230件中 41 - 50件表示
  • Wishing On The Same Star

    Wishing On The Same Starから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    作詞・作曲は「セリーヌ・ディオン」や「ホイットニー・ヒューストン」等の楽曲で世界的に知られているアメリカのヒットメーカー、ダイアン・ウォーレンによるもの。アメリカのフリースタイルシンガー、キーディが1991年に発売したアルバム『Chase The Clouds』に収録された楽曲の日本語カバーである(キーディの同曲は同アルバムから2ndシングルとしてカットされ、ビルボード誌シングル・チャート86位を記録)。同曲は世界中で多くの歌手によりカバーされており、例を挙げると、オーストラリアの女性アイドルグループ、ガールフレンド(1994年、オーストラリアシングルチャート44位)、アメリカのR&Bシンガー、ジュディ・チークス(1995年)、ヨーロッパのダンスグループ、DJ・コンパニー(1997年)、そして当時、ディズニー・レコードに所属していたアメリカの歌手マイラなど。マイラは同曲が収録されたデビュー・アルバム『Myra』でスペイン語バージョン「Milagros」というタイトルで同曲をスペイン語でレコーディングしている。 他にもアメリカのラテン・ポップ歌手シャヤーンが1991年にスペイン語で(マイラのスペイン語バージョンとは歌詞が異なる)「Mi Primer Amor」というタイトルでカバーし、同曲はビルボード誌ラテンチャートで8位を記録。他にもブラジルの兄妹デュオサンディ&ジュニアによるポルトガル語カバー「A Estrela Que Mais Brilhar」(2001年)がある。上記の曲は全て安室の作品より先に製作されているが、後にベトナム出身のカナダ人歌手クリスティーン・サが安室のバージョンをそのまま日本語でカバーしている。Wishing On The Same Star フレッシュアイペディアより)

  • イン・マイ・ライフ (ジョージ・マーティンのアルバム)

    イン・マイ・ライフ (ジョージ・マーティンのアルバム)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There and Everywhere(セリーヌ・ディオン) - 3:18イン・マイ・ライフ (ジョージ・マーティンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2007

    ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2007から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    今大会は参加資格が2歳切り上げ、10歳から15歳までとなった。前年より1カ国増の17カ国で行なわれ、ベラルーシが2年ぶり2度目の優勝を果たした。なお、2位のアルメニアとの得点差は1であり、1988年のセリーヌ・ディオン(スイス)とスコット・フィッツジェラルド(イギリス)の1点差に次ぎ、大接戦となった。ジュニア・ユーロビジョン・ソング・コンテスト2007 フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ・バラード・ベスト・セレクション

    ラヴ・バラード・ベスト・セレクションから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ラヴ・バラード・ベスト・セレクション(=最も美しいラヴソング)はセリーヌ・ディオンが初期に録音したフランス語曲のベスト・アルバム。バレンタインデーに合わせた2004年2月3日に日本で発売された。ラヴ・バラード・ベスト・セレクション フレッシュアイペディアより)

  • Love Forever (加藤ミリヤ×清水翔太の曲)

    Love Forever (加藤ミリヤ×清水翔太の曲)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    二人は清水が正式にメジャー・デビューする以前、2007年に一度セリーヌ・ディオンのトリビュート・アルバム『セリーヌ・ディオン・トリビュート』のなかで「アイム・ユア・エンジェル」をカヴァーしている。その後、清水が2008年11月にニューヨークのアポロシアターで公演した際に同じ事務所の加藤と再会し、その時意気投合したことを切っ掛けに今回のコラボレーションに至っている。Love Forever (加藤ミリヤ×清水翔太の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 矢口清治

    矢口清治から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    音楽ライターとしてはエルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、ビリー・ジョエル、イーグルス、ミート・ローフ等のCDライナーノーツを手がけ、ミュージック・マガジンやレコード・コレクターズなど音楽雑誌への執筆も多数。矢口清治 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・ウィービー

    ウォーレン・ウィービーから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    いくつかのバンドでベースを担当したのち、1987年のロサンゼルスでデイヴィッド・フォスターとバート・バカラックに見出され、アメリカのドラマ『青春!ケンモント大学』(原題: "Listen to Me")の主題歌 "Listen to Me" をセリーヌ・ディオンとデュエット。これは公式にはリリースされていない。1991年のチャリティーレコード "Voices That Care" では、リードボーカリストの一人として参加した。熱心なアイスホッケーファンでもあり、ロサンゼルス・キングスの試合の前に演奏した国歌は感動的なものであったと言われる。ウォーレン・ウィービー フレッシュアイペディアより)

  • レッツ・トーク・アバウト・ラヴ

    レッツ・トーク・アバウト・ラヴから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』(=愛を語ろう)はセリーヌ・ディオンの通算23枚目、英語盤では5枚目のアルバム。1997年11月15日発売。レッツ・トーク・アバウト・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • ミニー・リパートン

    ミニー・リパートンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    5オクターヴから5オクターヴ半という広い声域を持ち、特に「Lovin' You」のサビで使われる超ハイトーンが有名である。後のマライア・キャリー、セリーヌ・ディオンらに幅広く影響を与えた。ミニー・リパートン フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・キング

    ラリー・キングから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1997年5月に放送業界40周年を迎え、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を刻んだ。2007年5月には、放送業界50周年を記念しCNNが組んだ三つの特番において、ジョージ・H・W・ブッシュやコンドリーザ・ライス、バリー・ボンズ、セリーヌ・ディオン、ジョン・ボン・ジョヴィ等の著名人が祝辞を寄せた。ラリー・キング フレッシュアイペディアより)

230件中 41 - 50件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード