71件中 11 - 20件表示
  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    同年9月11日、モンテディオ山形戦後にGMの柱谷を解任し、総務部長の山道守彦を強化本部長代行兼GM代行として迎えることを発表した。この解任について橋本は「選手とのコミュニケーション不足」を第一に挙げ、「S級ライセンスを所持する柱谷が存在する事で、(ペトロビッチは)遣り難い部分があった。その点、新任の山道はS級ライセンスを所持していないので安心出来る」と解任の理由を語った。その一方で、現場で指揮を執る監督ではなくGMだけを解任した点、2週間のリーグ戦中断期間が明けた直後の解任である点、同月7日のサポーターとの意見交換会の場で橋本、柱谷、ペトロビッチの三者が協力することで成績不振から脱却すると公言したばかりであった点などから、「異例の人事」「不可解な解任劇」と見做されている。また柱谷GMは元々、橋本自らが招聘した人物であることから自身への任命責任を追及されると、橋本は「責任は私にある。この厳しい状況を改善する」と主張した。この人事について評論家のセルジオ越後は次のように評している。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

  • Yes!Japan

    Yes!Japanから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後 (日光アイスバックシシニアディレクター サッカー評論家)Yes!Japan フレッシュアイペディアより)

  • マイナスターズ

    マイナスターズから見たセルジオ越後セルジオ越後

    ボーカルと作詞、一部楽曲の作曲を担当する。マイナス思考でネガティブな詞を書き、ミタムラのツッコミを一番受けている。人前が嫌いだが、1人で家で居る時は明るい。自分達のCDは売れないと思っているらしい。モノマネのレパートリーはヤワラちゃん、セルジオ越後、ジャパネットたかた。影響を受けたアーティストはさとう珠緒と安めぐみ。マイナスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 山下 大輔

    山下大輔から見たセルジオ越後セルジオ越後

    横浜ベイスターズの監督に就任。チームの打線に「大ちゃんス打線」というニックネームが付く(名付け親はセルジオ越後)。山下大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のJSL

    1972年のJSLから見たセルジオ越後セルジオ越後

    この年JSLに昇格した藤和は、後期からブラジルのコリンチャンスでプレーしていたセルジオ越後を獲得した。JSLでは外国籍選手はこれまでにもいたが、元プロ選手の加入はこれが初めてだった。1972年のJSL フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ

    セルジオから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後 - ブラジルの日系サッカー選手。セルジオ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ディクソン・カルバリオ

    ジョアン・ディクソン・カルバリオから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後の勧誘を受け1975年に日本の藤和不動産サッカー部(後にフジタ工業クラブサッカー部と改称、現在の湘南ベルマーレ)に加入。セルジオは程なくしてクラブを離れるが、エースストライカーとしてマリーニョやセイハン比嘉らのブラジル人選手と共に1977、1979、1981年に日本サッカーリーグ制覇に導き、黄金時代を築いた。カルバリオ自身も1977、1978年には得点王に輝いた。日本リーグ通算117得点は歴代2位(1部通算77得点は歴代3位)。1977年の23得点は日本リーグの1シーズン最多得点記録である。ジョアン・ディクソン・カルバリオ フレッシュアイペディアより)

  • 下村幸男

    下村幸男から見たセルジオ越後セルジオ越後

    1972年、JSLに昇格した藤和不動産(現三菱地所レジデンス)のサッカー部に監督として招集され、石井義信コーチとともにチームを強化する。当社を経営する藤田正明がチーム強化のため自身の出身地である広島にあった東洋工業からスタッフを引きぬいた形であり、トップリーグでの監督の移籍は日本では初めてのケースだった。ちなみに藤田正明は旧制修道中の先輩であり、藤和初代監督を務めた黒木芳彦は修道高の後輩でもある。1973年セルジオ越後や中村勤らを擁し、藤和不動産/フジタ工業サッカー部をブラジル型の攻撃的チームの礎を築きあげ、のちに育ての親とも称された。チームは親会社のフジタに移管され下村の後を継いだ石井監督の下でJSLと天皇杯を各2度制覇、フジタ工業の黄金期をもたらした。下村幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 独占!!スポーツ情報

    独占!!スポーツ情報から見たセルジオ越後セルジオ越後

    解説はサッカーにセルジオ越後、大相撲は元藤ノ川こと服部祐兒、タレントのロイ・ジェームスらが務めた。また、巨人戦の主催ゲームがナイターで開かれる場合、その球場(後楽園球場→東京ドーム)からの生中継(独占ミニ中継)が行われた。独占!!スポーツ情報 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勤

    中村勤から見たセルジオ越後セルジオ越後

    大学在籍時に高校の先輩である黒木芳彦に頼まれて当時栃木4部リーグに在籍していた藤和不動産サッカー部に助っ人として参加。石井義信、セルジオ越後、比嘉セイハンらとプレー、1973年のJSLでは得点ランキング3位(10得点)およびベストイレブンに輝く。1975年後期リーグからチームは親会社に転籍しフジタ工業クラブサッカー部と改称。中村勤 フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示