271件中 61 - 70件表示
  • 自然に反する

    自然に反するから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「自然に反する」(、)は、セリーヌ・ディオンのアルバム『1人の女と4人の男』からの3枚目のシングル(ただし販促用のみのリリース)。2004年3月29日にフランス語圏の国々で発売された。自然に反する フレッシュアイペディアより)

  • WISH (伊藤由奈のアルバム)

    WISH (伊藤由奈のアルバム)から見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    10thシングル。セリーヌ・ディオンとのコラボレーション。WISH (伊藤由奈のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ゴッド・ブレス・アメリカ

    ゴッド・ブレス・アメリカから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件から復旧したニューヨーク証券取引所でも流れた。ニューヨーク証券取引所以外でも、テロ事件以降アメリカ国民は様々な場所で「ゴッド・ブレス・アメリカ」がラジオやテレビで流されて唄われた。現在はセリーヌ・ディオンがうたったものが有名である。ゴッド・ブレス・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • 人は変わらない

    人は変わらないから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「人は変わらない」(、)は、セリーヌ・ディオンのアルバム『愛するだけでよかったら』からの3枚目にして最後の市販シングル。1999年3月1日にフランス語圏の国々で発売された。人は変わらない フレッシュアイペディアより)

  • Marie

    Marieから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ライヴはKORGキーボードをプレイしながらの弾き語りスタイルで、バンド演奏やコーラスはカラオケを用いるのが主である。海外アーティストのカバーを弾き語りで演奏することもある。主なカバーレパートリーは、JourneyのOpen Arms、ジョン・レノンのイマジン、セリーヌ・ディオンのMy Heart Will Go Onなど。Marie フレッシュアイペディアより)

  • パスカル・オビスポ

    パスカル・オビスポから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    1990年に最初のアルバム『Le long du fleuve』を発表し、1992年の『Plus que tout au monde』からフランスで知られるようになり、1996年にセリーヌ・ディオン(Céline Dion)のフランス公演で前座を務めることによって、一躍有名になる。その後、『ルシー』(Lucie)、『アサシーヌ』(Assassine)、『サ・レゾン・デットル』(Sa raison d'être)、『ファン』(Fan)、『ローザ』(Rosa)など数々のヒット曲、ヒットアルバムを出す。パスカル・オビスポ フレッシュアイペディアより)

  • アイム・ユア・エンジェル

    アイム・ユア・エンジェルから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    「アイム・ユア・エンジェル」(=私はあなたの天使)はカナダのポップ歌手セリーヌ・ディオンとアメリカ合衆国のR&B歌手R・ケリーによるデュエットで、セリーヌのアルバム『スペシャル・タイムス』並びにR・ケリーのアルバム『R.』からの楽曲。セリーヌのアルバムからはファースト・シングルとして、R・ケリーのアルバムからはサード・シングルとして1998年にリリースされた。楽曲製作とプロデュースはR・ケリーが行っている。アイム・ユア・エンジェル フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・スパークス

    ジョーダン・スパークスから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    ジョーダンは、アメリカン・アイドルのシアトルオーディションに参加、1月17日放送分で、セリーヌ・ディオンのBecause You Loved Meを歌い、審査員も感動したと合格。その後、セミファイナルに入っても、一度もワーストに入らず、5月24日に決戦大会で、史上最年少で優勝を果たした。ジョーダン・スパークス フレッシュアイペディアより)

  • アンティ・ヨキネン

    アンティ・ヨキネンから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    アナスタシア、セリーヌ・ディオン、タリア、ケリー・クラークソン、コーン、ローディ、ナイトウィッシュ、シャナイア・トゥエイン、ウエストライフ、ワイクリフ・ジョンなどのミュージック・ビデオを監督している。アンティ・ヨキネン フレッシュアイペディアより)

  • ピート・シンフィールド

    ピート・シンフィールドから見たセリーヌ・ディオンセリーヌ・ディオン

    基本的にはミュージシャンでは無いが、1970年代前半のプログレッシブ・ロック・シーンに於けるピート・シンフィールドの業績は大きいと言える。キング・クリムゾンでの実績はもちろんだが、ロキシー・ミュージックのデビュー作「ロキシー・ミュージック」をプロデュースしたり、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの「恐怖の頭脳改革」に作詞で参加したり、まだ世界的に無名だったイタリアのPFMをマンティコア・レーベルで国際展開させるといった活動歴を残している。また、シェールやセリーヌ・ディオンの作品に歌詞を提供し、世界的な成功を収めている。ピート・シンフィールド フレッシュアイペディアより)

271件中 61 - 70件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード