前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆

    ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆から見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    反体制派が攻撃されているとして、反体制派を支援するアメリカ政府は懸念を示した。国防長官アシュトン・カーターは、「アサド政権と敵対する勢力への攻撃は無分別、逆効果、非生産的であり、失敗する運命にある」と強く非難した。総会が開かれている国際連合本部では、アメリカ国務長官ジョン・ケリーがロシアの外相セルゲイ・ラブロフに対して「イスラム国以外への空爆には重大な懸念がある」と伝えた。ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆 フレッシュアイペディアより)

  • レックス・ティラーソン

    レックス・ティラーソンから見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    2月16日、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と初会談をG20外相会合が開催されているドイツ・ボンで行い、関係改善する前提としてウクライナ東部での停戦遵守を求めた。ロシアと意見が一致しない分野では「同盟国の価値と利益を守る」とし、シリアの反政府勢力をテロリストと扱う限りロシアとは軍事協力しない意向も表明した。日本・韓国と3か国外相会談も行い、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難し、核を含む「拡大抑止」の提供による日韓両国に対する防衛義務維持に言及した共同声明の作成を主導した。レックス・ティラーソン フレッシュアイペディアより)

  • シリア騒乱

    シリア騒乱から見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    8月21日、シリアの副首相は、モスクワでロシアのラブロフ外相と会談し、「シリア政府は直ちに反体制派と政治対話を行い、各方面との和解のために努力していきたい」と述べ、また、会談後の記者会見において、反体制派との対話が行われれば、アサド大統領の退陣についても協議する用意があることを表明した。シリア騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ラヴロフ

    セルゲイ・ラヴロフから見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    セルゲイ・ラヴロフ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年ロシア下院選挙

    2011年ロシア下院選挙から見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    これを受けて、ロシアのラブロフ外相はクリントン国務長官や他の米国当局者のコメントについて「受け入れがたいものだ」とした上で、ロシアの選挙状況の分析を試みることなくステレオタイプなものの見方やレッテル貼りを後押しするものだとして非難し、選挙の監視をしたOSCEに対して無礼な態度であると重ねて批判した。2011年ロシア下院選挙 フレッシュアイペディアより)

  • イーゴリ・イワノフ

    イーゴリ・イワノフから見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    2004年3月、外務大臣職をセルゲイ・ラブロフと交替。ウラジーミル・ルシャイロの後任として、安全保障会議書記に就任。イーゴリ・イワノフ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本地震 (1906年)

    熊本地震 (1906年)から見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    訪日中のセルゲイ・ラブロフ外務大臣は15日、岸田文雄外務大臣との記者会見において「地震被害と犠牲者に心からお見舞いを申し上げる」と述べるとともに、「日本の要請があれば、こうした事態に支援に駆け付ける用意がある」と表明、緊急援助隊派遣の用意があることを明らかにした。ウラジミール・プーチン大統領は16日、安倍首相に哀悼の意を表明する書簡を送った。熊本地震 (1906年) フレッシュアイペディアより)

  • ペチョールィ

    ペチョールィから見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    2005年5月18日、エストニアのウルマス・パエト外務大臣(Urmas Paet)とロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は国境協定を交わし、ソ連による境界変更により構成された現状のロシアとの国境線を画定した。しかしエストニア議会がこの協定を承認した際、一部の政治家から出た、タルトゥ条約は未だ有効でペツェリは形式的には現在もエストニアの一部であるという意見にロシア政府は激しく反発した。パエト外相はエストニアはペツェリを回復する意図はないことを強調している。ペチョールィ フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラとロシアの関係

    アンゴラとロシアの関係から見たセルゲイ・ラヴロフセルゲイ・ラブロフ

    2013年4月2日から4日の日程で、ジョルジス・レベロ・シコティアンゴラ外相は訪露し、セルゲイ・ラヴロフ露外相と会談した。アンゴラとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • トゥーズラ島

    トゥーズラ島から見たセルゲイ・ラブロフセルゲイ・ラブロフ

    2014年クリミア危機の結果ロシアによる一方的なクリミア半島編入が宣言され、それに伴い2014年3月21日にロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はもはやケルチ海峡の領土問題はウクライナとの交渉の対象ではないと述べ言外にトゥーズラ島のロシア帰属を宣言した。2015年10月1日、ケルチとタマンを結ぶケルチ海峡橋の中継地点としてロシア本土と接続された。2015年現在も島はロシアの実効支配下にある。トゥーズラ島 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「セルゲイ・ラブロフ」のニューストピックワード