88件中 21 - 30件表示
  • 広島大河フットボールクラブ

    広島大河フットボールクラブから見たセルジオ越後セルジオ越後

    大河フットボールクラブが主催する「リベリーノカップ」は、セルジオ越後の友人である元ブラジル代表のリベリーノが、日本の少年たちにプレゼントしたプレートに由来する。広島大河フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 石塚啓次

    石塚啓次から見たセルジオ越後セルジオ越後

    「和製フリット」の愛称以外にも川平慈英が1990年代のイタリアの名選手ジャンルイジ・レンティーニに肖って「和製レンティーニ」、サッカー解説者のセルジオ越後は石塚のその細身の体で繊細なプレースタイルを「ジョージ・ベストのようだ」と評した。石塚啓次 フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ディクソン・カルバリオ

    ジョアン・ディクソン・カルバリオから見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後の勧誘を受け1975年に日本の藤和不動産サッカー部(後にフジタ工業クラブサッカー部と改称、現在の湘南ベルマーレ)に加入。セルジオは程なくしてクラブを離れるが、エースストライカーとしてマリーニョやセイハン比嘉らのブラジル人選手と共に1977、1979、1981年に日本サッカーリーグ制覇に導き、黄金時代を築いた。カルバリオ自身も1977、1978年には得点王に輝いた。日本リーグ通算117得点は歴代2位(1部通算77得点は歴代3位)。1977年の23得点は日本リーグの1シーズン最多得点記録である。ジョアン・ディクソン・カルバリオ フレッシュアイペディアより)

  • 大久保賢

    大久保賢から見たセルジオ越後セルジオ越後

    JSL1部に残留した翌1975年はセルジオ越後をコーチに迎え5位と健闘。しかし親会社の永大産業が業績を悪化させ、1976年からリストラが加速、また大久保も外国人登録制限に違反したと突然、日本サッカー協会から無期登録停止処分を受けた。この処分で酷く心の傷を負った大久保はコーチ・塩沢敏彦に監督を譲り、傷心のまま永大産業を去った。処分は根拠のないもので3か月後に解除されたが、会社は大久保を護ることも引き止めることもしなかった。1976年、チームは塩沢監督-セルジオ越後コーチの新体制でJSL7位。翌1977年、永大産業サッカー部は業績悪化のため廃部が決まった。移籍を希望した16人全員が本田技研や東芝などへ移籍した。親会社の永大産業は1978年、約1,800億円の負債を抱え、当時としては戦後最大ともいわれた倒産をした。しかし苦節32年をかけて事業を復活させ2007年再上場を果たしている。大久保は2007年現在も健在で、各地のサッカー会場に駆けつけ好きな写真を撮っているという。大久保賢 フレッシュアイペディアより)

  • アデマール・ペレイラ・マリーニョ

    アデマール・ペレイラ・マリーニョから見たセルジオ越後セルジオ越後

    1980年・1981年にはセルジオ越後と共に「さわやかサッカー教室」(現・アクエリアスサッカークリニック)のコーチとして少年サッカーの普及に携わる。アデマール・ペレイラ・マリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • FIRE (コーヒー)

    FIRE (コーヒー)から見たセルジオ越後セルジオ越後

    2012年4月にはペットボトル入りコーヒー「ファイア ネオ」を刷新し、香料を不使用化。ラインナップは「直火エスプレッソ」をリニューアルした砂糖・ミルク入りのスタンダードタイプ「ミルク&シュガー」とミルク分は牛乳100%のみとし、砂糖・甘味料不使用のラテタイプ「ミルクオンリー」の2タイプを用意する。なお、「ネオ ミルクオンリー」は以前発売されていた「ネオ 牛乳100%のラテ」の実質的な後継商品である。また、ラインナップの刷新に伴って「ネオ 格別ブレンド」は生産を終了した。ネオのCMキャラクターは引き続き岡田准一が起用されているが、今回はさらにバナナマン、ナイツ、SHELLYが加わって「チーム・ネオ」が組まれ、デーブ・スペクター、ケーシー高峰、セルジオ越後がゲストとして起用されている。FIRE (コーヒー) フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル発ラジオ深夜便

    ブラジル発ラジオ深夜便から見たセルジオ越後セルジオ越後

    4時台 明日へのことば「ブラジル人から見た日本人の気質」 セルジオ越後(サッカー評論家)ブラジル発ラジオ深夜便 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見たセルジオ越後セルジオ越後

    正しくはエラッスチコ或いはエラッシチコと発音する。足のアウトサイド(甲外側)でボールを外側に押出し(外側へ行くと見せかける)と、瞬間的に同じ足のインサイド(甲内側)で内側に切り返し、相手を置き去りにするフェイント動作。最初のボールを素早く外側に出した動きとは逆方向へ瞬間的にボールを動かすことでディフェンスを欺く。ブラジルのロナウジーニョなどが得意とする。基本的にブラジルではスタンダードなフェイントの一つであり、ロナウドや、またスウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチなども使用している。エラッスチコとはポルトガル語で「輪ゴム」であり、外側に出したボールがまるで足に輪ゴムで付いているかのように内側に戻ってくることからそう呼ばれる。エラッスチコの開発者は、ロベルト・リベリーノと広く言われているが、リベリーノはセルジオ越後から教わったと常々語っている。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ解説者

    スポーツ解説者から見たセルジオ越後セルジオ越後

    セルジオ越後(元プロサッカー選手)スポーツ解説者 フレッシュアイペディアより)

  • 香川勇気

    香川勇気から見たセルジオ越後セルジオ越後

    滝川第二高校時代にはMFとしてレギュラーを獲得。3年次(2010年度)の第89回全国高等学校サッカー選手権大会では、特に久御山高校との決勝戦でセルジオ越後が「攻撃のときも守備のときも常に映像の中に映っていた。あれだけ動く選手はいない。そしてテクニックもある」と絶賛するほど攻守に大車輪の働きを見せ、同高校の優勝に貢献。同大会優秀選手に選出される。また、同年のFUJI XEROX SUPER CUPの前座試合として行われた「NEXT GENERATION MATCH」(U-18Jリーグ選抜vs日本高校選抜)に日本高校選抜チームとして先発出場、その後の日本高校選抜の欧州遠征にも参加した。香川勇気 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「セルジオ越後」のニューストピックワード