前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 永大産業サッカー部

    永大産業サッカー部から見たセルジオ越後セルジオ越後

    永大産業の創業者・深尾茂会長の肝いりで1969年に永大産業の子会社である永大木材工業の製造拠点のあった山口県熊毛郡平生町で創設されたサッカー部が前身。深尾の特命を受けた東京ガスサッカー部出身の河口洋がチーム作りを担当し、広島県サッカー協会幹部で山陽高校監督の渡部英麿、日本サッカー協会の一級レフェリーで警視庁機動隊サッカー部コーチの御代典生に選手補強の協力を仰いだ。創部3年目に山口県の実業団オープントーナメントの「野上杯争奪サッカー大会」と、山口県内の市町村対抗であった「山口県体育大会サッカー競技」で県の2冠を獲得すると、県リーグ3部で全勝優勝、2部との入れ替え戦も難なく通過する。永大は山口県サッカー協会に県1部への飛び級を打診。山口県サッカー協会の示した、「野上杯争奪サッカー大会優勝」と「県リーグ1部最下位の山口県サッカー教員団に勝利」の条件をクリアして1部に飛び級した。1972年、前年に休部した名古屋相互銀行から、渡部の教え子である大久保賢を監督として迎え、また名相銀で移籍を希望した計6選手が加入し戦力が整い、永大産業本体のサッカー部に格上げされて正式発足。経験豊富なJSL出身の選手達の力と、整備されたグラウンドを所有し練習環境が万全であったこともあり、「中国社会人サッカー選手権」と「全国社会人サッカー選手権」(全社)を制覇。全社優勝により「永大産業サッカー部」になってから1年で県1部リーグからJSL2部に昇格、2年目(1973年)にはJSL1部と短期間でJSL昇格を果たした。当時まだ珍しかったオフサイドトラップを多用するも、JSL1部では苦戦して最下位となる。1974年後期以降はジャイロ・マトス、ジャイール・ノバイス、アントニオ・ペレのブラジル人トリオが加入。同年の天皇杯では創部3年目で決勝進出を果たし、決勝戦は釜本邦茂擁するヤンマーディーゼルに1対2で敗れ準優勝という結果となった。その後の入れ替え戦では富士通に圧勝して、残留を決めた。1975年にはセルジオ越後がコーチに就任し、5位に躍進。トップチームの指導のみならず地元の少年サッカーの指導にもあたったが、1976年にチーム名を「永大サッカー部」に改称。監督も大久保から塩澤敏彦に交代。1977年3月に、会社の業績悪化のため廃部が決定し、短い歴史に幕を下ろした。現役生活を続ける意思のあった選手達の中で、MFのジャイロが読売クラブ、FWの中村道明が東芝、GKの城山義輝、DFの山本誠、権代正樹、MFの三瓶弘幸が本田技研へと活動の場を求めた。永大産業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見たセルジオ越後セルジオ越後

    ※このほか、日本代表の試合がある時には、松木安太郎、セルジオ越後、秋田豊、藤田俊哉らのゲストコメンテーターが参加する場合もある。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • キリンビバレッジ

    キリンビバレッジから見たセルジオ越後セルジオ越後

    FIRE neo(2011年4月 - 2013年10月) - 製造中の加熱度合いが少ない低温無菌充填を採用し、上質な香りとクリアな味わいを実現したペットボトル入りコーヒー。2012年4月、CMに岡田准一、バナナマン(設楽統・日村勇紀)、ナイツ(塙宣之・土屋伸之)、SHELLYを起用し、架空のオフィスで働く『Team neo』を演出していた。またケーシー高峰、セルジオ越後、デーブ・スペクターもCMに登場している。BGMは「ショウほど素敵な商売はない」、シャロン・マクナイトが歌っていた。なお、手売りの製品は2012年11月までに全製品の生産が終了され、自動販売機向け製品も2013年10月までに全製品の生産が終了された。キリンビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たセルジオ越後セルジオ越後

    第3回紅白では、博多華丸と共演、セルジオ越後を演じたが、収録数日前に幕張メッセにおけるイベントで曙太郎と対戦した際に曙のエルボーを受け肋骨3本にヒビが入っていたため、同収録では華丸と一緒に落下せず、1人横のドアから退出することとなった。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤正俊

    安藤正俊から見たセルジオ越後セルジオ越後

    引退後はチームメイトであったセルジオ越後のさわやかサッカー教室を支援し、フットサルの前身となるサロンフットを全国に展開した。安藤正俊 フレッシュアイペディアより)

  • 特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜

    特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜から見たセルジオ越後セルジオ越後

    仮題(サブタイトル)の「サレジオ落穂」は、『かってに改蔵』でサッカーネタを取り扱った時に数度登場した、セルジオ越後に似せたパロディキャラである。特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜 フレッシュアイペディアより)

  • 江刺伯洋

    江刺伯洋から見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後のサッカーを100倍楽しく見る方法江刺伯洋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勤

    中村勤から見たセルジオ越後セルジオ越後

    大学在籍時に高校の先輩である黒木芳彦に頼まれて当時栃木4部リーグに在籍していた藤和不動産サッカー部に助っ人として参加。石井義信、セルジオ越後、比嘉セイハンらとプレー、突破力のあるウイングとしてチームをけん引、1973年のJSLでは得点ランキング3位(10得点)およびベストイレブンに輝く。1975年後期リーグからチームは親会社に転籍しフジタ工業クラブサッカー部と改称。中村勤 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のJSL

    1972年のJSLから見たセルジオ越後セルジオ越後

    この年JSLに昇格した藤和は、後期からブラジルのコリンチャンスでプレーしていたセルジオ越後を獲得した。JSLでは外国籍選手はこれまでにもいたが、元プロ選手の加入はこれが初めてだった。1972年のJSL フレッシュアイペディアより)

  • 下村幸男

    下村幸男から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1972年、JSLに昇格した藤和不動産(現三菱地所レジデンス)のサッカー部に監督として招集され、石井義信コーチとともにチームを強化する。当社を経営する藤田正明がチーム強化のため自身の出身地である広島にあった東洋工業からスタッフを引きぬいた形であり、トップリーグでの監督の移籍は日本では初めてのケースだった。ちなみに藤田正明は旧制修道中の先輩であり、藤和初代監督を務めた黒木芳彦は修道高の後輩 でもある。1973年セルジオ越後や中村勤らを擁し、藤和不動産/フジタ工業サッカー部をブラジル型の攻撃的チームの礎を築きあげ、のちに育ての親とも称された。チームは親会社のフジタに移管され下村の後を継いだ石井監督の下でJSLと天皇杯を各2度制覇、フジタ工業の黄金期をもたらした。下村幸男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「セルジオ越後」のニューストピックワード