セルゲイ・ラブロフ ニュース&Wiki etc.

セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラブロフ(ラヴロフ、、ラテン文字転写の例:、1950年3月21日 - )は、ロシアの外交官、政治家。2004年からロシア外務大臣。他国の間では、強硬な外交姿勢を取る人物として知られている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セルゲイ・ラブロフ」のつながり調べ

  • 六者会合

    六者会合から見たセルゲイ・ラブロフ

    10月13日、唐家国務委員が訪露し、イーゴリ・イワノフ安保会議書記、セルゲイ・ラブロフ外相と会談。盧武鉉大統領が訪中し、温家宝首相や胡錦濤主席と会談。(六者会合 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応

    東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応から見たセルゲイ・ラブロフ

    :ドミートリー・メドヴェージェフ大統領は「被害克服のため、隣国としてできる限りの援助をする」「可能な限り、あらゆる支援を日本に行う用意がある」と表明。また、Twitterにおいて「近親者を失った全ての人に哀悼の意を表する。我々の隣国を支援するよう政府に指示した」と書き込んだ。ロシアの緊急対策当局はスタッフ40人と救助犬3頭の派遣を申し出ており、ウラジーミル・プーチン首相は12日、極東・サハリンで生産する天然ガスの日本向け供給量を増やすよう指示した。同国外務省は国営銀行に、日本の被災者を支援するための義援金口座を開設したと発表。最大で15万トンの天然ガス、300万 - 400万トンの石炭を追加提供する用意があると表明した。また、医師や心理学者を含む200人以上の救援隊を派遣する準備があることを明かしている。プーチン首相は「支援に全力を尽くす必要がある。日本は親しい隣国であり、両国間は様々な問題を抱えてはいるが、信頼できるパートナーであるべき」との声明を出し、海底ケーブルを通して日本に電力を援助することも打診している。セルゲイ・ラブロフ外相は、モスクワの日本大使館を訪問し「哀悼を表明し、この悲劇を乗り越えるための全ての支援を行う」と伝え、大使館の壁に白い菊の花を捧げた。14日、日本政府はロシアの救援隊受け入れを決定。先ずは50人の援助隊をモスクワから成田空港へ向かわせ、次いで25人をハバロフスクから派遣させる。ともに到着次第、仙台市周辺へ向かう。ロシア国営原子力企業ロスアトムは原発事故に伴い技術支援を行うことを決定し、また「エア・アンビュランス」等の航空機6機と、災害症候群専門の心理学者も派遣する。3月21日、スヴェトラーナ・メドヴェージェワ大統領夫人が在ロシア日本大使館において献花と記帳を行った。4月6日、モスクワ州所在の私立学校「モスクワ第一ギムナジウム」から、支援物資、同学校の生徒が集めた毛布、衣類、寝具等および励ましの絵画やメッセージが新潟県災害対策本部へ提供された。4月9日、ロシア国営原子力関連企業「ロスアトム」が、個人線量計400個およびマスク5000個を支援物資として提供した。(東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

「セルゲイ・ラブロフ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「セルゲイ・ラブロフ」のニューストピックワード

  • TOSHIBA dynabook Day 2018