57件中 21 - 30件表示
  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たシーザーズ・パレス

    1999年から個人的な理由(出産、夫の看病など)により一時キャリアを休止するが、2002年にはアルバム『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』で復帰。2003年から2007年12月15日には、ラスベガスのシーザーズ・パレス・ホテルにて『A New Day... Live in Las Vegas』という定期公演を行った。2008年2月14日から10年ぶりとなるワールドツアー『Taking Chances』を行った。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たユニゾン (アルバム)

    1991年に初の英語アルバム『ユニゾン』を発売し、世界的スターへの道を歩み始める。アトランタオリンピックの開会式で『パワー・オブ・ザ・ドリーム』を歌い、『美女と野獣』『タイタニック』など数多くの映画にサウンドトラックを提供し、地位を不動のものとした。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たフレンチ・アルバム

    1995年に発売されたフランス語アルバム『フレンチ・アルバム』がフランス国内で400万枚を超える売上となり、歴代最高売上記録となる。この功績により翌年1996年にフランス政府より芸術文化勲章を授与される。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見た世界歌謡祭

    1982年「第13回ヤマハ世界歌謡音楽祭」出場のために初来日し金賞に輝いた。1984年にはパリのオランピア劇場に最年少で出演、1988年のユーロビジョン・ソング・コンテストでスイス勢として32年ぶりの優勝するなど、数多くの国際コンテストを総なめにした。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たポップス

    カナダのケベック州モントリオール郊外のシャルルマーニュの大家族に14人兄弟の末っ子として生まれる。幼少より類まれな才能を発揮し、12歳で現在の夫であり、音楽マネージャーのレネ・アンジェリルと出会う。アンジェリルは彼女の才能と歌声に惚れ込み、自宅を担保としてデビューアルバムの発売資金を調達する。音楽はポップス、ロック、ソウルの他に、ゴスペル、クラシックなど幅広いジャンルに影響されていて、ファンや評論家には彼女自身の声、歌詞の持つ本来の意味を歌い上げる能力などが高く評価されている。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見た芸術文化勲章

    1995年に発売されたフランス語アルバム『フレンチ・アルバム』がフランス国内で400万枚を超える売上となり、歴代最高売上記録となる。この功績により翌年1996年にフランス政府より芸術文化勲章を授与される。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見た広島グリーンアリーナ

    2月2日 横浜アリーナ、3日 日本武道館、6日,7日 大阪城ホール、10日 広島グリーンアリーナ、11日 マリンメッセ福岡、14日,15日,16日 日本武道館、19日 名古屋レインボーホールセリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たモントリオール

    カナダのケベック州モントリオール郊外のシャルルマーニュの大家族に14人兄弟の末っ子として生まれる。幼少より類まれな才能を発揮し、12歳で現在の夫であり、音楽マネージャーのレネ・アンジェリルと出会う。アンジェリルは彼女の才能と歌声に惚れ込み、自宅を担保としてデビューアルバムの発売資金を調達する。音楽はポップス、ロック、ソウルの他に、ゴスペル、クラシックなど幅広いジャンルに影響されていて、ファンや評論家には彼女自身の声、歌詞の持つ本来の意味を歌い上げる能力などが高く評価されている。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見た名古屋レインボーホール

    2月2日 横浜アリーナ、3日 日本武道館、6日,7日 大阪城ホール、10日 広島グリーンアリーナ、11日 マリンメッセ福岡、14日,15日,16日 日本武道館、19日 名古屋レインボーホールセリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

  • セリーヌ・ディオン

    セリーヌ・ディオンから見たビコーズ・ユー・ラヴド・ミー

    1990年代には、「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」、「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」や、1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌になった「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」の世界的大ヒットなどで、セリーヌ・ディオンは英語圏、フランス語圏におけるポピュラーミュージック界の大御所となった。セリーヌ・ディオン フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「セリーヌ・ディオン」のニューストピックワード