セルジオ越後 ニュース&Wiki etc.

セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身の元プロサッカー選手。ポジションは右ウイング。日系ブラジル人二世。サンパウロのコリンチャンスでプレイしていて、日系人として初めてブラジル代表候補として名が挙がったが、一身上の都合で23歳の時一度引退し、その… (出典:Wikipedia)

表示

「セルジオ越後」公式twitter

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「セルジオ越後」のつながり調べ

  • U字工事

    U字工事から見たセルジオ越後

    「ハーイ!U字工事」やべっちFCのパロディコーナー。これまでにセルジオ越後、水沼貴史らが登場。(U字工事 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見たセルジオ越後

    同年9月11日、モンテディオ山形戦後にGMの柱谷を解任し、総務部長の山道守彦を強化本部長代行兼GM代行として迎えることを発表した。この解任について橋本は「選手とのコミュニケーション不足」を第一に挙げ、「S級ライセンスを所持する柱谷が存在する事で、(ペトロビッチは)遣り難い部分があった。その点、新任の山道はS級ライセンスを所持していないので安心出来る」と解任の理由を語った。その一方で、現場で指揮を執る監督ではなくGMだけを解任した点、2週間のリーグ戦中断期間が明けた直後の解任である点、同月7日のサポーターとの意見交換会の場で橋本、柱谷、ペトロビッチの三者が協力することで成績不振から脱却すると公言したばかりであった点 などから、「異例の人事」「不可解な解任劇」と見做されている。また柱谷GMは元々、橋本自らが招聘した人物であることから自身への任命責任を追及されると、橋本は「責任は私にある。この厳しい状況を改善する」と主張した。この人事について評論家のセルジオ越後は次のように評している。(橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

「セルジオ越後」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「セルジオ越後」のニューストピックワード