング・コール、ビリー・ジョエル、マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、ルーサー・ヴァンドロス、エルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、Kim Burrell、smokie norful、ダイアナ・クラール、矢野顕子、松任谷由実、久石譲、槙原敬之、モーリス・ラベル、フレデリック・ショパン。清貴 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・アントワン

    マーク・アントワンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    国際人として活動しているアントワンは、1990年代にアメリカのロサンゼルスに移る。彼は元来はブルースは弾かなかったが、ブルースも弾けるようになったと言う。スティングやセリーヌ・ディオン、ロッド・スチュワート、テイク6等様々なアーティストと共演をし、映画音楽の作曲もこなしていった。そんな中、彼はプロモーションの為にスペインへ訪れる事になり、この地に根付く音楽に彼は強烈なインパクトを抱いたという。マーク・アントワン フレッシュアイペディアより)

  • Say Good-bye

    Say Good-byeから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    カップリング曲「JEALOUS GIRL」は、マドンナやカイリー・ミノーグ、セリーヌ・ディオン等に楽曲を提供するソングライター・Rick Nowelsの書き下ろし楽曲。Say Good-bye フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・オビスポ

    パスカル・オビスポから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1990年に最初のアルバム『Le long du fleuve』を発表し、1992年の『Plus que tout au monde』からフランスで知られるようになり、1996年にセリーヌ・ディオン(Céline Dion)のフランス公演で前座を務めることによって、一躍有名になる。その後、『ルシー』(Lucie)、『アサシーヌ』(Assassine)、『サ・レゾン・デットル』(Sa raison d'être)、『ファン』(Fan)、『ローザ』(Rosa)など数々のヒット曲、ヒットアルバムを出す。パスカル・オビスポ フレッシュアイペディアより)

230件中 21 - 30件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード